The Division PC版 のおすすめグラボは? グラボ別ベンチマークが公開。やっぱりベータ版同様にあいつの健闘が光る結果になりました。



スポンサードリンク




The Division PC版のグラボ別ベンチマーク比較(パフォーマンス比較)が公開されたので結果を眺めつつ、快適な動作環境を探り、最適なグラボをおすすめしていきます。

The Division NVIDIA公式パフォーマンスガイド

あとNVIDIA公式のThe Division パフォーマンスガイドも公開されたのでこちらも参考にグラフィック設定を調整するとさらに快適プレイできると思います。
http://www.geforce.com/whats-new/guides/tom-clancys-the-division-graphics-and-performance-guide
描画距離の設定とかはぜひ100%でプレイしたい。<参考画像
あと影の高画質化でHFTSの効果もすごいです。<参考画像

The Division グラボ別ベンチマーク比較 1

まずはGuru3Dによるパフォーマンス比較です。
ソース:https://www.guru3d.com/articles-pages/the-division-pc-graphics-performance-benchmark-review,1.html
グラフィック設定は単純にULTRA設定でV-SYNCのみ無効化してあります
測定にはゲーム内ベンチマークを利用しています。

まずはフルHDです。
トップはTitanXと980tiのワンツーフィニッシュですが、以降はFuryシリーズと390X、290、290Xが60FPSオーバーとフルHD環境であればRADEONのコスパが光りますね。
g3_1080p

続いてWQHD。
60FPSを維持できるのはシングルカードではTitanXか980tiに限定されそうですね。
ただしFuryシリーズも50FPSは超えているので十分に実用圏内です。
g3_1440p
なお管理人もサブ機のR9 NANOで試したところ、
WQHDでも高設定であれば60FPSで安定してプレイできそうでした。


ただフォグ(煙)の多い場面ではNVIDIA、AMDの両グラボともにFPS落ちが顕著だったので、快適プレイを目指すならフォグの設定は多少下げたほうがいいかもしれません。

最後に4Kです。
シングルでもTitanXや980tiでは35FPSほど出ているので2枚でSLIを組めば4Kでもプレイできそうですね。
g3_2160p

ただし、UWQHDや4KではVRAM使用量が6G超える場面が製品版でもありました。
4
ベータ版でも6.8G程になるシーンもあったので、WQHDよりも大きい解像度でプレイする場合はTitanXのほうがいいかもしれません。

The Division グラボ別ベンチマーク比較 2

続いてgamegpu.comによるパフォーマンス比較です。
ソース:http://gamegpu.com/mmorpg-/-onlayn-igry/tom-clancy-s-the-division-test-gpu.html
なお、このテストではゲーム内ベンチマークではなく独自に設定したテスト内容で比較を行ったようです。

フォグの濃いシーンがないので、その点に注意して比較結果を見たほうがよさそうです。

こちらはベータテスト版の比較記事でも引用させていただいたので、ベータ版からの変化もチェックしてみたいと思います。(もちろんテストに使う場面で多少誤差はあると思いますが)
早速ですが、フルHDの高設定です。
多少の順位の変動はありますがベータ版と比較して全体的にパフォーマンスの向上が確認できます。
1920_hThe_Division_Beta_1920_high

横に並べて比較すると思ったよりも見辛かったのでここからは製品版のみチェックしていきます。
(たぶん、高設定・高解像度でも同様にパフォーマンスアップしてると思うし。)

続いてフルHDのウルトラ設定です。
平均60FPSを維持しようとするとNVIDIAではGTX980、AMDでは旧世代ではR9 290X。
もしくは現行ではリストにないのですが、R9 390Xなら問題なさそうです。
R9 NANOであればmin60FPSオーバーもクリアできそう。
1920_u

というかよく見たら「R9 NANO<980ti<FuryX」の順になっているのがちょっと驚き。

次は解像度をWQHDに上げて、高設定です。
min60FPSオーバーで安定のR9 NANOですね
NVIDIAグラボについてはできれば980tiを用意したいですが、
平均57FPSなので980でも無理ではないと思います。
2560_h

お次はウルトラ設定です。
シングルカードでは980ti、R9 NANO、FuryXの3者が横並びになっています。
とはいえ平均が60FPSを割ってしまうので若干グラフィック設定を調整したほうがいいですかね。
やはりWQHD・ULTRA設定となるとマルチGPUが必要になるみたいです。
2560_u

最後に4K解像度で、左が高設定、右はULTRA設定です。
もはやマルチGPUが前提になるので980tiかTitanXのSLIの一択になってしまいますね。
とはいえシングルGPUではFuryXやNANOが980tiに対してかなり検討しているのでCrimsonドライバのアップデートでDivisionにCFが最適化されればさらにFPSが向上する可能性もあるかもしれません。
Division_3840Division_3840_u

とはいえマルチGPUについてはNVIDIAの対応もよろしくなくて、
使用率70%で40FPSとか出されると殺意が沸くっ!!
4

SLIしてもパフォーマンスが3割上昇するかどうかってどうやねん……。
倍とは言いませんが1.5~1.8倍くらいには最低でもなってほしい。
index




ゲームの購入について――――――――――――――――――――――――――――――
steamでも絶賛予約受付中ですが、どうせUplayも必要でクライアント起動が2度手間になるので
セール中でもない限りアマゾンでDLキー購入してUplayで直接認証するのがお勧めです。
Amazonのインストーラは失敗する可能性大なので回避推奨です。

事前にUplayをインストールして、Amazonの購入履歴からキーだけコピーしたら、
下の画像のようにして認証すれば、Uplayがダウンロードとインストールしてくれます。
1








(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク