img_4245png



スポンサードリンク




7月19日22時でGTX 1060の先行サンプル提供を受けたレビューが公式に解禁されました。
性能についてはNVIDIAの公式発表通りおおむねGTX980並みの性能を発揮しています。また注目の消費電力についてはGTX970を下回り、GTX960よりもちょっと多い程度に収まるという次世代GPUの名に相応しい省電力性能となっているようです。価格的にもGTX 960の後継というよりはGTX970の後継もしくはGTX980の置き換えモデルとみるべき製品のように感じます。

国内レビュー
4gamer:http://www.4gamer.net/games/251/G025177/20160718008/
PC watch:http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/1010325.html

とりあえずGuru3Dのレビューを参考にGTX 1060の性能を見てみようと思います。
ソース:https://www.guru3d.com/articles_pages/geforce_gtx_1060_review,1.html

まずはDX11性能の指標としてFireStrikeExtremeのベンチマーク比較です。概ねリーク情報通り、競合のRX 480より1割程度高いスコアが出ています。
index
続いて先日公開されたばかりのTimeSpyを使用したDirectX12性能比較のベンチマーク結果です。ここではGTX 1060と競合のRX 480の性能はほぼ同じになっています。
untitled-1
各種ゲームベンチについては国内外でレビューも多数公開されているので各自でお調べください。

続いて消費電力について、TechPowerUpではMSI Gaming Xのレビューも同時公開されているのでそちらの測定結果を参考にしました。GTX 1060のゲーム中の消費電力はGTX 960よりも10数ワット大きいですが、GTX 970やGTX 980と比べると20~30W程度小さいという測定結果が各種レビューサイトで公開されています。当然、競合のAMD RX 480よりも小さい消費電力となっておりワッパについてはGTX 1060に軍配が上がるとみてよさそうです。消費電力ではなにかと話題に上がるMSI GamingXも特に問題はなさそうです。
power_average
 ソース:https://www.techpowerup.com/reviews/MSI/GTX_1060_Gaming_X/22.html

あとコア温度についてはグラフの引用は割愛しますが、消費電力の小さいミドルモデルなのでリファレンスクーラーでもせいぜい70度の温度で運用できており、こちらは各種オリファン含めて特に気にする必要はないと思います。

またGuru3Dのレビューではコアクロック+200MHz(実働2050MHz)、メモリクロック+600MHzというほぼ限界に近いオーバークロック時のベンチマーク比較も公開されています。結果は見ての通りですが、Pascalはやはりデフォルトのコアクロックが高いので100~200MHz盛った程度では性能の伸びは1割弱程度に留まってしまうようです。定格ではRX 480との比較でDX11性能なら優勢、DX12性能で同等でしたが、オリファンモデル同士の比較となった場合、純粋なグラフィック性能としてはRX 480に軍配が上がる気がします。
untitled-1
index


性能には特に文句はないのですが個人的には3万円台前半で出して欲しかった。国内ではRX 480のほうが2,3千円安い感じですが、売れ行きはどうなるんだろうか。
米尼ならドル円レート次第ですが、上手くいけば5万ジャストぐらいでGTX 1070が買えると考えるとなかなか難しい。国内でもAMP Editionとか比較的高品質でリーズナブルなモデルが5.5万くらいで買えるので、1,2万足してGTX 1070を買ったほうが幸せになれる気もするし。










(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク