000385
 SLI HBブリッジも採用する現行最高性能のBTO PC



スポンサードリンク




サイコムからGTX 1070やGTX 1080のSLIと6~10コアのバリエーションがあるエンスー向けCPUであるBroadwell-Eシリーズを搭載した「サイコム G-Master SLI-X99」が販売開始となりました。
img05

このBTO PCでは先日国内でも発売されたばかりのASRock X99 Taichiというマザーボードを採用しており、従来のSLIブリッジではなくマザボ同梱の新型のSLI HBブリッジでSLI接続されています。

1468480211

SLI HBブリッジの性能については当ブログでもレビュー記事を公開中です。
GTX1080の新型SLI「dual-link SLI mode」をレビュー
DSC05412

SLI HBブリッジは従来のSLIブリッジで接続するよりも5%ほど性能が向上します。
14644921831464491888

またGTX 1080のSLI環境についてはGPU性能がかなり高いためCPUボトルネックが発生する可能性もあり、高額ではありますがエンスー向けのBroadwell-EシリーズのCPUを選択する価値はあると思います。先日、サイコム様から「G-Master Hydro Z170のレビュー用サンプルの提供を受けて私物のGTX 1080を利用してSLI時の性能やCPUボトルネックの影響を検証しました。The Witcher3の最高設定でフルHDとWQHDの平均FPSについて比較したグラフになっています。
(PCケースなど共通の部分も多いのでG-Master SLI-X99を検討しているなら参考になると思います。)
激冷え簡易水冷GTX 1080搭載のBTO PC「G-Master Hydro Z170」 レビュー
SLI_wit3DSC06033

デフォルトで搭載されている電源ユニットはCorsairの850W容量のものですが、GTX 1080、GTX1070は非常に省電力性能の高いグラボなのでCPUがBroadwell-EでSkylake 6700Kに比べて+100Wとしても電源容量は余裕で足りています。
power_1a

BTOカスタマイズで選択可能なGTX 1070やGTX 1080の組み合わせは次のようになっています。GTX 1070については一番廉価なMSI GTX 1070 ARMORで良いと思います。ただ4Kテレビ(HDMI接続)とVR HMD(HDMI接続)を併用する場合はHDMI端子を2基搭載するASUS ROG STRIX GTX 1070がおすすめです。
GTX 1080を選択する場合はリファレンスクーラーのFoundersEditionは廉価ですが冷却性に不安が残るので、MSI GTX 1080 GamingXのSLI構成を選ぶのがおすすめです。
1469613969

とにかく現行最高性能で完成したハイエンドPCが欲しいなら「サイコム G-Master SLI-X99」は購入して間違いない選択だと思います。
サイコム G-Master SLI-X99






(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク