AverMedia Live Gamer BOLT (1)AverMediaから4K解像度/60FPS/HDRの映像をキャプチャ&パススルー可能なThunderbolt3接続の外付け機器型ビデオキャプチャ「AverMedia Live Gamer BOLT(型番:GC555)」が登場予定



スポンサードリンク




AverMediaから4K解像度/60FPS/HDRの映像をキャプチャ&パススルー可能なThunderbolt3接続の外付け機器型ビデオキャプチャ「AverMedia Live Gamer BOLT(型番:GC555)」がComputex2019で展示、発表されました。販売価格は499ドル(国内では税別5.5万円程)で、国内でも2019年11月頃に発売が予定されているようです。

「AverMedia Live Gamer BOLT」はThunderbolt3接続に対応した外付け機器型ビデオキャプチャとなっており、先行して発売されたLive Gamer 4Kの外付け機器版といった感じの製品です。外付け機器型ビデオキャプチャの接続帯域で主流なUSB3.1 Gen1の8倍となる40GbpsというThunderbolt3の帯域幅によって4K解像度/60FPS/HDRの映像ソースを無圧縮で取り込むことが可能であり、PlayStation 4 ProやXbox One Xなどから出力される4K解像度/60FPS/HDRの映像をそのまま録画できます。

「AverMedia Live Gamer BOLT」にはHDMIパススルー端子も実装されており、4K解像度/60FPS/HDRの映像(音声信号も含む)をHDR対応4K解像度モニタへ直接にパススルー表示しながら、ビデオ録画が行えます。
また4K(3840×2160)よりも小さい解像度であれば、フルHD(1920×1080)の240FPSや、WQHD(2560×1440)の120FPSなど60FPSオーバーの高フレームレート動画も録画可能であり、パススルー表示にも対応します。

「AverMedia Live Gamer BOLT」はハードウェアエンコーダを搭載していないので、キャプチャにはCPUもしくはGPUのパワーが必要になります。4K/HDR/60FPSなど高解像度/高フレームレートのビデオキャプチャを行う場合はGeForce GTX 1660 TiやRadeon RX 590など相応に高性能なGPUが必要になります。



AverMedia Live Gamer BOLT (1)
AverMedia Live Gamer BOLT (2)
AverMedia Live Gamer BOLT (3)


「AVerMedia Live Gamer 4K」と「AVerMedia Live Gamer Ultra」の詳細レビューを公開中です。
4K/60FPS/HDRのパススルー&録画対応「AVerMedia Live Gamer 4K」をレビュー
AVerMedia Live Gamer 4K

4K/HDRや240FPSのパススルー対応「AVerMedia Live Gamer Ultra」をレビュー
AVerMedia Live Gamer ULTRA


AVerMedia Live Gamer 4K
AVerMedia Live Gamer 4K (GC573)
AVerMedia Live Gamer Ultra (GC553)
AVerMedia
Amazon.co.jp で詳細情報を見る  <米尼:4K/Ultra
<TSUKUMO:4K/Ultra><PCショップアーク:4K/Ultra
<PCワンズ:4K/Ultra><パソコン工房:4K/Ultra




関連記事

AVerMedia製ビデオキャプチャの最新おすすめ機種を機能比較
AVerMedia最新ビデオキャプチャのおすすめ

【快適配信】シリーズの記事一覧へ
【快適配信】シリーズの記事一覧へ

PS4 Pro、Xbox One X、Switchをウィンドウ上で遊ぶ方法を紹介
7e0d467d





(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク