Quest 2 Eliteストラップ


スポンサードリンク




PC不要なスタンドアローン型VR HMD「Oculus Quest 2」の専用アクセサリから、頭を包み込むダイヤル式ヘッドストラップで装着感を劇的に改善する「Quest 2 Eliteストラップ」を写真ベースで簡単にレビューしていきます。
DSC05334_DxO


製品公式ページ:https://www.oculus.com/accessories/quest-2-elite-strap/


「Quest 2 Eliteストラップ」のパッケージはOculus Quest 2のVR HMD本体製品パッケージのように、白地にカラープリントされたスリーブと、茶箱の梱包箱という構造です。
DSC05336_DxO
DSC05337_DxO
茶箱の蓋を開くと、紙製スペーサーに収められた「Quest 2 Eliteストラップ」が現れます。
DSC05338_DxO
DSC05340_DxO
「Quest 2 Eliteストラップ」は、ヘッドストラップ本体が樹脂製、ヘッドストラップの締め具合の調整は後頭部のダイヤルで行う構造です。
DSC05341_DxO
ヘッドストラップの内側は逆三角計のような黒色フレームで後頭部を包み込むような構造になっていて、頭をスッポリと包んでくれます。黒色フレーム部分はゴムと樹脂の間のような質感で、滑らかな手触りかつ、しなやかで柔軟性があり、髪の毛が引っかかったり、締め付けた時の痛みはありません。
DSC05342_DxO

「Quest 2 Eliteストラップ」と「Quest 2 Eliteストラップ(バッテリー内蔵)」を比較すると、基本的な構造はほぼ同じで、バッテリーが内蔵されている後頭部部分のフレームの厚みと、電力供給のためのケーブルが伸びているところだけが違います。(非常に似ているのでQuest2発表当時は違いに混乱しました)
DSC05348_DxO
DSC05349_DxO
ヘッドストラップのみの重さを比較すると、標準の紐状ストラップが50gと最も軽量なのに対して、「Quest 2 Eliteストラップ」は176g、「Quest 2 Eliteストラップ(バッテリー内蔵)」は322gと順当に重くなっていきます。
DSC05355_DxO-horz

「Quest 2 Eliteストラップ」への換装手順ですが、まずはOculus Quest 2に標準で装着されている布製ヘッドストラップを取り外します。
上側のマジックテープバンドを取り外すにはフェイスプレートを先に外しておく必要があります。側面の固定器具については、食品の保存パックの蓋をイメージすると分かりやすいと思います。単純に外側へ引きはがすだけで外れます。
DSC05154_DxO
標準ストラップを外したら、同様に「Quest 2 Eliteストラップ」の上側のマジックテープ式ストラップを装着します。
DSC05356_DxO
続いて「Quest 2 Eliteストラップ」の側面ストラップを食品保存パックの蓋の要領で装着します
DSC05357_DxO
装着状態に問題がなければ、標準ヘッドストラップの取り外しの際、一緒に外したフェイスプレートを装着して、「Quest 2 Eliteストラップ」への換装は完了です。
DSC05358_DxO

なおヘッドストラップ装着後のVR HMD全体の重量については、標準ストラップを装着したOculus Quest 2が504g程度に対して、Quest 2 Eliteストラップを装着すると630g、Quest 2 Eliteストラップ(バッテリー内蔵)を装着すると775g程度となります。
Quest 2 Eliteストラップやバッテリー内蔵版に換装すると、確かに重さは増えるので頭全体にはズッシリと感じますが(標準との比較論として)、加重はHMD本体の前方と、内蔵バッテリーの後方で分散されて、前後で天秤のようになるので、むしろ装着時の違和感は減るような気がしました。
なおQuest 2 Eliteストラップの標準版とバッテリー内蔵版を比較すると、やはりバッテリーがなくて軽い分、「Quest 2 Eliteストラップ(標準版)」のほうが装着感は上でした。当然、標準の紐ストラップより快適です。
DSC05152_DxO-horz

最後に「Quest 2 Eliteストラップ」で1つだけ惜しいところがありました。ヘッドストラップの側面フレーム部分に小さい窪みがあります。
DSC05343_DxO
これはバッテリー内蔵ストラップで着脱可能なケーブルホルダーの位置を固定するための穴でした。
DSC05346_DxO
このケーブルガイドがあると、純正Oculus Linkケーブルを装着した時にケーブルの取り回しが改善され、不意に引っ張られた時にも方向によってはコネクタ破損をガードしてくれそうなので、「Quest 2 Eliteストラップ」にも付属させて欲しかったです。
バッテリーボックス経由でOculus Linkできない「Quest 2 Eliteストラップ(バッテリー内蔵)」に対して、軽くて装着感が良くOculus Linkならバッテリーの心配もないので「Quest 2 Eliteストラップ」がベストな相棒と言えただけに非常に残念。
DSC05361_DxO
【10月26日追記】 Oculus公式通販で新しいアクセサリとして「QUEST 2交換用キット」が発売されました。ケーブルホルダーのプラスチックパーツを含む、交換用部品が2600円で購入できます。
QUEST 2 REPLACEMENT PARTS


以上、写真ベースの簡単な内容ですが、「Quest 2 Eliteストラップ」のフォトレビューでした。
Quest 2 Eliteストラップ


記事が参考になったと思ったら、ツイートの共有(リツイートやいいね)をお願いします。








Oculus Quest 2のレビューや関連記事の一覧へ
Oculus Quest 2_review



関連記事

「VALVE INDEX VR KIT」をレビュー。ハイエンドVR HMDの決定版!
VALVE INDEX VR KIT

「HTC VIVE Cosmos」をレビュー。ハイエンド機としては完成度不足か?
HTC VIVE Cosmos

VIVE CosmosとOculus Rift Sはどちらが買いか徹底比較
HTC VIVE CosmosとOculus Rift Sはどちらが買いか徹底比較

「HTC VIVE Pro フルセット版」をレビュー。無印版との画質比較も
HTC Vive Pro

「Oculus Quest」をレビュー。Oculus Rift Sと画質比較も!
Oculus Quest

「Oculus Rift S」をレビュー。CV1やHTC VIVE Proと画質比較
Oculus Rift S

「Pimax 8K/5K+」をレビュー。HTC VIVE Proと画質を比較してみた
Pimax 8K VR Headset

おすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
おすすめグラボまとめ

おすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南も
おすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南も


VRカノジョのベンチマークから見るおすすめグラボとPC
VRKanojo




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク