Quest 2フィットパック


スポンサードリンク




PC不要なスタンドアローン型VR HMD「Oculus Quest 2」の専用アクセサリから、顔の形状に合わせた2種類のフェイスプレートとレンズへの外光を遮断する遮光フレームを含む「Quest 2フィットパック」を写真ベースで簡単にレビューしていきます。


製品公式ページ:https://www.oculus.com/accessories/quest-2-fit-pack/


Oculus Quest 2のアクセサリ類はVR HMD本体製品パッケージのように、白地にカラープリントされたスリーブと茶箱の梱包箱という構造でしたが、なぜか「Quest 2フィットパック」だけは素で茶箱でした。特に問題はないのですがここで外してくるのは不思議。
Quest 2フィットパック review_05365_DxO
茶箱の蓋を開くと、紙製スペーサーに収められた「Quest 2フィットパック」の内容品、フェイスプレート、遮光フレーム、マニュアル冊子が現れます。この部分はQuest 2関連品と同じです。
Quest 2フィットパック review_05366_DxO
内容品は見ての通りですが、フェイスプレートが2種類、遮光フレームが左右1個ずつ1セット、マニュアル冊子です。
Quest 2フィットパック review_05367_DxO

まずはフェイスプレートからチェックしていきますが、「Quest 2フィットパック」に含まれる2種類のフェイスプレートとOculus Quest 2に付属するフェイスプレートの3種類は全て異なります。重要なところです。
標準フェイスプレートは無印(以下、Defaultと呼ぶことにします)、「Quest 2フィットパック」に含まれる2種類のフェイスプレートは、標準よりも彫りの深い、というよりも尖った?形状の人向けの「Narrow(N)」、そして我らが日本人の大多数が占める顔面平たい族向けの「Wide(W)」です。
Quest 2フィットパック review_05368_DxO
まずは上半分のフェイスプレートの比較写真がこちら。Narrow、Default、Wideの順にクッションが厚くなって、Wideではオデコが平たい人に最適な形状になっているのが分かると思います。Narrowとか試しに付けてみたら頑張って押し付けても額の中心が浮いて、思わず笑いました。
Quest 2フィットパック review_05369_DxO
Quest 2フィットパック review_05372_DxO
Quest 2フィットパック review_05376_DxO
続いて下から見比べた写真がこちら。(Defaultの左側がしっかり差さっていなかったのはお許しを)
Wideでは鼻が低い人を想定して花の部分の尖った凹み部分のクッションが厚く(遮光のためスペースを埋めるように)なっています。また上側とは逆に頬骨部分のクッションはWideが薄く、Narrowが厚くなっています。
Quest 2フィットパック review_05383_DxO
Quest 2フィットパック review_05387_DxO
Quest 2フィットパック review_05389_DxO

実を言うと管理人はDefaultとWide、どちらの方がより快適なのか悩むという苦しい状況になりました。(Narrowは論外として)
というのもオデコのフィット感的にはWideなのですが、割と頬骨が厚いタイプだからか、頬上の辺りはDefaultの方が楽で、Eliteストラップで強めにしめればオデコもそれなりにフィットするので、Defoultでいいんじゃね? でもせっかく「Quest 2フィットパック」を買ったのに、5000円……、という感じで。
Quest 2フィットパック review_05372_DxO-horz-vert
あともう1点悩むのが、「Quest 2フィットパック」のフェイスプレートは若干スポンジ部分に、標準フェイスプレートにはない臭いを感じました。めっちゃ臭いというわけではないのですが、鼻と至近距離なので。とりあえず風通しの良いところで臭いが消えないか放置しているので、この点については後日更新します。
風通しの良い場所に1日ほど放置しておいたら臭いはとれました。


続いて「Quest 2フィットパック」の遮光フレームについてチェックしていきます。
VR HMD内に光が入らないようにする遮光パーツというと、鼻の辺りに付けるゴム製フードかスポンジというのが定番で、鼻に当たってくすぐったいので管理人が外してしまうやつですが、「Quest 2フィットパック」の遮光フレームはレンズに直接装着する構造になっています。
Quest 2フィットパック review_05390_DxO
ご覧のようにレンズに直接装着し、鼻方向のフレームが高くなっていて、遮光する構造。当然(おそらく大半の人にとっては)鼻に当たって不快な気分になることはありません。メガネユーザーにとってはメガネとぶつかるのでは?と怪しい部分もあるのですが、裸眼であれば「Quest 2フィットパック」の遮光フレームは没入感アップに間違いなくオススメです。
Quest 2フィットパック review_05391_DxO


フェイスプレートについてはDefoultだとどうしても顔に合わない、と”強く”不満のある人でなければ、ちょっと5000円の予算と一緒に検討した方が良いかと思います。Eliteストラップと悩んでいるなら断然Eliteストラップです。
遮光フレームは裸眼ユーザーなら基本オススメなので、1000円~2000円くらいで単品販売して欲しいところ。


以上、写真ベースの簡単な内容ですが、「Quest 2フィットパック」のフォトレビューでした。
Quest 2フィットパック



記事が参考になったと思ったら、ツイートの共有(リツイートやいいね)をお願いします。







Oculus Quest 2のレビューや関連記事の一覧へ
Oculus Quest 2_review



関連記事

「VALVE INDEX VR KIT」をレビュー。ハイエンドVR HMDの決定版!
VALVE INDEX VR KIT

「HTC VIVE Cosmos」をレビュー。ハイエンド機としては完成度不足か?
HTC VIVE Cosmos

VIVE CosmosとOculus Rift Sはどちらが買いか徹底比較
HTC VIVE CosmosとOculus Rift Sはどちらが買いか徹底比較

「HTC VIVE Pro フルセット版」をレビュー。無印版との画質比較も
HTC Vive Pro

「Oculus Quest」をレビュー。Oculus Rift Sと画質比較も!
Oculus Quest

「Oculus Rift S」をレビュー。CV1やHTC VIVE Proと画質比較
Oculus Rift S

「Pimax 8K/5K+」をレビュー。HTC VIVE Proと画質を比較してみた
Pimax 8K VR Headset

おすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
おすすめグラボまとめ

おすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南も
おすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南も


VRカノジョのベンチマークから見るおすすめグラボとPC
VRKanojo




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク