ASRock X670E Steel Legend (1)60A対応Dr. MOSで構成される19フェーズの堅牢VRM電源を搭載するハイコストパフォーマンスモデル「ASRock X670E Steel Legend」が登場



スポンサードリンク




ASRockからAMD Ryzen 7000シリーズCPUに対応するX670Eチップセット搭載マザーボードとして、60A対応Dr. MOSで構成される19フェーズの堅牢VRM電源を搭載するハイコストパフォーマンスモデル「ASRock X670E Steel Legend」が登場しました。



「ASRock X670E Steel Legend」には最大16コアの上位モデルも安定して運用できるよう、60A対応Dr. MOSで構成される最新Dr. MOSで構成される16+2+1フェーズの超堅牢なVRM電源回路が実装されており、EPS電源端子は8PIN×2です。
ASRock X670E Steel Legend_VRM

VRM電源クーラーとして、CPUソケットの上側と左側にXXL Aluminum Alloy Heatsinkと呼ばれる2基のフィンカットアルミニウム塊型ヒートシンクが設置されています。

「ASRock X670E Taichi」はシステムメモリとして最新規格のDDR5をサポートします。(従来規格のDDR4メモリには非対応です)

「ASRock X670E Taichi」はRealtek製LANコントローラーによる2.5Gb LANを搭載しています。また従来の2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、グローバルに免許不要で使用可能な6GHz帯もサポートするWiFi 6E&Bluetooth5.2に対応した無線LANも搭載しています。



製品公式ページ:https://www.asrock.com/mb/AMD/X670E%20Steel%20Legend/index.asp
マニュアル:
ASRock X670E Steel Legend (2)
ASRock X670E Steel Legend (3)
ASRock X670E Steel Legend (4)
ASRock X670E Steel Legend_feature






 ・B550チップセット搭載AM4マザーボードの販売ページ:
 <Amazon><TSUKUMO><PCアーク><ドスパラ
 <パソコン工房><PC4U><ソフマップ><ビックカメラ



関連記事

Intel第12世代Alder Lake-Sのレビュー記事一覧へ
Intel 12th-Gen AlderLake-S CPU

AMD第3世代Ryzen CPUのレビュー記事一覧へ
AMD Ryzen 3rd review

【できる!自作PC】最新CPUの選び方とオススメCPUを徹底解説
オススメCPUを徹底比較_2019

おすすめの自作PCマザーボードを徹底解説
おすすめマザーボード




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク