M.2 SSDのPCI-E変換ボード「Aquacomputer kryoM.2」が激冷え



スポンサードリンク




AquaComputerから発売されたNVMe M.2 SSD用大型ヒートシンク付きM.2-PCIE変換ボード「kryoM.2 PCIe 3.0 x4 adapter for M.2 NGFF PCIe SSD, M-Key with passive heatsink」(名前が長いので以下、Kryo M.2)を国内発売に先駆けて、Aquatuningという水冷パーツ通販を試すのもあわせて購入してみたのでレビューしていきます。

DSC05618DSC05617



Aquacomputer kryoM.2の組み立て

とりあえず「Aquacomputer kryoM.2」を組み立てていきます。
変換ボードはM.2 SSDを縦に配置するタイプなのでロープロファイルには非対応です。代わりに横幅は2,3センチ短くなっています。
DSC05631

サーマルパッドは1.8mmの厚いものと1.0mmの薄いものの2種類が入っていて、厚いほうは変換ボードとSSDの間に、薄いほうはSSDとヒートシンクの間に挟みます。
DSC05632
まずは厚いほうのサーマルパッドを変換ボードに貼り付けます。
DSC05633
SSDと変換ボードの間はしっかり埋まっています。
DSC05635
ヒートシンクはアルミ製で重厚です。
DSC05620DSC05619
あとはSSDの上に薄いほうのサーマルパッドを載せてヒートシンクを固定すれば完成です。
DSC05636
暗くてちょっと見えにくいですが、マザボに固定するとこんな感じになります。
DSC05640


Aquacomputer kryoM.2の冷え具合は?


16年1月末にSSD各種で負荷時温度の比較を行ったのですが、Samsung 950 PROの温度推移があまりにも悲惨でした。検証にはCrystalDiskMarkを数回連続で回したのですが、ご覧の通り、途端に温度が70度を上回り3週目からは950PROの売りであるリード速度に陰りが……。人はこれをサーマルスロットリングと呼ぶ。
950proDSC03765

そこで米尼から輸入した格安のヒートシンク付き変換アダプタで若干改善されました。
950pro_ver2DSC04778

そして今回購入したKryoM2はというと下のグラフのように米尼で購入した格安ヒートシンク付き変換ボードよりもさらに高い冷却性で激冷えとなりました。KryoM2では負荷を同じ負荷を掛け続けても50度以下で動作しています。格安のほうよりさらに安定したリード・ライト性能を発揮していますね。
kyrom2


以上ヒートシンク付きM.2 SSDのPCI-E変換ボード「Aquacomputer kryoM.2」のレビューでした。
DSC05637






関連記事

「kryoM.2 evo」と「kryoM.2 micro」をレビュー
「kryoM.2 evo」と「kryoM.2 micro」をレビュー

「SilverStone SST-TP02-M2」をレビュー
SilverStone SST-TP02-M2

「Intel SSD 760p 512GB」をレビュー
Intel SSD 760p 512GB

「ASUS HYPER M.2 X16 CARD」をレビュー
「ASUS HYPER M.2 X16 CARD」をレビュー。用途が非常に限定的なM.2 SSD



(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク