AMD Ryzen 5000G_specRyzen 7 5700Gなど、最新Zen3 CPUコアと7nmの改良版Vegaグラフィクスを組み合わせたCezanneことAMD Ryzen APU 5000Gシリーズが正式に発表。なお初期出荷はPC組み込み済みOEM品のみ。



スポンサードリンク




Ryzen 5000シリーズと同じ最新のZen3 CPUコアと、7nmプロセスで製造される改良版Vegaグラフィクスを組み合わせた、CezanneことAMD Ryzen APU 5000Gシリーズが正式に発表されました。
AMD Ryzen APU 5000Gシリーズについては現時点でPC組み込み済みのOEM品のみが流通し、CPU単体のパッケージ版の販売については公表されていません。国内では前回同様にバルク品のMBセット販売が期待できるかも?

Ryzen APU 5000Gシリーズの最上位モデル「Ryzen 7 5700G」は8コア16スレッドのCPUコアを採用しており、ベースクロック3.8GHz、ブーストクロック4.6GHz、TDP:65W、L3キャッシュ:16MBです。
「Ryzen 7 5700G」に搭載されたiGPUは、前世代と同じく、7nmプロセスで改良されたVegaグラフィクスで、Compute Unit数8(ストリームプロセッサ数512)なっています。なおRyzen 7 4700Gでは2100MHzだった定格コアクロックは2000MHzに下がっていました。
AMD Ryzen 5000G_top
CPUコアアーキテクチャはRyzen 5000シリーズと同じく最新のZen3なので、CCXが単一の8コアCPU「Unified 8-Core Complex (CCX)」になったことで、従来存在したCCX間の遅延が解消されている、という特徴は共通です。
一方でL3キャッシュについては「Ryzen 7 5700G」で16MBとなり、前世代Ryzen 7 4700G(Ryzen 7 PRO 4750G)の8MBよりも倍増し、下位モデルでもRyzen 4000Gの同ナンバリングと比較してL3キャッシュ容量が倍増しています。一方でデスクトップ向け標準モデルのRyzen 7 5800Xは32MBなので半分の容量となります。
AMD Ryzen 5000_ZEN3_8-Core-CCX
iGPUの仕様はほぼ共通なので、「Ryzen 7 5700G」についてはディスクリートGPU(dGPU、グラフィックボードのこと)を組み合わせた時に、Ryzen 7 4700Gと比較して最大2倍に性能が伸びるとアピールされています。Zen3アーキテクチャのCPU性能によってボトルネックが緩和されるからです。
AMD Ryzen 7 5700G_Performance_vs-4700G_gaming-with-dGPU
つい先日最新製品が登場したので旧世代となりますが、Intelの8コア16スレッドCPUのうちiGPU搭載かつTDP65WなCore i7 10700と比較して、一般PC作業やクリエイティブタスクで30%程度、iGPUを活用するPCゲーミングでは80%程度も高速であることがアピールされています。
(最新アーキテクチャでIPCが改善し、Xeグラフィックス採用でiGPU性能が50%程度向上しているCore i7 11700が相手だともう少し傾向も変わると思いますが)
AMD Ryzen 7 5700G_Performance_vs-10700_creative
Core i7 10700のiGPUと比較して、「Ryzen 7 5700G」に搭載されたVega8グラフィクスは最大で2倍以上高性能であることがアピールされています。(Xeグラフィックス採用でiGPU性能が50%程度向上しているCore i7 11700が相手だともう少し傾向も変わると思いますが)
AMD Ryzen 7 5700G_Performance_vs-10700_gaming

下位モデルには6コア12スレッド「Ryzen 5 5600G」、4コア8スレッド「Ryzen 3 5300G」もラインナップされています。
「Ryzen 5 5600G」は6コア12スレッドのCPUコアを採用しており、ベースクロック3.9GHz、ブーストクロック4.4GHz、TDP:65W、L3キャッシュ:16MBです。iGPUは7nmプロセスで改良されたVegaグラフィクスで、Compute Unit数7(ストリームプロセッサ数448)、定格コアクロックは1900MHzです。
「Ryzen 3 5300G」は4コア8スレッドのCPUコアを採用しており、ベースクロック4.0GHz、ブーストクロック4.2GHz、TDP:65W、L3キャッシュ:8MBです。iGPUは7nmプロセスで改良されたVegaグラフィクスで、Compute Unit数6(ストリームプロセッサ数384)、定格コアクロックは1700MHzです。
AMD Ryzen 5000G_spec
AMD Ryzen 5 5600G_3 5300G_Performance



製品公式ページ:https://www.amd.com/en/processors/ryzen-with-graphics#Model-Specifications


AMD Ryzen APU 5000Gシリーズ スペック一覧
CPU コア/
スレッド
Base Clock
/ Boost
iGPU TDP 価格
(ドル)
Ryzen 7 5700G
8 / 16 3.8 / 4.6 GHz Vega 8
SP:512
2000MHz
65W -ドル
Ryzen 7 5800X 8 / 16 3.8 / 4.7 GHz X 105W 449ドル
Ryzen 5 5600G
6 / 12 3.9 / 4.4 GHz Vega 7
SP:448
1900MHz
65W -ドル
Ryzen 6 5600X 6 / 12 3.7 / 4.6 GHz X 65W 299ドル
Ryzen 3 5300G
4 / 8 4.0 / 4.2 GHz Vega 6
SP:384
1700MHz
65W -ドル
AMD Ryzen APU 4000Gシリーズ スペック一覧
Ryzen 7 4700G
(PRO 4750G)
8 / 16 3.6 / 4.4 GHz Vega 8
SP:512
2100MHz
65W 289ドル
(309ドル)
Ryzen 5 4600G
(PRO 4650G)
6 / 12 3.7 / 4.3 GHz Vega 7
SP:448
1900MHz
65W 219ドル
(209ドル)
Ryzen 3 4300G
(PRO 4350G)
4 / 8 3.8 / 4.1 GHz Vega 6
SP:384
1700MHz
65W 139ドル
(149ドル)
AMD Ryzen APU 3000Gシリーズ スペック一覧
Ryzen 5 3400G 4 / 8
3.7 / 4.2 GHz Vega 11
SP:714
1400MHz
65W 149ドル
Ryzen 3 3200G 4 / 4
3.6 / 4.0 GHz Vega 8
SP:512
1250MHz
65W 99ドル




 ・B550チップセット搭載AM4マザーボードの販売ページ:
 <Amazon><TSUKUMO><PCアーク><ドスパラ
 <パソコン工房><PC4U><ソフマップ><ビックカメラ



関連記事

【できる!自作PC】2019年最新CPUの選び方とオススメCPUを徹底解説
オススメCPUを徹底比較_2019

AMD Ryzen 5000シリーズCPU搭載のオススメなBTO PCを解説
AMD Ryzen 5000_Fastest-in-Game

Intel第11世代Rocket Lake-Sのレビュー記事一覧へ
Intel 11th-Gen RocketLake-S

AMD第3世代Ryzen CPUのレビュー記事一覧へ
AMD Ryzen 3rd review

主要4社B450マザーボードを徹底比較!第3世代Ryzenにイチオシはどれか?
AMD B450マザーボード比較

第3世代Ryzen対応X570チップセット搭載AM4マザーボードのレビュー記事一覧
AMD_AM4_X570マザーボード

第3世代Ryzen自作PCにオススメなDDR4メモリの容量や速度を解説
Zen2_Memory-Speed

Intel第10世代Comet Lake-Sのレビュー記事一覧へ
Intel第10世代Comet Lake-Sのレビュー記事一覧へ

主要4社Z490マザーボードを徹底比較!第10世代Core-Sにイチオシはどれか?
Intel Z490マザーボード比較

Core i9 10900Kの殻割りクマメタル化&銅製IHSの冷却性能を検証
ROCKIT COOL 10th Gen Copper Upgrade kit




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク