Seasonic PRIME TX-1600 (1)変換効率94%の80PLUS Titanium認証を取得する電源容量1600Wのハイエンド電源ユニット「Seasonic PRIME TX-1600」が登場。 電源容量1300Wの「Seasonic PRIME TX-1300」もラインナップ



スポンサードリンク




Seasonicから、変換効率94%の80PLUS Titanium認証を取得する電源容量1600Wのハイエンド電源ユニット「Seasonic PRIME TX-1600」が登場しました。
電源容量1300Wの下位モデル「Seasonic PRIME TX-1300」もラインナップされています。



「Seasonic PRIME TX-1600」はシステム負荷50%の環境下において94%という極めて優れた電力変換効率を発揮することが確認済みの80PLUS Titanium認証が取得しています。
電源容量は1600Wとなっており、+12Vはシングルレーンで133.3Aの電源出力が可能です。メーカー公式のグローバル市場における製品保証は安心の12年間新品交換保証となっています。
Seasonic PRIME TX-1600_80 PLUS Titanium
また「Seasonic PRIME TX-1600」はCybeneticsが展開するETALAMBDAという厳しい基準において、変換効率ではTITANIUM、静音性でも高評価のAランクで適合しており、電源の変換効率や動作時のノイズの少なさなど総合的に見ても非常に高い評価を得ています。
Seasonic PRIME TX-1600_cybenetics

「Seasonic PRIME TX-1600」の電源ユニットの寸法は幅150mm×高さ86mm×奥行210mmです。1600Wクラスの電源ということもあって奥行きがかなり大きくなっています。
電源ユニットの冷却ファンには135mm角の高性能流体動圧軸受(FDB)ファンが搭載されています。電源負荷40%以下で電源ユニット冷却ファンを停止させるセミファンレス機能にも対応しています。

Seasonic PRIME TXシリーズの最新設計 MTLR(Micro Tolerance Load Regulation)では、負荷電流(出力電流)の変動に対して電源の出力電圧がどのくらい変動するかという負荷レギュレーションにおいて、非常にタイトな0.5%という負荷制御の許容範囲内で、出力電圧を一定に保ちます。この印象的な電気的性能と安定性は、高性能システムの電源を選ぶ上で理想的な選択肢となります。
背面パネルとPCB(プリント回路基板)が銅板によって接続するケーブルレス接続の内部構造が採用され手動挿入時に製造誤差の可能性を低下させるだけでなく、作動時の出力電力の品質が改善されます。加えて大幅にケーブルが軽減されたことによって内部構造が綺麗に整理され電源ユニット内のエアフロー改善にも寄与しています。
Seasonic PRIME TX-1600_inside

「Seasonic PRIME TX-1600」の電源ケーブルはフルプラグイン式で、ケーブルの種類としては全て独立型ケーブルです。ナイロンメッシュ等のスリーブの代わりにエンボス風PVC被膜が採用されています。
Seasonic PRIME TX-1600_cable
PCIE5.0電源(12VHPWR)ケーブルも付属しており、最大600Wの電力供給に対応します。
Seasonic PRIME TX-1600 (7)



製品公式ページ:https://seasonic.com/prime-tx
Seasonic PRIME TX-1600_top
Seasonic PRIME TX-1600 (1)
Seasonic PRIME TX-1600 (2)
Seasonic PRIME TX-1600 (3)
Seasonic PRIME TX-1600 (4)
Seasonic PRIME TX-1600_mc
Seasonic PRIME TX-1600_inbox



Seasonic PRIME TX-1600」のモジュラー端子/ケーブル構成
種類 コネクタ数 ケーブル
数量 x 長さ
(1本のコネクタ数)
Seasonic PRIME TX-1600_mc
ATX
20/24 PIN
1  1 x 610 mm
CPU/EPS
8(4+4) PIN
3
 3 x 700 mm
PCIE
8(6+2) PIN
8  8 x 750 mm (1)
 0 x 750 + 100 mm (2)
PCIE5.0
16(12+4) PIN
1  1 x 750 mm (1)
SATA 18  4 x 500 + 150 + 150 + 150 mm (4)
 1 x 400 + 150 mm (2)
Peripheral 3  3 x 450 + 120 + 120 mm (3)
Floppy -  - mm







関連記事

自作PC電源ユニット(PSU)の徹底解説とおすすめ電源の選び方
自作PC電源ユニット(PSU)の徹底解説とおすすめ電源の選び方

「CORSAIR HX1500i (2022)」をレビュー。1000W負荷でもほぼ無音!
Corsair HX1500i

「MSI MEG Ai1300P PCIE5」をレビュー
MSI MEG Ai1300P PCIE5

「XPG CYBERCORE 1300W」をレビュー。TGP300W超グラボでも高静音!
XPG CYBERCORE 1300W

Titanium認証1600Wで奥行200mmの最強電源「Corsair AX1600i」をレビュー
Corsair AX1600i

「ASUS ROG ROG Thor 1200W Platinum」をレビュー
ASUS ROG ROG Thor 1200W Platinum

「ENERMAX MaxTytan 1250W」をレビュー
ENERMAX MaxTytan 1250W

「CORSAIR HX1000i (2022)」をレビュー
CORSAIR HX1000i (2022)

「Thermaltake Toughpower iRGB PLUS 1250W Titanium」をレビュー
Thermaltake Toughpower iRGB PLUS 1250W Titanium



(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク