Crucial X9 Portable SSD 1TB


スポンサードリンク




50mm×65mmmという指で摘まめるコンパクトサイズながら、USB3.2 Gen2接続によって最大1050MB/sの高速転送に対応するUSBモバイルストレージ「Crucial X9 Portable SSD 1TB(型番:CT1000X9SSD9)」をレビューします。
「Crucial X9 Portable SSD 1TB」をPCと帯域10GbpsのUSB3.2 Gen2で接続することによって、写真・動画の大容量データのコピー速度はどう変わるのか徹底検証していきます。

DSC04827_DxO


製品公式ページ:https://www.crucial.jp/ssd/x9/CT1000X9SSD9





レビュー目次


1.Crucial X9 Portable SSD 1TBについて
2.Crucial X9 Portable SSD 1TBの外観・付属品


3.Crucial X9 Portable SSD 1TBの検証機材と基本仕様

4.Crucial X9 Portable SSD 1TBのベンチとコピー性能

5.Crucial X9 Portable SSD 1TBのレビューまとめ


*レビュー内でUSB規格にも言及しますが、バージョンや帯域は下記の通りに考えて基本的に問題ありません。
USB4 20Gbps = USB3.2 Gen2x2
USB4 10Gbps = USB3.2 Gen2 = USB3.1 Gen2
USB4 5Gbps = USB3.2 Gen1 = USB3.1 Gen1 = USB3.0



【機材協力:Crucial】



Crucial X9 Portable SSDについて

「Crucial X9 Portable SSD」は帯域10GbpsのUSB3.2 Gen2接続に対応したUSBモバイルストレージです。USB3.2 Gen1やUSB3.0などホスト側に対する下方互換も備えています。

「Crucial X9 Portable SSD」は容量別でと1TB(型番:CT1000X9SSD9)と2TB(型番:CT2000X9SSD9)と4TB(型番:CT4000X9SSD9)の3モデルがラインナップされています。

「Crucial X9 Portable SSD」は高速帯域10GbpsのUSB3.2 Gen2接続でPCと接続するので、最大でシーケンシャル読み出し 1050MB/sの高速アクセスを実現しています。メーカーによる製品保証期間は3年間です。


「Crucial X9 Portable SSD」はUSB3.2 Gen2に対応しているので最大帯域で、最新ゲーム機のPlayStation 5やXbox Series X|Sの外付けストレージとして使用できます。
ネイティブ対応タイトルの起動には非対応なものの、内蔵ストレージが満杯になった時にネイティブ対応タイトルのコピーインストール用バックアップ先として使用でき、後方互換タイトルであればインストール・起動も可能、スクリーンショットやビデオクリップの出力にも使用できるので、最新ゲーム機用の外付けストレージとしても最適な製品です。
なお、内蔵ストレージとしてHDDを搭載する旧型ゲーム機のPlayStation 4やXbox One Xの場合はゲームインストール先として使用できるだけでなく、ロード時間の短縮も期待できます。
PS5_Xbox-SX




ちなみにCrucialからは2024年現在、X10 Pro、X9 Pro(For Mac)、X9、X6の4種類のUSBモバイルストレージが展開されています。それぞれ主要な特長は下記の通りです
  • X10 Pro: 帯域20GbpsのUSB3.2 Gen2x2対応、TLC型NAND採用、保証5年
  • X9 Pro: 帯域10GbpsのUSB3.2 Gen2対応、TLC型NAND採用、保証5年
    (For MacはiPhone/iPadなどApple環境に最適化され出荷時にAPFSにフォーマット済み)
  • X9: QLC型NAND採用なので性能保証は読み出しのみ1050MB/s、保証3年
  • X6: QLC型NAND採用なので性能保証は読み出しのみ最大800MB/s、保証3年
Crucial Portable SSD_2024


Crucial X9 Portable SSD スペック
容量
(型番)
1TB
(CT1000X9SSD9)
2TB
(CT2000X9SSD9)
4TB
(CT4000X9SSD9)
インターフェース
USB3.2 Gen2 (USB 10Gbps)
コントローラー
Silicon Motion SM2320 (メーカー非公表)
メモリ Micron製 QLC型 176層3D NAND (メーカー非公表)
外形寸法
縦50mm x 横65mm x 厚さ10mm
重量
32g
連続読出 1050 MB/s
連続書込 - MB/s
耐久性能 耐落下性能 最大2.2m、耐熱・耐衝撃・耐振動
保証期間 メーカー3年



Crucial X9 Portable SSD 1TBの外観・付属品

まずは「Crucial X9 Portable SSD 1TB」の外観や付属品について紹介していきます。
紙製パッケージを開くと透明プラスチック製スペーサーに「Crucial X9 Portable SSD 1TB」のSSD本体とUSB Type-Cケーブルが収められています。
Crucial X9 Portable SSD 1TB
DSC04863_DxO

続いて「Crucial X9 Portable SSD 1TB」のポータブルSSD本体をチェックしていきます。
DSC04838_DxO
DSC04839_DxO
「Crucial X9 Portable SSD 1TB」は金属外装を採用する上位モデルのCrucial X9 Pro/X10 Proと違って、上下面ともにプラスチック製です。天面の大部分はマットな表面加工ですが、外周部はツヤ出しになっています。
DSC04848_DxO
DSC04846_DxO
四角形でシャープな印象の強いデザインですが、外周は丸みのある縁取りになっているので、手で握った感触はソフトです。また天面のCrucialロゴから見て上下側面には凹みもあるので指先で持ち上げる時のホールド感も良好です。
DSC04875_DxO
X9 Pro/X10 Proのように上下に貫通する形ではないのでサンプルイメージからは分かり難いですが、「Crucial X9 Portable SSD」にも天面のCrucialロゴから見て右上の角、側面にストラップホールも設けられています。
DSC04849_DxO

「Crucial X9 Portable SSD」は最大2.2mの耐落下、耐熱・耐衝撃・耐振動など一般的ユースなら十分な耐久性能を備えています。
ただし上位モデルのX9 Pro/X10 Proが金属製外装を採用するのとは違い、加えてIP55の耐水・耐塵には非対応なのでアウトドアのハードな環境で使用する場合は上位モデルを検討した方がいいかもしれません。
Crucial X9 Portable SSD_durability

「Crucial X9 Portable SSD」の製品寸法は縦50mm×横65mm×厚さ10mmです。小型スマートフォンの縦半分程度と非常にコンパクトかつ薄型です。
2022年発売で現在も併売されている下位モデルX6も70mm四方アンダーで指先に摘まめるコンパクトサイズでしたが、「Crucial X9 Portable SSD」はさらに小さくなっています。
DSC04873_DxO
DSC04868_DxO
「Crucial X9 Portable SSD」の重量は約32gです。コンパクトなサイズだけでなく重量も非常に軽く、ポケットに入れていても存在感を感じません。
DSC04882_DxO-horz

「Crucial X9 Portable SSD」の天面ロゴから見て左側面にはUSBケーブルを接続するためのUSB Type-C端子が実装されています。
「Crucial X9 Portable SSD」にはUSB3.2 Gen2(USB 10Gbps)に対応したUSB Type-Cケーブルが付属しているのでホスト側にUSB Type-C端子があれば各自でUSBケーブルや変換アダプタを用意する必要はありません。
DSC04850_DxO
DSC04934_DxO



Crucial X9 Portable SSD 1TBの検証機材と基本仕様

「Crucial X9 Portable SSD 1TB」のベンチマーク測定やファイルコピー性能の検証をする前に、同製品の検証機材や基本仕様について紹介します。

「Crucial X9 Portable SSD 1TB」の各種検証を行う環境としては、PCIE4.0/5.0に対応するAMD Ryzen 9 7950X&GIGABYTE X670E AORUS MASTERなどで構成されているベンチ機を使用しました。構成の詳細は下記テーブルの通りです。
テストベンチ機の構成
CPU AMD Ryzen 9 7950X (レビュー
CPUクーラー Fractal Design Celsius S36 (レビュー
Noctua NF-A12x25 PWM (レビュー
メインメモリ G.Skill Trident Z5 Neo
F5-6000J3038F16GX2-TZ5N
DDR5 16GB×2=32GB (レビュー
マザーボード
GIGABYTE X670E AORUS MASTER
レビュー
ビデオカード PNY GeForce RTX 4090 24GB XLR8
Gaming VERTO EPIC-X RGB OC 3FAN
レビュー
システムストレージ
Samsung SSD 990 PRO 1TB (レビュー
OS Windows 11 Pro 64bit 22H2
電源ユニット Corsair HX1500i 2022 (レビュー
ベンチ板 STREACOM BC1 (レビュー

DSC07770_DxO

システムメモリの検証機材には、Ryzen 7000用OCメモリのスイートスポットとアピールされているメモリ周波数6000MHz/CL30の低レイテンシなメモリOCに対応した「G.Skill Trident Z5 Neo(型番:F5-6000J3038F16GX2-TZ5N)」を使用しています。
G.Skill Trident Z5 NeoシリーズはAMD EXPOのOCプロファイルに対応した製品なので、AMD Ryzen 7000シリーズCPUで高性能なPCを構築するお供としてオススメのOCメモリです。ARGB LEDイルミネーションを搭載したバリエーションモデル G.Skill Trident Z5 Neo RGBもラインナップされています。
「G.Skill Trident Z5 Neo」をレビュー。EXPOで6000MHz/CL30のOCを試す!
G.Skill Trident Z5 Neo


検証機材に使用しているマザーボード GIGABYTE X670E AORUS MASTERのリアI/OにはUSB3.2 Gen2x2(USB4 20Gbps)に対応したUSBポートがあるので、USBモバイルストレージ側の最大帯域がUSB3.2 Gen2やUSB3.0など下方互換で対応できる製品は基本的にこのUBSポートに接続して検証しています。
AMD X670E_USB

「Crucial X9 Portable SSD 1TB」はアウトボックス時点でファイルシステムがexFATにフォーマット済みとなっており、使用可能な空き容量は931GBでした。
Crucial X9 Portable SSD 1TB_CDI

上述の通り「Crucial X9 Portable SSD 1TB」は最初からexFATにフォーマット済みですが、初期状態でアロケーションユニットサイズが4096Bとなっています。
Crucial X9 Portable SSD 1TB_aus

アロケーションユニットサイズが小さい方が物理容量を最大限使用できるのですが、特にランダム性の高い書き込みアクセスにおいて大幅な速度低下が発生する傾向があるります。(逆に速くなるケースもあるものの、頻度も程度も小さい)
当サイトのレビューでUSBモバイルストレージを検証する場合、exFAT形式、アロケーションユニットサイズは512KBに統一し、検証前に再フォーマットしています。
Windows11によるフォーマットの既定アロケーションユニットサイズはストレージ容量によって変わるのですが速度重視で2TB容量の既定サイズで統一しています。
allocation unit size


「Crucial X9 Portable SSD 1TB」のSLCキャッシュ構造についても確認してみました。
「Crucial X9 Portable SSD 1TB」はQLC型NANDを採用したSSDなのでSLCキャッシュを超過すると書き込み速度が低下しますが、フォーマット直後の状態なら260GB程度のSLCキャッシュを使用でき、その範囲内なら読み書き900~1000MB/sの高速アクセスを維持できます。
Crucial X9 Portable SSD 1TB_SLC_All-Free
Crucial X9 Portable SSD 1TB_SLC Cache_writing-all

「Crucial X9 Portable SSD 1TB」のSLCキャッシュ容量は空き容量に応じた可変容量となっており、十分に時間を置いてSLCキャッシュが解放されていれば、空き容量が200GB程度の状態にしても70~80GB程度のSLCキャッシュを利用できました。空き容量依存とは別に、静的に固定容量のSLCキャッシュ領域も20GB程度あるようです。
ただし、「Crucial X9 Portable SSD 1TB」は前述の通りQLC型NANDを採用するSSDなのでSLCキャッシュ超過後の書き込み速度は30MB/s程度と、書き込み速度低下の下がり幅がかなり大きいので注意が必要です。
Crucial X9 Portable SSD 1TB_SLC_200GB-Free

「Crucial X9 Portable SSD 1TB」は、QLC領域の書き込み速度が30MB/sとかなり遅いようにSLCキャッシュの開放もやや時間がかかる印象でした。とはいえ通電状態で数時間おけば50GB程度は安定してSLCキャッシュを使える感じです。

使用済みSLCキャッシュが解放されるインターバルを置いて使用する分には基本的に50~100GB程度のSLCキャッシュを使用できるのでSLCキャッシュの超過によって不便を感じることはないと思います。
とはいえ、SLCキャッシュ超過後の書き込み速度は30MB/s程度と非常に遅いので、1,2時間の間に数百GBのデータを読み書きするような使い方には不向きであることは間違いないので注意してください。



Crucial X9 Portable SSD 1TBのベンチとコピー性能

続いて本題となる「Crucial X9 Portable SSD 1TB」のファイルコピー性能を検証していきます。

ファイルコピー検証の前に、まずは「Crucial X9 Portable SSD 1TB」の基本的な読み出し性能と書き込み性能を確認するため、CrystalDiskMark8(デフォルト, 8GiB)のベンチマーク結果を見ておきます。
「Crucial X9 Portable SSD 1TB」は公式に発表されている仕様値通り、連続読み出しで1050MB/sというUSB3.2 Gen2(USB4 10Gbps)のUSB接続帯域として理想的な速度を発揮します。
QLC型NAND採用SSDなので上位モデルと違って書き込み性能は製品スペックにありませんが、SLCキャッシュ内であれば読み出し同様に、連続書き込みも1000MB/s前後の高性能です。
Crucial X9 Portable SSD 1TB_CDM8_1GiB


続いて外付けストレージの性能評価で最重要項目となるファイルコピーにおける読み出し・書き込み性能を実際の写真・動画データを使用して検証していきます。
検証に使用するデータとして、フルサイズミラーレス一眼カメラの写真・動画データを想定して、10GBの動画ファイルが5つ入った約50GBの動画フォルダ、10MB~20MBの画像ファイル 2,000枚弱が入った約30GBの写真フォルダの2種類を使用しています。
Copy-Test-Data_Mobile-Storage


「Crucial X9 Portable SSD 1TB」など各種検証ストレージとSamsung 970 PRO 1TBとの間で50GBの動画ファイル、80GBのゲームフォルダ、各種画像フォルダなどのコピーに要した時間の比較結果は次のようになりました。

まずは動画フォルダ(10GB x5)のコピーについてです。
動画ファイルは1つ1つのファイルがGB単位の大容量なので実際のコピーではCrystalDiskMarkベンチマークでいうと連続読み出し・連続書き込み性能が重要になってきます。

動画フォルダのコピー読み出しにおいて、「Crucial X9 Portable SSD 1TB」によるコピー時間は60秒ほど、読み出し速度は860MB/s程度です。実際のファイルコピーでもUSB3.2 Gen2接続のモバイルストレージとして理想的な性能です。
Crucial X9 Portable SSD 1TB_copy_1_movie_read
動画フォルダのコピー書き込みにおいて、「Crucial X9 Portable SSD 1TB」によるコピー時間は65秒ほど、書き込み速度は800MB/s程度です。
「Crucial X9 Portable SSD 1TB」は一般に書き込み性能が弱いと言われるQLC型NAND採用SSDですが、SLCキャッシュの範囲内であればTLC型NAND採用SSDと遜色ない書き込み性能を発揮できます。
上位モデルX9 ProはTLC領域に直接書き込む?設計なのか、SLCキャッシュの範囲内なら「Crucial X9 Portable SSD 1TB」のほうが若干高速に書き込みできるというのは意外でした。
Crucial X9 Portable SSD 1TB_copy_2_movie_write


続いて写真フォルダ(30GB Files:~2,000)のコピーについてです。
画像ファイル1つ1つは先の動画ファイル1つに比べると大幅に小さいですが、高解像度なミラーレス1眼カメラで撮影したJPEG撮って出し画像の場合、1枚が10~20MB程度なのでやはりCrystalDiskMarkベンチマークでいうと連続読み出し・連続書き込み性能が重要が重要になってきます。

写真フォルダのコピー読み出しにおいて、「Crucial X9 Portable SSD 1TB」によるコピー時間は37秒ほど、読み出し速度は840MB/s程度です。
ファイル数が多いもののほぼシーケンシャル読み出し的なアクセスなので、先の動画フォルダの読み出しコピー同様にUSB3.2 Gen2接続のモバイルストレージとして理想的な性能です。
Crucial X9 Portable SSD 1TB_copy_3_Photo_read
写真フォルダのコピー書き込みにおいて、「Crucial X9 Portable SSD 1TB」によるコピー時間は42秒ほど、書き込み速度は730MB/s程度です。
QLC型NAND採用SSDですが、やはり、SLCキャッシュの範囲内であればTLC型NAND採用SSDと性能に遜色なく、USB3.2 Gen2接続のモバイルストレージとして理想的な性能です。
Crucial X9 Portable SSD 1TB_copy_4_Photo_write



Crucial X9 Portable SSD 1TBのレビューまとめ

最後に「Crucial X9 Portable SSD 1TB(型番:CT1000X9SSD9)」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。

良いところ
  • USB3.2 Gen2で理想的な、連続読み書き1050MB/s
  • 空き容量依存のSLCキャッシュは100GB近くを使用できる
  • 外部電源不要なUSB端子からのバスパワー駆動
  • 65mm×50mmのコンパクトサイズかつ、30g程度と非常に軽量
  • PlayStation 5やXbox Series X/Sの外付けストレージとして使用すれば、
    ネイティブタイトルのバックアップ先や後方互換タイトルのインストール先にできる
  • PS4などHDD内蔵ゲーム機ならゲームロード時間を最大で半分に短縮
悪いところor注意点
  • USBフラッシュメモリと比べるとサイズは大きい
  • USB Type-Aポートと接続するには別途、変換アダプタ等が必要
  • QLC型NAND採用なのでSLCキャッシュ超過後の書込速度は30MB/s程度とかなり遅い

「Crucial X9 Portable SSD 1TB」はNVMe SSD相当の内部SSDを帯域10Gbpsの高速規格USB3.2 Gen2に変換するタイプのUSB外付けSSDです。
基礎的なベンチマークでは読み出し/書き込みで1000MB/s程度という
帯域10GbpsのUSBモバイルストレージとしては理想的なアクセススピードを発揮します。

65mm×50mm(2.5インチやM.2 2280といった既存のSSDを流用する形では実現できない小ささ)という指で摘まめるコンパクトサイズながら最大4TBという大容量を実現しているところも大きな魅力です。

「Crucial X9 Portable SSD 1TB」はQLC型NANDが採用されたSSDなので連続した大容量書き込みによってSLCキャッシュ容量を超過してしまうと書き込み速度が30MB/s程度まで大幅に低下するという弱点があります。
ただし空き容量に依存するSLCキャッシュ容量は、空き容量が200GBでも70~80GB程度という大容量を使用できます。使用したSLCキャッシュは開放されるまで通電状態でしばらく放置する必要がありますが、数時間おきなら50GB程度は安定して使えます。
SLCキャッシュが解放されるよう十分にインターバルを置いて書き込みを行うような用途であれば、SLCキャッシュ超過による書き込み速度低下で不便を感じることはないはずです。


「Crucial X9 Portable SSD 1TB」はコンソールゲーム機との互換性もアピールされています。
最新ゲーム機のPlayStation 5やXbox Series X/Sではネイティブ対応タイトルの起動には非対応なものの、内蔵SSDやM.2拡張ストレージが満杯になった時にネイティブ対応タイトルのコピーインストール用バックアップ先としては使用できますし、後方互換タイトルであれば起動も可能です。
こういう用途なら上記のSLCキャッシュ構造もネックにはならず、QLC型NANDは容量単価に優れているので、最新ゲーム機用の外付けストレージとして最適な製品です。


以上、「Crucial X9 Portable SSD 1TB」のレビューでした。
Crucial X9 Portable SSD 1TB



記事が参考になったと思ったら、ツイートの共有(リツイートやいいね)をお願いします。







関連記事

おすすめSSDまとめ。QLC/TLCやPCIE4.0/5.0など最新SSD事情を解説
SSDレビュー記事の一覧へNVMe SSD><M.2 SSD><SATA SSD

おすすめSSDまとめ

PS5増設にオススメなM.2 SSDを解説。ヒートシンク搭載モデルも!
PS5増設にオススメなM.2 SSDを解説

「Crucial X9 Pro Portable SSD 1TB For Mac」をレビュー
Crucial X9 Pro Portable SSD 1TB For Mac

「Crucial X9 Portable SSD 1TB」をレビュー
Crucial X9 Portable SSD 1TB

「Kingston External SSD XS1000 2TB」をレビュー
Kingston XS1000 2TB

「Crucial X6 Portable SSD 4TB」をレビュー
Crucial X6 Portable SSD 4TB

Sony α7シリーズのFTP転送の使い方 【ルーターのUSB NAS機能で簡単に!】
Sony α7 FTP




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク