G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN


スポンサードリンク




メモリ周波数3600MHz/メモリタイミング16-16-16-36のOCプロファイルによるメモリオーバークロックに対応し、8分割アドレッサブルLEDイルミネーションを搭載する16GB×4=64GBのDDR4メモリキット「G.Skill Trident Z Neo(型番:F4-3600C16Q-64GTZN)」をレビューします。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_05782_DxO


代理店公式ページ:https://www.links.co.jp/brand/gskill/
製品公式ページ:https://www.gskill.com/product/165/326/1562839857/F4-3600C16Q-64GTZN




G.Skill Trident Z Neo レビュー目次


1.G.Skill Trident Z Neoの外観
2.G.Skill Trident Z NeoのLEDイルミネーション

3.メモリOC検証機材、メモリOCの基本と手順
4.G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZNのメモリOCを試す
5.G.Skill Trident Z Neoのレビューまとめ




---【注意】--------------------------
メモリOCで有名なXMPプロファイルは「インテル エクストリーム・メモリー・プロファイル」の略称でありIntelの策定した規格なので、AMD Ryzen/Ryzen Threadripper環境において”XMPでOCする”等の表現をするのは厳密には正しくありません。
ただしXMPプロファイルに収録されたメモリ周波数とタイミングの設定値からAMD Ryzen環境に合わせたメモリOCプロファイルを自動生成する機能として、「ASUS D.O.C.P」や「MSI A-XMP」などが各社マザーボードのBIOS上に機能として用意されているので、AMD製CPU環境においてもXMPプロファイルを流用したメモリOCを当記事中では便宜上細かいことを気にせずに”XMPを使用したOC”などXMPとして表記します。
------------------------------------



【機材協力:G.Skill 国内正規代理店リンクスインターナショナル】



G.Skill Trident Z Neoの外観

まず最初に「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」の外観をチェックしていきます。
G.Skill Trident Z Neoシリーズのパッケージは印刷されている写真やロゴが変わっていますが、基本的にはG.Skill Trident Z RGBシリーズを踏襲しています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00604_DxO
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_05785_DxO

紙製の外パッケージを開けると「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」はデュアル/クアッドチャンネル対応の16GB×4枚組メモリキットなのでプラスチック製スペーサーにそれぞれ2枚のメモリが収められていました。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_05786_DxO


G.Skill Trident ZシリーズやG.Skill Trident Z RGBシリーズでは、表面と裏面のヒートシンクカラーが異なるツートンカラーでしたが、G.Skill Trident Z Neoシリーズでは裏表のカラーリングは共通で、片面のヒートシンクが左右で2つのデザインを組み合わせた新生デュアルトーンデザインになっています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00608_DxO
G.Skill Trident Z NeoシリーズとG.Skill Trident Z RGBシリーズを比較してみるとヒートシンクのデザインこそ変わっていますが、基本的な外観の形状はほぼ共通です。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00643_DxO
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00644_DxO
G.Skill Trident Zシリーズでは無印とRGBともに長らくヘアライン仕上げのアルミニウム製ヒートシンクが採用されていましたが、G.Skill Trident Z Neoシリーズでは従来同様にブラックカラーのヘアライン仕上げを右半分に配置し、一方で左半分にはシルバーカラーで鉱石の表面を思わせる凹凸加工が施されています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00609_DxO
あと地味な改良点として、G.Skill Trident Z RGBシリーズではヘアラインの溝が荒く、手垢が付きやすかったのですが、G.Skill Trident Z Neoシリーズでは滑らかになって手で触っても汚れが付きにくくなっています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00618_DxO
ヒートシンク上面についてチェックすると、G.Skill Trident Z Neoではアルミニウム製ヒートシンクの中央に、LEDイルミネーションの光を拡散する白色半透明なプラスチック製ディフューザーが装着されています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00619_DxO
G.Skill Trident Z無印版やG.Skill Trident Z Blackではアルミヒートシンク放熱フィンが3重で放熱性を重視した構造になっていましたが、G.Skill Trident Z NeoやG.Skill Trident Z RGBでは上面に内蔵されたアドレッサブルLEDイルミネーションの発光を拡散する白色半透明なディフューザーの面積を確保するため放熱フィンは2重に減っています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_02616_DxO
放熱フィンの数が減った分、G.Skill Trident Z NeoやG.Skill Trident Z RGBでは白色半透明なプラスチック製ディフューザーの面積が広くなっているのがわかります。中央にG.Skillロゴが入っているのは同じです。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_02615_DxO
G.Skill Trident Z Neoシリーズの注意点として、公式ページでは「Sleek Beveled Edge」の名前でアピールされ、銀色のアルミニウム面が露出し、反射光を生んでカッコいいデザインです。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00616_DxO
G.Skill Trident Z Neonの発売から2020年中頃までのロットでは放熱フィンの上側末端がかなり鋭利な形にカットされていて装着時に取り扱いを誤ると指を切ってしまう可能性もあったのですが、2021年以降の最新ロットでは面取りが施され、安全面で改良されています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_05927_DxO-horz

G.Skill Trident Z Neoをヒートシンク付きの各種メモリと比較してみると、G.Skill Trident Z無印版やG.Skill Trident Z RGBなど既存のG.Skill Trident Zシリーズと同じ高さで全高43mm程です。同社製のRyzen環境最適化メモリであるG.Skill Flare Xシリーズは全高39mm程度なので、これよりは数mm背が高くなっています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00620_DxO
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00621_DxO

G.Skill Trident Z Neoの4枚組モデルをCPUソケット右側にメモリスロットが4基あるマザーボードに取り付けるとこんな感じになります。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00648_DxO
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00645_DxO
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00647_DxO



G.Skill Trident Z NeoのLEDイルミネーション

続いてG.Skill Trident Z Neoのメモリヒートシンク上面に搭載された8分割アドレッサブルLEDイルミネーションをチェックしていきます。
G.Skill Trident Z Neoはソフトウェア制御を行わない標準状態でも、アドレッサブルな発光パターンでLEDイルミネーションが点灯します。標準の発光パターンはCPUソケットを左、メモリスロットを右として、各メモリで上から下へと順番に七色に変化していきます。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00654_DxO
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00657_DxO
ただしソフトウェア制御を行わない場合、起動直度は色の変化が一致しているのですが徐々にズレてきてランダム然とした発光パターンになってしまいます。複数のメモリ間で発光パターンを綺麗に同期させたい場合は純正アプリ「Trident Z Royal Lighting Control」や、ASUS AURA Syncなどマザーボードのライティング制御機能で同期させるのがおすすめです。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00658_DxO

奥(上)のG.Skill Trident Z RGBが5分割アドレッサブルLEDイルミネーションなのに対して、手前(下)のG.Skill Trident Z Neoは8分割アドレッサブルLEDイルミネーションです。G.Skill Trident Z Neoは5分割から8分割にアドレスが増えているので変化もより滑らかになって一層綺麗に見えます。



G.Skill公式から配布されているG.Skill Trident Zシリーズ専用アプリ「Trident Z Royal Lighting Control (for Trident Z RGB & Trident Z Royal)」によってライティング制御が可能です。専用アプリ「Trident Z Royal Lighting Control」はG.Skillの公式ダウンロードページから入手できます。
公式DLページ:https://www.gskill.com/download/1502180912/1551690847/Trident-Z-RGB-&-Trident-Z-Royal

「Trident Z Royal Lighting Control」のインストール自体は普通のインストーラー同様にポチポチクリックするだけなのですが、一部の環境ではインストール時にエラーが発生するので、エラーが発生した時の解消方法を説明しておきます。
ASUS AURA Syncなどマザーボードのライティング制御ソフトウェアをインストールしたことのあるユーザーは、別バージョンの「ENB RGB HAL」がインストールされていると表示されて、「Trident Z Royal Lighting Control」のインストールを正常に完了できません。
このエラーが出た場合は、インストール済みの「ENB RGB HAL」をアンインストールする必要がありますが、コントロールパネルには表示されないため、インストーラーを個別に選択する必要があります。ASUS AURA Syncを過去に使用したユーザーの場合は、マザーボードのサポートページからソフトウェアをダウンロードして、奥の方に格納されている「AacENEDramSetup.exe」から手動でアンインストールしてください。
Trident Z Royal Lighting Control_setup


早速、「Trident Z Royal Lighting Control」の操作方法をチェックしていきます。
G.Skill Trident Z RGB用に開発された初期の「Trident Z RGB Control」はASUS AURA SyncのG.Skill版というデザインでしたが、G.Skill Trident Z RGB/Royal/Neoなど各シリーズに対応する「Trident Z Royal Lighting Control」はソフトウェアUIも洗練されたものに刷新されています。
Trident Z Royal Lighting Control_1
「G.Skill Trident Z Neo」と「G.Skill Trident Z Royal」は上のようにメモリ1枚当たり8分割のアドレッサブルLEDイルミネーションですが、「G.Skill Trident Z RGB」は5分割のアドレッサブルLEDイルミネーションとなります。
Trident Z Royal Lighting Control_Trident Z RGB

「Trident Z Royal Lighting Control」からはシステムに設置されているメモリを一括制御や個別制御が可能です。左に配置されたメモリアイコンを選択すると「Sync」「DRAM〇」と表示され、「Sync」なら全てのメモリを同期設定し、「DRAM〇」は選択したメモリだけをライティング制御します。
Trident Z Royal Lighting Control_1
「Trident Z Royal Lighting Control」において発光パターンはウィンドウ右側にあるLighting Effectから選択できます。選択可能な発光パターンとしては、「Static(固定発光)」「Breathing(ゆっくり明滅)」「Strobing(点滅)」「Cycle」「Rainbow」「Breathing Rainbow」「Comet」「Comet Rainbow」「Flash」「Flash and Dash」「Wave」「Glowing yoyo」「Starry-Night」「Default」以上の14種類が用意されています。
Trident Z Royal Lighting Control_2a

まず「Static(固定発光)」「Breathing(ゆっくり明滅)」「Strobing(点滅)」の3種類については、名前の通り選択した発光カラーに固定して発光、もしくはゆっくり明滅、点滅させることができます。
具体的な設定方法として、カラーサイクルもしくはカラースライダーから発光カラーを選択でき、右端のスライダーは輝度(Brightness)を設定できます。中央上のLED〇というアイコンから発光カラーを設定する部位を選択できます。
Trident Z Royal Lighting Control_3
「G.Skill Trident Z Neo」のLEDイルミネーションは1つのメモリモジュール上の発光部分は8分割されており、それぞれに発光カラーを設定することが可能なアドレッサブル型になっています。今回は2枚のメモリモジュールを使用しているので16か所のLED発光カラーを個別に設定できました。以後、個別に発光カラーを設定できるものについては「カラーセット」と呼ぶことにします。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00672_DxO
また発光カラー編集アドレスアイコンの一覧の右上にある同期ボタンを使えば全て部位の発光カラーを統一して変更することができます。
Trident Z Royal Lighting Control_4
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_00662_DxO-tile

「Color Cycle」では全てメモリ全てのアドレスのLEDイルミネーションの発光カラーが同期して七色に緩やかなグラデーション変化を行います。
「Rainbow」ではマザーボード毎のメモリスロット番号順に(検証機材ではCPUソケットから順に3/1/4/2)、上から発光カラーが次の色に変化していき右下まで次の発光カラーに変化すると右上が次の発光からに変化して……を繰り返します。変化する範囲は七色のカラーサイクルを一周する「Cycle」とカラーサイクルの一部を切り取る「Gradient」から選択可能で、変化スピードも5段階で設定できます。
「Breathing Rainbow」ではゆっくり明滅しながら、赤→オレンジ→黄色→緑→……、と発光カラーが七色で順番に変化していきます。
「Comet」では任意の発光カラーで全てのメモリが同期して上から下へ順番に発光していきます。点滅箇所以外は消灯しています。「Comet Rainbow」は基本的な発光パターンはCometと同じですが、発光カラーが七色で順番に変化します。
「Flash」はCometに似ていて任意の発光カラーで全てのメモリが同期して上から下へ順番に発光していきますが、Cometでは点滅箇所以外は消灯しているのに対して、「Flash」は輝度最小で全体が点灯しています。「Flash Rainbow」は基本的な発光パターンはFlashと同じですが、発光カラーが七色で順番に変化します。
「Wave」は波のように上から下に明るくなっていき、発光カラーも七色で次々に変化していきます。
「Glowing yoyo」は各アドレスの発光カラーが異なる既定のカラーセットで輝度最小で発光した状態で、上から下に順番に点滅し、さらに全体が明滅してから、カラーセットを変えて同様の変化を繰り返します。
「Starry-Night」は任意のカラーセットについて、輝度最小で全体が点灯した状態で星が瞬くようにランダムにいずれかのアドレスが点灯します。

上の発光パターンの中からG.Skill Trident Z Neoの動画をいくつか撮影してみました。







またG.Skill Trident Z Neoに搭載されたLEDイルミネーションは、マザーボード国内主要4社であるASRock、ASUS、GIGABYTE、MSI製マザーボードの一部が対応するライティング制御機能による操作に対応しています。
ASRockではASRock Polychrome RGB Sync、ASUSではASUS AURA Sync、GIGABYTEではGIGABYTE RGB Fusion、MSIではMSI Mystic Lightの名前でライティング制御機能が用意されており、G.Skill Trident Z Neoはこれらと互換性があります。なお各ライティング制御機能ごとに選択可能な発光パターンは異なります。
G.Skill Trident Z Neo_MB-Lighting



メモリOC検証機材、メモリOCの基本と手順

「G.Skill Trident Z Neo」の定格動作やXMP/手動設定を使用したオーバークロックの検証を行う前に、検証機材の紹介と、メモリOCの基本・手順についての説明をしておきます。

「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」の検証を行う環境としては、Core i9 11900K&Z590マザーボード、Ryzen 9 5950X&X570マザーボードで構成される検証機を用意しました。
テストベンチ機の構成
CPU
Intel Core i9 11900K
レビュー
AMD Ryzen 9 5950X
(レビュー)
M/B MSI MEG Z590 ACE
レビュー
ASUS ROG Crosshair VIII Dark Hero
レビュー
CPUクーラー Fractal Design Celsius S36
レビュー
Noctua NF-A12x25 PWM
レビュー
Corsair H150i PRO RGB
レビュー
Noctua NF-A12x25 PWM
レビュー
グラフィックボード
MSI GeForce GT 1030 2GH LP OC
ファンレス (レビュー
システム
ストレージ
Samsung SSD 980 PRO 500GB (レビュー
OS Windows10 Home 64bit
電源ユニット
Corsair HX1200i (レビュー
ベンチ板 STREACOM BC1 (レビュー


ベンチ機のシステムストレージには「Samsung SSD 980 PRO 500GB」を使用しています。Samsung SSD 980 PROは、PCIE4.0対応によって連続アクセススピードを最大で2倍に飛躍させただけでなく、ランダム性能の向上によってSSD実用性能においても前世代970 PROから大幅な向上を果たし、PCIE4.0アーリーアダプターなPhison PS5016-E16採用リファレンスSSDよりも高速なので、これからPCIE4.0対応プラットフォームの自作PCを組むなら、システム/データ用ストレージとして非常にオススメな製品です。
「Samsung SSD 980 PRO 1TB」をレビュー。堂々の最速更新
Samsung SSD 980 PRO 1TB



メモリについては必要な容量(現在のゲーミングデスクトップPCなら16~32GBあれば十分)さえ満たせば、OCによる性能の向上はCPUやGPUのOCに比べると実感しにくい部類である、というのがIntel環境における通説でした。そのため管理人も一口にOCメモリと言っても性能向上を狙うよりはオシャレなヒートシンク目当てに自作PCの装飾的な感覚で購入するのが個人的にはオススメな買い方だと思っていました。

しかしながらAMD RyzenおよびAMD Ryzen Threadripper環境では、『Infinity FabricというCPU内外のコンポーネントを相互接続するインターコネクトの動作周波数がメモリ周波数に同期する』という構造上、メモリ周波数がエンコードや3Dゲームを含めた総合的なパフォーマンスに大きく影響することが知られています。 またIntel環境においても144FPS~240FPSのハイフレームレートなPCゲーミングではCPUボトルネックの緩和にメモリ周波数のOCが効いてきます。

OCメモリの選び方や具体的なオーバークロックの設定方法については、こちらの記事を参考にしてください。
【できる!メモリOC】 OCメモリの選び方から設定まで完全解説
【できる!メモリOC】 OCメモリの選び方から設定まで完全解説



G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZNのメモリOCを試す

「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」をIntel第11世代Core&Z590マザーボードやAMD Ryzen 5000&X570マザーボードの検証機材にセットアップしてメモリオーバークロックの動作検証を行っていきます。

G.Skill Trident Z Neoシリーズにはメモリ周波数2666MHzから最大では5000MHzを超えるXMPプロファイル、2枚組or4枚組or8枚組、メモリ容量16GB~256GBなど多種多様なモデルがラインナップされています。
なおOCプロファイル(XMP)についてはあくまでメーカーによる”動作確認済み”の選別品であって”動作保証ではない”ので注意してください。マザーボードやCPUとの相性によってはXMPプロファイル通りに動作しない場合もあります。メーカー製品公式ページでは型番ごとにQVL(Qualified Vendor's List)として組み合わせ使用が推奨されるマザーボード/プラットフォームもリストアップされているのでG.Skill Trident Z NeoシリーズのOCメモリの購入前にはそちらも合わせて参考にしてください。
製品公式ページ:https://www.gskill.com/products/1/165/326/Trident-Z-Neo

ちなみにG.SkillのOCメモリにはBIOSからマニュアル設定もしくはXMPプロファイルでOCして故障したとしても、焼損・破損がなければ無期限に新品と交換可能という非常に手厚い保証があるのでメモリのオーバークロックを安心して行えます。保証期間も基本的に無期限の永久保証です。
G.Skill製メモリモジュール 保証規定 (リンクスインターナショナル)--------
正しい使用方法に従った上で製品が正常に動作しなかった場合、かつ、保証期間内と認められた場合に限り無償修理対応を致します。保証の対象は製品単体及び製品の付属品までとなります。

G.Skillメモリについては、マザーボードBIOS(UEFI)でIntel XMPプロファイルの適用、及び動作クロック・タイミングや駆動電圧の変更などに起因する故障で、かつ、製品に焼損・破損等がみられない場合においては保証対象となります。保証期間内であっても次の項目に該当する場合は保証対象外となります。
--(https://www.links.co.jp/support/gskill/)--------
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_05784_DxO


今回検証する「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」は1枚当たり16GBの大容量メモリモジュールの4枚組み、デュアル/クアッドチャンネル対応ながら、メモリ周波数3600MHz/メモリタイミングCL16-16-16-36という、Intel第11世代CoreやAMD Ryzen 5000をはじめ2021年最新環境にとってスイートスポットな高速動作に対応したメモリキットです。
G.Skillと積極的な協力関係にあるMSI製マザーボードについては最新のAMD X570/B550で上から下まで動作確認がされています。
G.Skill Trident Z Neoシリーズは当初、AMDプラットフォーム向けメモリキットとしてリリースされましたが、現在ではQVLにIntelチップセットのマザーボードが掲載されている通り、Intel製CPU環境とも高い互換性があります。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN_QVL

OCプロファイルによるメモリ周波数3600MHz/メモリタイミングCL16のオーバークックに対応する16GB×2=32GBメモリキット「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」については、選別によって高メモリ周波数かつ低レイテンシな個体が生まれやすいSamsung B-Dieの2Rankメモリモジュールが採用されていました。(製品型番およびスペックはそのままでも、メモリモジュールについてはロットやバージョンで変更される可能性があります。)
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN_spec


前置きはこの辺りにして「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」を使用し、各種プラットフォームでメモリOCを実践していきます。
まずはIntelのメインストリーム向けCPUである第11世代Core-Sの8コア16スレッドモデルCore i9 11900KとZ590マザーボードの環境で「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」のOCプロファイルによるOCを実践してみました。Intel Z590マザーボードにはMSI MEG Z590 ACEを使用しています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_05933_DxO
MSI MEG Z590 ACEの環境では、XMPプロファイルを適用するだけで16GB×4枚組み64GBの大容量で3600MHz/CL16が安定動作しました。 IMC周波数も1:1で同期するGear1です。
G.Skill F4-3600C16Q-64GTZN_Z590_ramtest

続いてAMDのメインストリーム向けCPUであるRyzen 5000シリーズの16コア32スレッドモデルRyzen 9 5950XとX570マザーボードを組み合わせた環境で「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」のOCプロファイルによるOCを実践してみました。AMD X570マザーボードにはASUS ROG Crosshair VIII Dark Heroを使用しています
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_05856_DxO
ASUS ROG Crosshair VIII Dark Heroの環境では、XMPプロファイルを適用するだけで16GB×4枚組み64GBの大容量で3600MHz/CL16が安定動作しました。IF周波数も1:1同期の1800MHzです。
G.Skill F4-3600C16Q-64GTZN_X570_ramtest

最後にAMDのエンスージアスト向けCPUである第3世代Ryzen Threadripperの32コア64スレッドモデルRyzen Threadripper 3970XとTRX40マザーボードの環境で「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」のOCプロファイルによるOCを実践してみました。マザーボードにはASRock TRX40 Taichiを使用しています。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN review_05935_DxO
今回もやはりBIOSから行うOC設定については特にひねりもなくメモリに収録されたOCプロファイルを適用しただけですが、16GB×4枚組み64GBの大容量で3600MHz/CL16が安定動作しました。IF周波数も1:1同期の1800MHzです。
G.Skill F4-3600C16Q-64GTZN_TRX40_ramtest



G.Skill Trident Z Neoのレビューまとめ

最後に「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。

良いところ
  • ブラックのヘアラインとシルバーの鉱石質感を組み合わせたデュアルトーンデザイン
  • 8分割でライティング制御が可能なアドレッサブルLEDイルミネーション搭載
  • 専用アプリ「Trident Z Lighting Control」によってライティング制御が可能
  • ASUS AURA SyncやMSI Mystic LightなどMBのライティング制御機能に対応
  • 簡単にメモリのOCが可能なXMPプロファイルを収録
  • Intel第11世代環境でXMPによって4枚組64GBの3600MHz/CL16が正常動作
  • AMD Ryzen 5000環境でXMPによって4枚組64GBの3600MHz/CL16が正常動作
  • AMD Threadripper環境でXMPによって4枚組64GBの3600MHz/CL16が正常動作
  • 焼損・破損がなければメモリOCで故障しても無期限に新品と交換可能な保証
     (https://www.links.co.jp/support/gskill/)
悪いところor注意点
  • フィンのエッジ加工が鋭利なのでメモリ取り付け時に手を切らないように注意

「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」の検証ではメーカー動作確認済みのOCプロファイルを使用することによって、Intel第11世代Core-S&Z590マザーボード環境やAMD Ryzen 5000&X570マザーボード環境において4枚組み64GB容量で、メモリ周波数3600MHz&メモリタイミング16-16-16-36のオーバークロックが手軽に行え、安定動作が確認できました。
メインストリーム向けプラットフォームだけでなく、メモリのクアッドチャンネルに対応したIntel第10世代Core-XやAMD Ryzen Threadripper 3000でも64GB容量で3600MHz/CL16がOCプロファイル適用だけで安定します。

G.Skill Trident Z Neoシリーズにはメモリ周波数4000MHz以上のモデルもラインナップされていて、そうなるとピーキーな製品ですが、3200MHzや3600MHzのCL14~CL18であれば最新プラットフォームなら比較的簡単に安定動作を期待できるので、適当なOCプロファイルを搭載したOCメモリは1ランク上の自作PCを目指すユーザーにオススメです。

「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」は専用ライティング制御ツールによって操作可能な8分割アドレッサブルLEDイルミネーションが搭載され、ASUS AURA SyncやMSI Mystic Lightなど主要4社のマザーボードで利用可能なライティング制御機能とも互換性があります。
アドレッサブルLEDイルミネーションを自由自在に操作して自作PCをカッコよくライトアップできるので、最新環境に最適化されたハイパフォーマンスな動作のみならず、PCをオシャレに装飾したいユーザーにとっても非常に魅力的な製品です。

G.Skill製の2021年最新メモリでは3600MHz/CL16のような共通スペックに対して、Trident Z Neo以外に、価格が安価なRipjaws V、豪華なヒートシンクで高価なTrident Z Royal(Elite)がリリースされています。Ripjaws Vは安価な反面、メモリヒートシンクがメモリ電圧の昇圧を伴うOCメモリとしては心もとない感じですが、Trident Z Royal(Elite)になるとヒートシンクは重厚ですが価格的が高く、デザイン面でもキラキラ感が強く、組み合わせる環境を選びます。
その点、G.Skill Trident Z NeoはツートンカラーのスマートなデザインとアドレッサブルLEDイルミネーションの華やかさとがちょうどいい塩梅でミドルクラスからハイエンドまで様々な環境にマッチします。迷ったらコレ、とオススメなOCメモリです。
G.Skill_DDR4_2021


以上、「G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN」のレビューでした。
G.Skill Trident Z Neo F4-3600C16Q-64GTZN


記事が参考になったと思ったら、ツイートの共有(リツイートやいいね)をお願いします。







関連記事

【できる!メモリOC】 OCメモリの選び方から設定まで完全解説
【できる!メモリOC】 OCメモリの選び方から設定まで完全解説

「Team T-FORCE Xtreem ARGB DDR4」をレビュー
Team T-FORCE Xtreem ARGB DDR4

「Crucial Ballistix」をレビュー。8枚256GBで3600MHz/CL16が安定動作!
Crucial Ballistix DDR4 BL2K32G36C16U4B

「Corsair Dominator Platinum RGB」をレビュー
Corsair Dominator Platinum RGB

「G.Skill Trident Z Royal」をレビュー
「G.Skill Trident Z Royal F4-3200C16D-16GTRS」をレビュー

1枚32GBのSamsung製DDR4メモリをレビュー。4枚で128GB!!
Samsung M378A4G43MB1-CTD

「Corsair VENGEANCE RGB PRO」をレビュー
Corsair VENGEANCE RGB PRO

「G.Skill Trident Z RGB F4-3200C14Q-32GTZRX」をレビュー
G.Skill Trident Z RGB F4-3200C14Q-32GTZRX

「G.Skill Flare X F4-3200C14Q-32GFX」をレビュー
G.Skill Flare X F4-3200C14Q-32GFX

「G.Skill Trident Z F4-4200C19Q2-64GTZKK」をレビュー

G.Skill Trident Z F4-4200C19Q2-64GTZKK

「Corsair Dominator Platinum Airflow RGB」をレビュー
Corsair Dominator Platinum Airflow RGB




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク