Tales of ARISE PC ModTales of ARISE(テイルズ オブ アライズ) PC版で、カットシーンのFPSアンロックやウルトラワイド解像度に対応が可能なMODが公開されたので使い方を紹介します。FOVの変更もできるようです。



スポンサードリンク




「Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ)」のPC版は、複数解像度や120FPS+に対応していますが、カットシーンが60FPS上限だったり、ウルトラワイド解像度では左右に黒帯が出て実質16:9のままだったりします。

Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ) PC版で使用できる、有志が作成したカットシーンのFPSアンロックやウルトラワイド解像度に対応するMODが公開されたので使い方を紹介します。

MOD配布ページ:https://github.com/KingKrouch/AriseFix/releases/
Steamフォーラム:https://steamcommunity.com/app/740130/discussions/0/3042733612659222797/

上記のMOD配布ページからMODファイルをダウンロードして解凍します。中身はこんな感じになっているはずです。
Tales of ARISE PC Mod_1
解凍したファイルとフォルダをそのままTales of ARISEのインストールフォルダにある「Arise/Binaries/Win64」の中にコピーします。
Tales of ARISE PC Mod_2
コピーしたらPluginのフォルダの中にある「Cingfig.ini」をメモ帳などで開きます。
Tales of ARISE PC Mod_3
[AspectRatio]の項目は21:9などウルトラワイド解像度の場合はfalseのままでOKです。4:3など16:9よりも縦が大きくなる場合にTrueにします。
[FieldOfView]についてはMODのver1.0.2で現在検証していますが、管理人の環境では上手く動作しなかったので、よくわかりません。
[Experimental]はカットシーンのFPSアンロックに関する項目です。forceFPSCapはTrueのままでいいので、maxFPSで最大FPSを指定します。可変リフレッシュレート同期機能を使っている場合は最大リフレッシュレートを指定すればOKです。
Tales of ARISE PC Mod_4

以上のように導入&設定すると、Tales of ARISE PC版でカットシーンのFPSアンロックや、ウルトラワイド解像度への対応が可能になります。
Tales of Arise_2021_09_12_05_25_02_558
Tales of Arise_2021_09_12_04_42_21_850
なおウルトラワイド解像度については一部で影などグラフィックが正常に描画されなかったりするようです。まだ開発途中のようなのでフォーラムを読みながら気長に待ちましょう。
Tales of Arise_2021_09_12_04_43_13_883
Tales of Arise_2021_09_12_04_42_08_961



追加その1、遠くにいるNPCの描画MOD(Arise-SDK)。 導入方法は上のMODと同じ場所にコピペするだけ。

バージョン0.1.4ではゲーム起動時のロゴやオートセーブのダイヤログをスキップしてくれるので便利。
NPCの描画距離MOD(Arise-SDK)の
バージョン0.1.6以降に追加されている「StopMaxCSMResolutionOverwrite」を有効(true)にして、後述のUE4設定の変更を行うと、標準の影品質のまま描画距離を伸ばせます。

MOD ON
Tales of Arise_2021_09_12_16_01_15_327
MOD OFF
Tales of Arise_2021_09_12_16_02_08_978

追加その2、影など遠景の描画距離を伸ばす追加設定。近づくにつれてヌルっと現れる影の描画が、最初から表示されるようになります。

各ユーザーフォルダの隠しファイルになっているAppDataを開き、「BANDAI NAMCO Entertainment\Tales of Arise\Config\WindowsNoEditor」にアクセスし、Engine.iniというファイルをメモ帳で開きます。末尾に下記の内容をコピペして保存したら完了です。
[SystemSettings]

; LODの増加
r.StaticMeshLODDistanceScale=0.1
foliage.LODDistanceScale=10

; 影の描画距離と品質
r.Shadow.DistanceScale=2
r.Shadow.MaxCSMResolution=8192

; 遠距離オブジェクトの描画 Default=1.0
r.ViewDistanceScale=3

; 地面の草の密度の増加 Default=1.0
grass.DensityScale=2
上記の設定だけだと描画距離は伸びても影の品質が下がるのですが、先に紹介したNPCの描画距離MOD(Arise-SDK)のバージョン0.1.6以降に追加されている「StopMaxCSMResolutionOverwrite」を有効(true)にすると、標準の影品質のまま描画距離を伸ばせます。ただしグラフィック負荷が結構大きくなるようなので注意。

MOD ON
Tales of Arise_2021_09_12_06_14_55_025
MOD OFF
Tales of Arise_2021_09_12_06_16_25_516



MODの導入によって画質は向上しますがFPSへの影響も大きいので、Tales of ARISE PC版のためにグラフィックボードやBTO PCの購入を検討しているなら、こちらのGPU別ベンチマーク比較記事を参考にしてみてください。




記事が参考になったと思ったら、ツイートの共有(リツイートやいいね)をお願いします。






 ・RTX 3080 販売ページ:   
 <Amazon><PCアーク><パソコン工房><PC4U
 <TSUKUMO><ドスパラ><ソフマップ><ビックカメラ





関連記事

GeForce RTX 30シリーズのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 30

Radeon RX 6000シリーズのレビュー記事一覧へ
Radeon RX 6000 Series

おすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
グラフィックボードのレビュー記事一覧へ

おすすめグラボまとめ

予算と性能で選ぶオススメのゲーミングモニタを解説
PCモニタ・ディスプレイのレビュー記事一覧へ

予算と性能で選ぶオススメのゲーミングモニタを徹底解説

RTX 3060 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3060 Ti BTO

RTX 3070搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 3070 BTO

RTX 3070 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3070 Ti BTO

RX 6700 XT搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
Radeon RX 6700 XT BTO

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3080_BTO PC

RTX 3080 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 3080 Ti BTO

RTX 3090搭載のおすすめBTO PCを徹底比較! 【TITAN RTX更新に最適】
GeForce RTX 3090_BTO PC

RX 6800 XT/RX 6900 XT搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RX 6800 XT BTO

おすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南も
おすすめゲーミングPCまとめ

【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボのまとめ
【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボのまとめ



(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク