index


スポンサードリンク




AMDの新GPU RX 480でマザーボードのPCI端子からの消費電力が規格設定値よりも大きい問題について昨夜公開された最新ドライバの「Crimson 16.7.1」で修正されたようです。

最新ドライバCrimson 16.7.1はこちらからダウンロードできます。滅多なことではマザボが逝くとは思えませんが多少の性能向上も含むようなので念のためアップデートを推奨します。
http://support.amd.com/ja-jp/download

測定方法はかなり面倒なので一般ユーザーの検証は難しいと思います。管理人も無理。
powertestingrx480-phases
ソース1:http://www.pcper.com/reviews/Graphics-Cards/AMD-Radeon-RX-480-Power-Consumption-Concerns-Fixed-1671-Driver
英語まとめ記事:http://videocardz.com/62009/amd-releases-radeon-software-crimson-16-7-1-drivers-fixing-power-distribution


「Crimson 16.7.1」ではドライバのデフォルト状態でも消費電力問題は解消されていますが、さらに消費電力を下げて安定化させる「compatibility mode」も追加されています。
ソース1では消費電力が次のように改善されたと報告されています。PCI端子からの消費電力は減っていますが補助電源端子からの消費電力は増えています。合計値について多少減っているようです。
1467938019
1467938001

各種ゲームでのパフォーマンスも多少改善されたとも報告されています。
1467938045

こちらのソース2でもRX 480の消費電力問題の改善が検証&報告されているので、この問題について解決とみていいと思います。ただどちらにせよ補助電源6PINの限界まで電力消費があるのはちょっと残念。
21-Overview-Wattage
ソース2:http://www.tomshardware.de/amd-radeon-rx-480-polaris-grafikkarte-treiber,testberichte-242146.html

Guru3Dのレビューでは3DMarkのベンチスコア以外の伸びは微妙でした、AMDも公称3%の性能向上と言っているので比較的誤差程度の伸びなのかもしれません。
untitled-5
 (一部抜粋)
untitled-1






(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク