DSC05894


スポンサードリンク




国内では「MSI R9 390X GAMING 8G」の購入で進呈されるキャンペーンのみで配布されたグラボ用の突っ張り棒「MSI Gaming Series Graphics Card Bolster」が米尼で販売されていたので、管理人も1つポチってみたところ着弾しました。簡単にレビューしようと思います。
日本への送料込みで4200円で購入できました。最速の発送方法を選択したので、一番遅い発送方法であれば3000円くらいで個人輸入できると思います。
1469095648
管理人がGTX 1080 STRIX買った時よりもドル円レートが5円も上がっていてちょっと戦慄しますね。安い時にグラボが出荷されて良かった。今現在の実質レートは108~110円くらいになると思います。

「MSI Graphics Card Bolster」の詳細な仕様は次のようになっています。
20160115_msi_23

つっかえ棒については薄い金属製の棒の中にバネが入っているだけの百金とかで物干し竿用に売っている安っぽいものをイメージしていたのですが、実物では「MSI Graphics Card Bolster」の支柱はしっかりした頑丈な金属製で、スプリングはバネではなく(たぶん)ガススプリングになっていました。
DSC05891
これで本体価格が20ドル以下というのはかなりお得感がありますね。

長さは最大で680mmまで伸びるのでほぼ全てのフルタワーケースにも余裕で対応できると思います。
DSC05893

棒には「MSI GAMING SERIES」と書かれています。
DSC05892

つっかえ棒の足部分は硬めのラバー製になっており、滑り止め&PCケース内側の傷予防にもなっています。
DSC05888

グラボを支えるパーツは3つ同梱されていました。NVIDIAグラボではPascalからは2waySLIが上限なので1個余りますがまあスペアと考えればいいと思います。
DSC05889

こちらも先端部分が滑り止めラバーが付いていました。
DSC05890
冒頭写真のようにメイン機を水冷化していて下にポンプとか置いているので見栄えのいい写真が撮れなかったのですが、ちゃんと使うとこんな感じになるようです。
e0c842dd-s


本体価格20ドル程度の商品とは思えないほどしっかりした作りになっているので、重量級グラボ用の突っ張り棒をお探しなら「MSI Graphics Card Bolster」はおすすめです。






(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク