Xit Brick


スポンサードリンク




PCのながら作業に最適なピクセラ製USB接続外付け機器型TVチューナー最新モデル「Xit Brick サイト ブリック(型番:XIT-BRK100W)」に、旧モデルPIX-DT295Wから買い替えたので、ミニレビューがてら簡単に紹介します。
DSC00936_DxO

製品公式ページ:http://www.pixela.co.jp/products/xit/brk100w/

screenshot.1532324966

ピクセラ Xit Brick USB接続テレビチューナー Windows/Mac対応
ピクセラ
Amazon.co.jpで詳細情報を見る



まずはパッケージですが、前モデルPIX-DT295Wがオレンジ色ベースにテキストでゴチャゴチャとアピールしているのに対して、「Xit Brick」はブラック背景に製品サンプルイメージと製品テキストロゴがメインなシンプルでクールなパッケージに変わっています。
DSC00937_DxO
内容品は「Xit Brick」本体に加えて、簡易マニュアル、B-CASカード、USBケーブルとなっており、前モデルPIX-DT295Wとほぼ同じです。
DSC00938_DxO
「Xit Brick」は天面がプラスチック製ですがラメ入りなメタリックブルーでクールな印象です。
DSC00939_DxO
上側にはPCと接続するMiniUSB端子とTVアンテナ端子があります。
DSC00943_DxO
背面にはB-CASカードを挿入するスロットがあります。
DSC00946_DxO
天面のデザインを除くと「Xit Brick」は前モデルPIX-DT295Wとほぼ同じ外形&構造でした。
DSC00940_DxODSC00941_DxO


PIX-DT295W&StationTVが正常に動いていた環境ですが、新視聴ソフトXitも今のところ特に問題なく動作しています。StationTVと比べると若干動作が軽くなってキビキビとしたレスポンスになった気がします。オーバーレイで表示される各種アイコンも直感的にわかりやすくなりました。
Xit (2)
StationTVでは番組表や録画番組一覧などが視聴画面からの画面切り替えでしたが、Xitでは視聴画面とは別ウィンドウになったので録画予約などがしやすくなりました。
Xit (3)
なおStationTVユーザーが更新する場合は、ソフトウェアインストール後に設定の初期化をしないと、以前の設定を読み込んで上手く動作しない可能性があります。

Xit (4)

基本的な仕様は旧モデルPIX-DT295Wとほぼ同じですが、新視聴ソフトXitは若干軽く、かつ操作性が良くなっているので、ながら作業のお供に「Xit Brick」はおすすめです。

ピクセラ Xit Brick USB接続テレビチューナー Windows/Mac対応
ピクセラ
Amazon.co.jpで詳細情報を見る




関連記事

PS4 Pro&PC HDRのベストパートナー「LG 32UD99-W」をレビュー
LG 32UD99-W

6万円で買えるHDR対応31.5インチ4K液晶モニタ「BenQ EW3270U」をレビュー
BenQ EW3270U

「Xbox One X Project Scorpio Edition」を開封レビュー
Xbox One X Project Scorpio Edition

PS4 ProをHDDからSSDに換装して速度比較。換装の手順も紹介
AVerMedia Live Gamer 4K review_01630

4K/HDRや240FPSのパススルー対応「AVerMedia Live Gamer Ultra」をレビュー
AVerMedia Live Gamer ULTRA




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク