ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ


スポンサードリンク




国内最大手かつ大人気のMMO RPG「ファイナルファンタジーXIV」向け大型アップデートとして11月23日に発売が予定されている「FFXIV: 暁月のフィナーレ」の新型ベンチマークソフトを使用し、「FFXIV: 暁月のフィナーレ」を快適にプレイ可能なグラフィックボードやCPUなどのPCスペックを紹介します。
「FFXIV: 暁月のフィナーレ」のCPU/グラフィックボード別ベンチマークや推奨動作環境をチェックしつつ、NVIDIA GeForce RTX 30シリーズやAMD Radeon RX 6000シリーズなど今後の新発売ゲームにも幅広く対応できそうな最新GPUに的を絞って、「ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ PC版」が快適にプレイ可能なおすすめグラフィックボードやCPUなどを紹介していこうと思います。


製品公式ページ:https://jp.finalfantasyxiv.com/endwalker
公式ベンチマーク:https://jp.finalfantasyxiv.com/benchmark






グラフィックボードやゲーム用BTO PCの一般的な選び方についてはこちらの記事でも紹介しています。
おすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
おすすめグラボまとめ

おすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南も
おすすめゲーミングPCまとめ



FFXIV: 暁月のフィナーレ 推奨動作環境について

FFXIV: 暁月のフィナーレの推奨動作環境が公開されています。
FFXIV: 暁月のフィナーレ 推奨動作環境

必要動作環境
1280x720解像度・DirectX11
推奨動作環境
フルHD解像度・DirectX11
CPU Intel Core i5 2.4GHz
もしくはそれ以上
Intel Core i7 3GHz
もしくはそれ以上
GPU NVIDIA GeForce GTX 750
AMD Radeon R7 260X
もしくはそれ以上
NVIDIA GeForce GTX 970
AMD Radeon RX 480
もしくはそれ以上
VRAM 2GB以上 4GB以上
RAM 4GB 8GB
ストレージ 80GB以上
Windows
Version
Windows 8.1/10 64bit , DirectX11

ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ PC版をフルHDでプレイする場合の推奨グラフィックボードはGeForce GTX 970やRadeon RX 480となっているので、2021年現在の現行最新GPUにおいてはGeForce GTX 1660やRadeon RX 5500 XTが該当します。

ただし、2020年末に発売された最新コンソールゲーム機についてはPlayStation 5がGeForce RTX 3060と同じくらい、Xbox Series XがGeForce RTX 3070よりもやや遅いくらいの性能です。(GPUスペックから想定したざっくり評価ですが)
マウス&キーボード操作との相性などPCゲーミングならではの魅力はありますが、すでにPlayStation 5の時点でグラフィック性能はRTX 3060程度まで達しているので、2021年にPCゲーミング用途でグラフィックボードを新調するのであればGeForce RTX 3060 TiやRadeon RX 6700 XTよりも高速な製品を選択するのがオススメです。
PS5_Xbox-SX



CPUについては推奨動作環境ではCore i5やCore i7とだけ書かれており、世代(コアスレッド数が変わる)が不明なのですが、漆黒のヴィランズの時から大きく変更はないようなので、必要動作環境は2コア4スレッド、推奨動作環境は4コア8スレッド/6コア6スレッドを指しているものと思われます。
FFXIV 暁月のフィナーレを快適にプレイできる2021年最新CPUとしては6コア12スレッドのIntel Core i5 11400(F)やAMD Ryzen 5 3600で十分です。
CPU_Gaming_60FPS
参考までに漆黒のヴィランズ ベンチマークのCPU比較データが下のようになっています。
CPUコアクロックを3.8GHz、メモリ周波数を2666MHzに固定して、2コア4スレッドから8コア16スレッドまでのIntel第9世代CPUについて比較しました。GPUはGeForce RTX 2080 Tiで統一し、フルHD解像度/最高品質でFFXIV: 漆黒のヴィランズのベンチマーク測定を行い、ベンチマーク中のフレームレートを昇順に並べ替えたうち100FPS以下で抜粋したものが次のグラフになっています。最小FPSは1パーセンタイル値です。
2コア4スレッドや4コア4スレッドではCPUボトルネックによってフレームレートが60FPSを下回る可能性が高いので、4コア8スレッドか6コア6スレッド以上のCPUが推奨されます。
FFXIV_SB_CPU-CT



FFXIV: 暁月のフィナーレ グラボ別ベンチマーク比較

ファイナルファンタジーXIV (FFXIV) 暁月のフィナーレ PC版のグラフィックボード別ベンチマークの結果をチェックしていきます。

可能な限り純粋にGPU性能を確認するためCPU性能がボトルネックになることがないように、検証システムはIntel Core i9 11900Kの全コア5.2GHz、メモリ周波数4000MHzに統一しました。
グラフィック設定として「フルHD・最高品質」「WQHD・最高品質」「4K・最高品質」の3種類についてベンチマークを実行しています。
ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ


まずはFFXIV 暁月のフィナーレ ベンチマークの総合スコア比較です。
FFXIV 暁月のフィナーレからベンチマークスコアに対する評価が変わり、スコア8000以上で”快適”,15000以上で”非常に快適”と水準が引き上げられています。
参考までに『総合スコア = 平均FPSの1.5×100倍』くらいなので、スコアが9000を超えていればベンチマーク中の平均FPSは60FPS以上です。また暁月のフィナーレと漆黒のヴィランズのベンチマークスコアは同じGPUであれば似たような数値になります。
FFXIV-Endwalker-BenchmarkHD_Score
AMDとNVIDIAで一般的に競合製品と位置付けられるGPUを比較した時に、FFXIV 暁月のフィナーレにおいてAMD製GPUは1ランク下のNVIDIA製GPUと同程度の性能になってしまうので、遊べなくはないですが、コストパフォーマンスは悪くなります。FFXIVをメインに遊ぶということであればNVIDIA製GPUを選択するのが無難です。
FFXIV 暁月のフィナーレ ベンチマークスコア比較

フルHD
最高品質
WQHD
最高品質
4K
最高品質
RTX 2060 19782
12688
6174
RX 5700
20502
13697
6608
RTX 2060 SUPER
21549
14465
7047
RTX 3060 21902
14909
7199
RX 5700 XT
21569
14938
7255
RTX 2070 SUPER 23528
17023
8361
RX 6700 XT 24010
18754
9060
RTX 2080 SUPER 24844
19020
9589
RTX 3060 Ti
25254
19434
9785
RTX 3070
26305
21144
11071
RX 6800
26103
21953
11599
RTX 2080 Ti 26625
21647
11625
RTX 3070 Ti
27663
22770
12612
RX 6800 XT 27542
23253
13555
RTX 3080 29271
24242
14520
RTX 3080 Ti 30277
25609
16350
RX 6900 XT -
-
-
RTX 3090 -
-
-

FFXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマークの平均FPSのグラフィックボード別比較は次のようになっています。
FFXIV: 暁月のフィナーレのベンチマークでは最小FPSも測定結果としてレポートに表示されますが、大きく落ち込むシーン(負荷が大きいシーン)はどうしてもあるので、最小FPSはあまり気にせずに、平均FPSが60FPSを超えている、可能であれば80~90FPSに達していれば快適にプレイできると考えて大丈夫だと思います。
FFXIV 暁月のフィナーレ  平均FPS/最小FPS比較

フルHD
最高品質
WQHD
最高品質
4K
最高品質
RTX 2060 133.9FPS / 83FPS 60.0FPS / 55FPS 42.0FPS / 24FPS
RX 5700
140.3FPS / 74FPS 93.3FPS / 57FPS 45.2FPS / 25FPS
RTX 2060 SUPER
146.6FPS / 88FPS 97.6FPS / 55FPS 48.0FPS / 26FPS
RTX 3060 149.5FPS / 87FPS 100.5FPS / 56FPS 49.0FPS / 28FPS
RX 5700 XT
148.1FPS / 74FPS 101.3FPS / 64FPS 49.7FPS / 29FPS
RTX 2070 SUPER 161.7FPS / 87FPS 114.4FPS / 75FPS 56.8FPS / 35FPS
RX 6700 XT 167.7FPS / 73FPS 126.8FPS / 75FPS 61.9FPS / 40FPS
RTX 2080 SUPER 172.4FPS / 88FPS 127.9FPS / 86FPS 65.0FPS / 44FPS
RTX 3060 Ti
176.0FPS / 87FPS 131.3FPS / 84FPS 66.6FPS / 42FPS
RTX 3070
184.9FPS / 86FPS 143.2FPS / 89FPS 75.2FPS / 45FPS
RX 6800
185.9FPS / 73FPS 150.1FPS / 72FPS 78.9FPS / 47FPS
RTX 2080 Ti 188.0FPS / 86FPS 146.7FPS / 88FPS 78.6FPS / 48FPS
RTX 3070 Ti
196.6FPS / 86FPS 155.6FPS / 87FPS 85.4FPS / 51FPS
RX 6800 XT 198.4FPS / 72FPS 161.1FPS / 71FPS 92.0FPS / 60FPS
RTX 3080 209.6FPS / 86FPS 167.3FPS / 88FPS 97.6FPS / 56FPS
RTX 3080 Ti 217.9FPS / 85FPS 178.4FPS / 87FPS 109.5FPS / 63FPS
RX 6900 XT FPS / FPS FPS / FPS FPS / FPS
RTX 3090 FPS / FPS FPS / FPS FPS / FPS

上の表を見ての通り、2021年最新世代のGPUに関しては、GeForce RTX 30シリーズで今のところ一番下のRTX 3060でもフルHDやWQHDまでなら平均100FPS超をマークできます。またRadeon RX 6000シリーズで今のところ一番下のRX 6700 XTについては4Kでも”快適”評価のスコア9000、平均FPSは60FPSをマークしています。

FFXIV 暁月のフィナーレもフルHD/WQHD解像度であれば、前世代のGeForce RTX 2060以上、Radeon RX 5600 XT以上の環境なら特に更新する必要はありません。
4K解像度やUWQHD(3440×1440)のような超高解像度で快適にプレイしたいということであれば、予算と相談しながら、GeForce RTX 3070 TiかRadeon RX 6800と同等以上のグラフィックボードを選ぶのがオススメです。

なお推奨動作環境の説明でも書いたように、マウス&キーボード操作との相性などPCゲーミングならではの魅力はありますが、すでにPlayStation 5の時点でグラフィック性能はRTX 3060程度まで達しています。
GeForce RTX 3060 TiやRadeon RX 6700 XTよりも低性能なグラフィックボードを搭載したゲーミングPCを新調するくらいなら、PlayStation 5を買った方がコスパが高いと思います。
PS5_Xbox-SX



記事が参考になったと思ったら、ツイートの共有(リツイートやいいね)をお願いします。




FFXIV 暁月のフィナーレのフルHD/WQHDにおすすめなグラボ

FFXIV 暁月のフィナーレをフルHD解像度もしくはWQHD解像度で快適に遊ぶということなら、2021年最新ミドルハイクラスGPUである「NVIDIA GeForce RTX 3070」がオススメです。
GeForce RTX 3070は、WQHD/144FPS+だけでなく、フルHD/240FPSのスーパーハイフレームレートから4K/60FPSのラグジュアリーな超高画質など幅広いPCゲーマー層にマッチし、499ドルからという手ごろな価格も相まって新定番なミドルハイクラスGPUです。

GeForce RTX 3070の具体的な性能については、前世代同クラスとGeForce RTX 2070と比較して平均して40%以上、ベストケースでは50%以上の性能を発揮、さらに前世代最上位GeForce RTX 2080 Tiと比較しても15%近く低い消費電力で同等のグラフィック性能を実現しており、前世代から圧倒的な飛躍を遂げています。
GeForce RTX 3070_pefsum

GeForce RTX 30シリーズのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 30

RTX 3070との組み合わせに最適なWQHD/144HzのIPS液晶ゲーミングモニタは色々と販売されていますが、リモコン操作&USB Type-C対応でマルチメディアに最適な「BenQ EX2780Q」、OSDクロスヘアやMBRなどゲーミング機能が豊富な「ASUS TUF Gaming VG27AQ」、同スペック製品の中でも特に高発色・高応答速度な「LG 27GL850-B」は当サイトでもレビューを公開していてオススメなモデルです。
WQHD解像度/144Hz+ゲーミングモニタのレビュー記事一覧へ
WQHD_144Hz_IPS






 ・RTX 3070 販売ページ:   
 <Amazon><PCアーク><パソコン工房><PC4U
 <TSUKUMO><ソフマップ><ビックカメラ><ドスパラ

 ・RTX 3070 Ti 販売ページ:   
 <Amazon><PCアーク><パソコン工房><PC4U
 <TSUKUMO><ビックカメラ><ソフマップ><ドスパラ


AMDからはGeForce RTX 3080/3070の競合モデルとしてRadeon RX 6800 XT/RX 6800が発売されています。久しぶりにNVIDIAのハイエンド帯と真っ向から殴り合える性能を実現しているのですが、残念ながら2020年末現在、RTX 30シリーズよりもさらに品薄です。
Radeon RX 6000シリーズのレビュー記事一覧へ
Radeon RX 6000 Series

SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6800 OC
SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6800 OC
SAPPHIRE NITRO+ Radeon RX 6800 OC
SAPPHIRE
Amazon.co.jp で詳細情報を見る
TSUKUMO><PCショップアーク><PC4U
<パソコン工房><ソフマップ><ビックカメラ>

 ・RX 6800 XT / RX 6800 販売ページ:   
 <Amazon><PCアーク><パソコン工房><PC4U
 <TSUKUMO><ソフマップ><ビックカメラ><ドスパラ



FFXIV 暁月のフィナーレの4K/UWQHDにおすすめなグラボ

FFXIV 暁月のフィナーレを4K解像度やUWQHD(3440×1440)解像度、またそういった超高解像度において120FPS+のハイフレームレートで快適に遊ぶということなら、2021年最新ハイエンドGPUである「NVIDIA GeForce RTX 3080」がオススメです。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズのナンバリングモデルで上から2番目に位置する「GeForce RTX 3080」は、前世代同クラスとGeForce RTX 2080と比較して60%以上、前世代最上位GeForce RTX 2080 Tiと比較しても30%程度も上回るグラフィック性能を実現し、前世代から圧倒的な飛躍を遂げています。
鏡面や影の表現がよりリアルになる高画質レンダリング機能「Raytracing(レイトレーシング)」に対応し、4K/60FPS+のラグジュアリーな超高画質PCゲーミングや、フルHD/240FPSのスーパーハイフレームレートなPCゲーミングに最適なハイエンドGPUです。
2021年最新の超高画質なPCゲームですら素の最高画質設定で4K/60FPSをキープでき、高画質設定のまま4K/120FPSのハイフレームレートで快適なプレイも難しくなく、4Kゲーミングモンスターの登場といっても過言ではありません。
GeForce RTX 3080_4K-Gaming

GeForce RTX 30シリーズのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 30


4K解像度の60FPS~120FPSに対応可能なGeForce RTX 3080を使用するのであれば、4K/144Hzゲーミング液晶モニタの「LG 27GN950-B」や「Acer Predator XB323QK」、4K/120Hzに対応する有機ELの「LG OLED TV 48CXPJA」や「Alienware 55 AW5520QF」など4K解像度&ハイリフレッシュレートなディスプレイと組み合わせてラグジュアリーなゲーミング環境を構築したいところです。
4K/120Hz+対応ゲーミングモニタのレビュー記事一覧へ
4K_120Hz+_Gaming Monitor





 ・RTX 3080 販売ページ:   
 <Amazon><PCアーク><パソコン工房><PC4U
 <TSUKUMO><ドスパラ><ソフマップ><ビックカメラ

RTX 3080グラフィックボードの個人輸入については、ドル円レート次第では国内価格より安上がりになる可能性があります。また品質に定評のありグローバル3年保証(個人輸入でも!)なEVGA製グラフィックボードが購入できるメリットも大きいと思います。



AMDからはGeForce RTX 3080/3070の競合モデルとしてRadeon RX 6800 XT/RX 6800が発売されています。久しぶりにNVIDIAのハイエンド帯と真っ向から殴り合える性能を実現しているのですが、残念ながら2020年末現在、RTX 30シリーズよりもさらに品薄です。
Radeon RX 6000シリーズのレビュー記事一覧へ
Radeon RX 6000 Series





 ・RX 6800 XT / RX 6800 販売ページ:   
 <Amazon><PCアーク><パソコン工房><PC4U
 <TSUKUMO><ソフマップ><ビックカメラ><ドスパラ



関連記事

GeForce RTX 30シリーズのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 30

Radeon RX 6000シリーズのレビュー記事一覧へ
Radeon RX 6000 Series

おすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
グラフィックボードのレビュー記事一覧へ

おすすめグラボまとめ

予算と性能で選ぶオススメのゲーミングモニタを解説
PCモニタ・ディスプレイのレビュー記事一覧へ

予算と性能で選ぶオススメのゲーミングモニタを徹底解説

RTX 3060搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3060 BTO_top

RTX 3060 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3060 Ti BTO

RTX 3070搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 3070 BTO

RTX 3070 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3070 Ti BTO

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3080_BTO PC

RTX 3080 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 3080 Ti BTO

RX 6700 XT搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
Radeon RX 6700 XT BTO

RX 6800 XT/RX 6900 XT搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RX 6800 XT BTO

RTX 3090搭載のおすすめBTO PCを徹底比較! 【TITAN RTX更新に最適】
GeForce RTX 3090_BTO PC

おすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南も
おすすめゲーミングPCまとめ

【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボのまとめ
【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボのまとめ




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク