PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6


スポンサードリンク




Radeon RX 7700 XTグラフィックボードとしてPowerColorからリリースされた、リングブレードの3連ファン大型GPUクーラーを搭載し、ファクトリーOCも施されたゲーミングモデル「PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6(型番:RX7700XT 12G-L/OC)」をレビューしていきます。
待望のAMD製次世代アッパーミドルGPU「Radeon RX 7700 XT」が、
前世代で同ナンバリングのRadeon RX 6700 XTをどの程度上回り、また競合NVIDIAのGeForce RTX 4060 Tiと真っ向から戦えるのか、実ゲームベンチマークでグラフィック性能を徹底比較します。
DSC00730_DxO



代理店公式ページ:https://www.cfd.co.jp/biz/product/detail/rx7700xt-12gb-l-oc.html
製品公式ページ:https://www.powercolor.com/jp/product?id=1689752124





PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT レビュー目次


1.PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTの外観
2.PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTの分解


3.PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTの検証機材・GPU概要

4.PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTのゲーム性能

5.PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTの温度・消費電力・ファンノイズ

6.PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTのレビューまとめ



PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTの外観

早速、「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を開封していきます。
DSC00731_DxO
DSC00732_DxO
「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」はスポンジ製スペーサーの中央に、静電防止ビニール袋で包装されるというシンプルな形で梱包されていました。
DSC00734_DxO


「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のグラフィックボード本体を見ていきます。
DSC00740_DxO
「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のGPUクーラー外装はブラックカラーでフラットな形状のプラスチック製となっており、非常にシンプルなデザインです。
DSC00742_DxO
外装デザインはシンプルかつ、プラスチック製ですが、ラバー処理のようなサラッとした表面塗装になっており、ファン外周部のシルバーのツヤ感とのコントラストもあって安っぽさは感じません。
DSC00744_DxO
「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のグラフィックボード側面も基本的に装飾のないフラットな形状です。
DSC00743_DxO

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」の冷却ファンとバックプレート上のロゴにはLEDイルミネーションが内蔵されており、アイスブルーもしくは、アメジストパープルの2色の発行カラーで点灯させることができます。
DSC00767_DxO
DSC00768_DxO
DSC00769_DxO
DSC00773_DxO
DSC00774_DxO
発光カラーはグラフィックボード側面、PCIE補助電源付近に実装されて3段階スライドスイッチによって切り替えができ、消灯させることも可能です。
DSC00759_DxO

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」の全長は322mmです。アッパーミドルGPU搭載かつスタンダードゲーミングモデルながらTGP300W超のハイエンドグラフィックボード級の巨大サイズです。
DSC00747_DxO
DSC00748_DxO
DSC00763_DxO
「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」は全長も大きいですが、PCIEブラケットからはみ出す高さ方向も+25mmとかなり大きいので、PCケースサイドパネルとの干渉についても注意が必要です。
なおグラフィックボード基板自体はPCIEブラケットと同じ高さなので、PCIE補助電源コネクタや電源ケーブルの干渉については心配ありません。
DSC00749_DxO
DSC00750_DxO


ただ、アッパーミドル帯においては競合NVIDIAの最新GPUであるRTX 4070は全長220~240mmのモデルもあり(RTX 4060 Tiに至ってはMini-ITX対応モデルも)、PCIE補助電源も8PIN 1つだけで足りるのに対して、「AMD Radeon RX 7700 XT」はオリファンモデルの多くが全長280mm以上かつ3スロット占有で従来のハイエンドGPUなサイズ、PCIE補助電源も8PIN×2を要します。
AMDがターゲットとしているRTX 2070やRX 5700 XTといった旧世代のアッパーミドルからのアップグレードとなると、”換装の際にPCケースや電源ユニットといった既存環境から使いまわす部品との互換性”、という意味でRTX 4070やRTX 4060 Tiに比べて門が狭いというのが正直な感想です。
DSC00762_DxO
DSC00764_DxO
ハイエンド帯では、競合NVIDIAのGeForce RTX 4080は全長300mm超、4スロット占有モデルが大半なので(3スロットに収まるRTX 4070 Tiも300mm超がほとんど)、AMDはRadeon RX 7900 XT/XTXのリファレンスモデルのコンパクトさ、またPCIE補助電源として12VHPWRではなく従来規格の8PINを採用していて、アップグレードが容易であることをアピールしていましたが、より購買層の広いアッパーミドル帯で関係が逆転しているのは皮肉です。
AMD Radeon RX 7900_reference_cp-RTX4080

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」の3連ファンGPUクーラーには左右に100mm径ファンを2基、中央に90mm径ファンを1基で異なるサイズのファンを搭載しています。
冷却ファンの軸受けにはダブルボールベアリングが採用されており、一般的なファンと比較して2倍の長寿命を実現しているとのこと。
DSC00751_DxO
3基の冷却ファンにはファンノイズを抑えつつ高い静圧&風量を得ることが可能なバリアーリング搭載冷却ファンを採用しています。
DSC00752_DxO

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」はTGP200W超の発熱に対応するため、大型放熱フィンを採用したヒートシンクが搭載されており、PCIEスロットを3スロット占有します。
DSC00760_DxO
DSC00761_DxO
「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のGPUクーラーでは、VRAMチップとVRM電源はいずれもヒートシンク本体にサーマルパッド経由で直接接触しており理想的な冷却構造です。
DSC00753_DxO
PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6_hs (1)
PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6_hs (2)

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」はファクトリーOCも施されたモデルですが、補助電源数はRX 7700 XTのリファレンス仕様と同じくPCIE 8PIN×2です。
DSC00745_DxO

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のビデオ出力はRX 7700 XTのリファレンス仕様と同じくHDMI2.1×1、DisplayPort2.1×3の4基が実装されています。
DSC00736_DxO
Radeon RX 7000シリーズではビデオ出力を司るディスプレイエンジンも刷新され、2022年に入って大分普及してきたHDMI2.1に加えて、4K/480Hzや8K/165Hzに対応する次世代規格DisplayPort2.1をサポートしています。
AMD RDNA 3 Architecture_4_GCD_Display Engine

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」にはPowerColor Hellhoundのロゴが描かれた金属製バックプレートが装着されています。
基板の反りや破損を防止する保護プレートとしての役割を果たしますが、VRM電源回路やVRAMチップとの間にはサーマルパッドが貼られていないので冷却補助の機能はありません。
DSC00741_DxO
1kg超へと大型化(大重量化)していくGPUクーラーでも、GPUコアとクーラーベースコアが適切な圧力で密接するように、板バネ構造のリテンションバックプレートも「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」には採用されています。
バックプレート右端にはファン1基分のエアスリットが設けられており、ファンからヒートシンクを通って背面に直接風が抜けるフロースルー構造も採用されています。
DSC00755_DxO-horz

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」は複数のBIOSを搭載したデュアルBIOSに対応し、PCIEブラケットの手前部分にはBIOS切り替え用のスライドスイッチが設置されています。
「OCモード(標準設定)」と「Silentモード」の2つのモードを簡単に切り替えることができます。スライドスイッチを切り替えてPCを起動後、BIOSが変更されていない場合はOSを再起動すると切り替わります。
DSC00757_DxO

グラフィックボードの重量はAMD Radeon RX 7800 XT リファレンスモデルが1103g、AMD Radeon RX 6700 XT リファレンスモデルが885gに対して、「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」は1268gとなっています。
DSC00746_DxO-horz



PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTの分解

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を分解してGPUクーラーやグラフィックボード基板についてチェックしていきます。

なお今回は自己責任で(もしくはレビュー用サンプル貸出先の協力のもと特別に許可を頂いて)分解を行っています。GPUクーラーの取り外し(分解行為)は、一部を除く多くのメーカーではグラフィックボードの正規保証の対象外になる行為です。
今回はレビューのために分解していますが、繰り返しますが保証対象外になるので基本的には非推奨の行為なのでご注意下さい。



【暇があれば更新予定】



PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTの検証機材・GPU概要

外観やハードのチェックはこのあたりにして早速、「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を検証用の機材に組み込みました。テストベンチ機の構成は次のようになっています。
テストベンチ機の構成 (ゲーム性能検証)
OS Windows11 Home 64bit
CPU Intel Core i9 13900K
レビュー
CPUクーラー Fractal Design Celsius S36 (レビュー
Noctua NF-A12x25 PWM (レビュー
メインメモリ G.Skill Trident Z5 RGB
F5-7200J3445G16GX2-TZ5RK
DDR5 16GB*2=32GB (レビュー
7200MHz, 34-45-45-115
マザーボード
ASUS ROG MAXIMUS Z790 HERO
レビュー
システムストレージ
Samsung SSD 990 PRO 1TB (レビュー
ゲームストレージ
Samsung SSD 870 QVO 8TB (レビュー
電源ユニット Corsair HX1500i (レビュー
ベンチ板 STREACOM BC1 (レビュー


ベンチ機のシステムストレージには「Samsung SSD 990 PRO 1TB」を使用しています。
Samsung SSD 990 PROは、PCIE4.0対応SSDで最速クラスの性能を発揮し、なおかつ電力効率は前モデル980 PRO比で最大50%も向上しており、7GB/s超の高速アクセスでも低発熱なところも魅力な高性能SSDです。 これからPCIE4.0対応プラットフォームの自作PCを組むなら、システム/データ用ストレージとして非常にオススメな製品です。
「Samsung SSD 990 PRO 1TB」をレビュー。性能も電力効率もトップクラス!
Samsung SSD 990 PRO 1TB

検証機ではシステムメモリとして、Intel第13世代CPU向けメモリとしては4xメモリスロットのマザーボードでも動作可能な最速クラスの製品、メモリ周波数7200MHz/CL34の高メモリクロックかつ低レイテンシなメモリOCに対応した「G.Skill Trident Z5 RGB(型番:F5-7200J3445G16GX2-TZ5RK)」を使用しています。
G.Skill Trident Z5シリーズはIntel XMP3.0のOCプロファイルに対応した製品となっており、6000MHzの定番設定なモデルもあり、Intel第13世代CPUで高性能なPCを構築するお供としてオススメのOCメモリです。
ARGB LEDイルミネーションを搭載したバリエーションモデル G.Skill Trident Z5 Neo RGBもラインナップされています。
「G.Skill Trident Z5 RGB」をレビュー。XMPで7200MHz OCに対応!
G.Skill Trident Z5 RGB Black


DSC00766_DxO



PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTのGPU概要

PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTに搭載されているGPU「Radeon RX 7700 XT」のスペックについて簡単に確認しておきます。
Radeon RX 7700 XTのスペックは、コンピュートユニット数が54、シェーダー数が3456、コアクロックはゲームクロック2171MHz、最大ブーストクロック2544MHzです。

VRAMには従来よりも高速な18.0GbpsのGDDR6メモリを12GB容量搭載しています。メモリーバス幅は192bitなのでメモリ帯域は436GB/sです。またRDNA3アーキテクチャの特長でもある超高速キャッシュ 第2世代Infinity Cacheを48MB搭載し、有効メモリ帯域は1995GB/sであるとのこと。消費電力の指標となるTBP(Typical Board Power)は245Wです。
Radeon RX 7800 XT and 7700 XT_spec


「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のコアクロックはゲームクロック2276MHz、最大ブーストクロック2599MHzへファクトリーOCが施されています。
またGPU-ZからはRadeon RX 7000シリーズの電力制限値そのものは確認できないのですが、「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」において電力制限の基準値の調整可能幅は-6%~+12%でした。
PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6_GPU-Z
Radeon RX 7700 XTのグラフィックボード全体の消費電力の指標値であるTBP(NVIDIA仕様でいうTGPのこと)は245Wが定格仕様値であり、その通りならGPUコア単体の電力制限は200Wに設定されていますが、ファクトリーOCが施された「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」では203Wへと引き上げられていました。
また継続的な許容電力であるSustainedに加え、短期的な許容電力のShortというパラメータもあり、こちらは30W程度大きい156Wでした。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTX_PPT

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」は上記のOCモードに加えて、グラフィックボード上のハードウェアBIOSスイッチによって切り替えが可能なSilentモードがあります。
Silentモードではゲームクロック2226MHz、最大ブーストクロック2584MHzで、OCモードよりは若干弱くなりますが、やはりファクトリーOCが施されています。

コアクロックにはファクトリーOCが施されていますが、SilentモードではGPUコア単体の電力制限はRX 7700 XTのリファレンスモデルと同じ値である200Wに引き下げられています。
また「PowerColor Red Devil Radeon RX 6700 XT」のOCモードとSilentモードではGPUコアクロックや電力制限に加えて、ファン制御プロファイルも若干異なり、静音性重視のSilentモードではファン速度の下限値が引き下げられています。


GPUコアの増強、コアクロックの高速化といった3Dグラフィックス関連の強化に加えて、RDNA 3アーキテクチャではメディアエンジン、所謂、ハードウェアエンコーダー/デコーダーも刷新され、新たにAV1コーデックのエンコードに対応しています。
現在最も普及しているH.264、圧縮効率に優れた次世代規格として期待されているHEVCとAV1の3種類について全てハードウェアによるエンコードとデコードをサポートしています。
AMD RDNA 3 Architecture_5_GCD_Media Engine
AV1ハードウェアエンコーダーはAdobe Premiere Pro、FFmpeg、Handbrake、OBSなどがサポートし、8K解像度のエンコードで最大7倍も高速になるとのこと。
AMD RDNA 3 Architecture_5_GCD_Media Engine_AV1
ストリーミングへのアプローチはAV1コーデックそのものの優れた圧縮効率による高画質化だけでなく、独自の機械学習フィルターという形でも提供が予定されています。
機械学習によって作られたフィルターをエンコード前ビデオフレームに適用することで、テキストやUIといった低ビットレートで崩れやすい要素も視認性を保ったまま変換できるとのこと。
AMD Radeon RX 7000_AV1 Encoding
またRyzen 7000シリーズCPUのようにハードウェアエンコーダに対応したiGPUを搭載するCPUを組み合わせた時にCPUとGPUのエンコーダを同時に使用し、マルチストリーム化することで、エンコード作業を高速化させる機能 AMD SmartAccess Video(SAV)も提供が予定されています。
AMD SmartAccess Videoは、AMD Advanced Media Framework SDK(AMD AMF)に対応したソフトウェアで使用でき、OBS Studio、FFmpeg、Adobe Premiere Proが実装予定とのこと。
AMD SmartAccess Video


Radeon設定によるRX 7700 XTのチューニングについて

Radeon RX 7000シリーズでも、デスクトップ右クリックメニューからアクセスできるRadeon設定の「パフォーマンスタブ - チューニング」の順にアクセスすると、前世代同様にコアクロック・メモリクロックやファン制御に関する設定が表示されます。
チューニングを開くとまず、GPU動作プロファイルの選択が表示されます。
Radeon RX 7700 XT_Radeon-Setting_1

チューニングコントロールで「手動」を選択すると、大別してGPUコアクロック、VRAMコアクロック、ファン制御、電力制限の4種類の設定が表示されます。
Radeon RX 7700 XT_Radeon-Setting_2

GPUチューニングの横にあるスライドスイッチをON(赤色バー表示)に切り替えると最小周波数、最大周波数、GPUコア電圧(Voltage)の3種類の設定スライダーが表示されます。
高度な制御のスライドスイッチをONにすると設定値が%単位からMHzやmVといった実際の物理単位に変わります。「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」では最大周波数を5000MHzまで引き上げることが可能です。(安定動作するかどうかは別として)
Radeon VIIやRX 5000シリーズでは低電圧化耐性の指標になったもののRX 7000シリーズではどうなのかわかりませんが、とりあえず今回管理人が入手した個体については標準の最大周波数が2655MHz、GPUコア電圧が1150mVでした。
Radeon RX 7700 XT_Radeon-Setting_3_GPU-Clock

VRAMチューニングの横にあるスライドスイッチをON(赤色バー表示)に切り替えるとVRAM周波数(最大周波数)の設定スライダーが表示されます。
高度な制御のスライドスイッチをONにすると設定値が%単位からMHzの物理単位に変わります。「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」では定格の2250MHzから最大周波数を3000MHzまで引き上げることが可能です。
Radeon RX 7700 XT_Radeon-Setting_4_VRAM-Clock

電源チューニングの横にあるスライドスイッチをON(赤色バー表示)に切り替えると電力制限の設定スライダーが表示されます。
電力制限の設定は各GPUの標準GPUコア電力制限に対するパーセンテージのオフセットですが、「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」では220Wを基準にして最大で+12%まで電力制限の引き上げが可能です。
Radeon RX 7700 XT_Radeon-Setting_5_Power

ファンチューニングの横にあるスライドスイッチをON(赤色バー表示)に切り替えると、ゼロRPM(セミファンレス機能)の切り替えスイッチ、最大ファン速度の設定スライダーが表示されます。
Radeon RX 7700 XT_Radeon-Setting_6-1_Fan
また高度な制御のスライドスイッチをONにするとファン制御カーブの手動設定が表示されます。Radeon RX 7000シリーズにはGPU温度とジャンクション温度(複数あるGPUダイ上の温度センサーの最大値)の2種類の温度があり、ファン制御カーブはジャンクション温度を参照するようです。
温度とファン速度について5つの頂点を任意に指定してファン速度を制御できます。上述のセミファンレス機能との併用や、セミファンレス機能の無効化も可能です。
Radeon RX 7700 XT_Radeon-Setting_6-2_Fan



PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTのゲーム性能

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」の性能を測るべく各種ベンチマークを実行しました。性能比較には「GeForce RTX 4060 Ti」、「Radeon RX 7800 XT」、「GeForce RTX 4070」、「Radeon RX 6700 XT」、「GeForce RTX 3070」を使用しています。
(特定のモデルや型番を指名していない場合、各GPUメーカーのリファレンスモデルもしくはリファレンス仕様のオリファンモデルです)


「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードについて、3DMarkで現在主流なDirectX11のベンチマーク FireStrikeによる比較になります。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_bench_fs

FireStrike Extreme Ultra
RX 7700 XT
42380 20956 10574
RTX 4060 Ti
33480 15855 7161
RX 7800 XT
47810 24495 12183
RTX 4070
44350 21552 10137
RX 6700 XT
35231 17169 8427
RTX 3070
33213 16156 8176


「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードについて、3DMarkで最新タイトルでは採用が増えつつあるDirectX12ベンチマーク TimeSpy、およびレイトレーシング表現に対応したベンチマーク Port Royalによる性能比較となります。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_bench_ts-pr

TimeSpy Extreme Port Royal
RX 7700 XT
17137 7893 9085
RTX 4060 Ti 13254 6101 7956
RX 7800 XT
19022 8974 10244
RTX 4070
17870 8539 11186
RX 6700 XT
12690 5877 6482
RTX 3070
12946 6331 7929


続いて近年の最新PCゲームを実際に用いたベンチマーク比較になります。同一のグラフィック設定で同一のシーンについてフルHD(1920×1080)とWQHD(2560×1440)の2種類の解像度で平均FPSを比較しました。

最新タイトルでは専用ハードウェアによるレイトレーシング表現や、NVIDIA DLSS/AMD FSR/Intel XeSSといったAIを活用した超解像・倍速補間に対応したものも増えていますが、それらの機能は無効化し、ここでは従来のラスタライズ方式の3Dグラフィックス性能を比較しています。

ベンチマーク測定を行ったゲームタイトルは、『Assassin's Creed Valhara』、『Battlefield V』、『CONTROL』、『Cyberpunk 2077』、『DEATH STRANDING』、『Far Cry 6』、『FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE』、『Forza Horizon 5』、『God of War』、『Marvel's Guardians of the Galaxy』、『MONSTER HUNTER: WORLD』、『Shadow of the Tomb Raider』、『Tales of Arise』、『UNCHARTED: Legacy of Thieves Collection』、『Watch Dogs Legion』、以上の15タイトルです。
Game-Bench-2022_11


Assassin's Creed Valhara(最高設定プリセット)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_acv

Battlefield V(最高設定プリセット, DirectX12, レイトレーシング表現:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_bfv

CONTROL(高設定プリセット, DirectX12, レイトレーシング表現:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_cont

Cyberpunk 2077(ウルトラ設定プリセット, FSR:オフ, レイトレーシング表現:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_cyber

Cyberpunk 2077については大型追加DLC 仮初めの自由に対応したver2.02で検証しています。RX 4070/4060 TiやRX 6700 XTが軒並み大幅にスコアを落としているので、メモリバス幅がボトルネックになっているのではないかと思います。
一応、FSRをオフではなく、ウルトラ設定プリセットの標準の品質(Quality)に変更して試してみましたが、傾向はあまり変わりません。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_cyber_fsr


DEATH STRANDING(最高設定プリセット, TAA)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_deathST

Far Cry 6(最高設定プリセット, 高解像度テクスチャ:オフ, レイトレーシング表現:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_fc6

FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE(テクスチャ解像度:高設定、シャドウ解像度:高設定、キャラクター表示数:10)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
なお、FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADEは、標準では最大フレームレートが120FPSですが、アンリアルエンジン4のiniファイルによるカスタム設定を有効にするMODのFFVIIHookを使用して『フレームレート制限なし』、『可変レンダリング解像度:オフ』、『モーションブラー:オフ』の設定を適用しています。加えてNVIDIAコントロールパネルから垂直同期を無効化しています。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_ff7r

Forza Horizon 5(エクストリーム設定プリセット, モーションブラー:オフ, レイトレーシング表現:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_fh5

God of War(ウルトラ設定プリセット, モーションブラー:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_gow

Marvel's Guardians of the Galaxy(ウルトラ設定プリセット, レイトレーシング表現:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
なお、Marvel's Guardians of the Galaxyはゲームプレイ時の最大フレームレートは144FPSですが、ゲーム内ベンチマーク機能は144FPS以上で計測できるので、その結果を使用しています。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_guard

MONSTER HUNTER: WORLD(最高設定プリセット, DirectX12)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_mhw

Shadow of the Tomb Raider(最高画質設定プリセット, DirectX12, TAA, レイトレーシング表現:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_sottr

Tales of Arise(最高設定, モーションブラー:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
なお、Tales of Ariseは、標準ではPlayStation 5やXbox Series Xのコンソールゲーム機版よりもオブジェクトや影の遠景描画が省略されているので、アンリアルエンジン4のiniファイルによるカスタム設定を有効にするMODのArise-SDKを使用して高画質化する設定を適用しています。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_toa

UNCHARTED: Legacy of Thieves Collection(ウルトラ設定プリセット, モーションブラー:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_unc

Watch Dogs Legion(最大設定プリセット, DirectX12, レイトレーシング表現:オフ)に関する「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_game_wdl


AMD Radeon RX 7700 XTなど6種類のGPUについて実ゲーム性能の比率の平均を出してみたところ、AMD Radeon RX 7700 XTは、前世代アッパーミドルGPUであるRX 6700 XTを平均で20%以上、ベストケースでは30%以上も上回る性能を発揮しました。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_pefsum

上位モデルRX 7800 XTとRX 6800 XTの新旧同ナンバリング対決では買ったり負けたりで平均して5%程度上回るという感じでしたが、Radeon RX 7700 XTは前モデルRX 6700 XTをシンプルに上回る性能を発揮し、アーキテクチャ的に好適なゲームであれば30%以上の性能向上も期待できます。
Radeon RX 7700 XT_vs_RX6700XT_1080p
Radeon RX 7700 XT_vs_RX6700XT_1440p


もう1つ補足として、2023年最新世代においてRadeon RX 7700 XTと価格帯が近く、AMD公式にも競合製品として比較スライドが作成されている、NVIDIAの最新ミドルクラスGPU、GeForce RTX 4060 Tiとの比較です。
下はRadeon RX 7700 XTがパフォーマンスターゲットとするWQHD解像度における当サイトのベンチマーク比較の結果ですが、AMD公式スライド同様に平均的に15%程度上回る性能を発揮し、好適タイトルであれば25~30%上回るという感じです。
Radeon RX 7700 XT_vs_RTX4060Ti_1080p
GeForce RTX 4060 TiがパフォーマンスターゲットとするフルHD解像度でもやはりRadeon RX 7700 XTの方が高速です。
Radeon RX 7700 XT_vs_RTX4060Ti_1440p

比較に使用するゲームの抜粋次第なところもあるものの、当サイト的にはRadeon RX 7700 XTはGeForce RTX 4060 Tiよりも15%前後は高性能、という評価です。
ただ北米希望小売価格を見るとRadeon RX 7700 XTは449ドルから、GeForce RTX 4060 Tiは399ドルからで、RX 7700 XTのほうが高価なGPUなので、単純に価格が反映されただけ、とも言えるのですが。価格関連の話はまとめで。



ドライバレベルの中間フレーム生成機能 AMD Fluid Motion Framesについて

現行バージョンのFSR 2はフルHD~WQHDの低解像度レンダリング結果(各フレーム)を4Kなど高解像度へ1つ1つ高品質にアップスケールする機能ですが、2023年後半に中間フレーム生成(倍速補間)に対応した最新バージョン FSR 3が発表されました。
2023年9月にはまだ対応タイトルはFORSPOKENとアヴェウムの騎士団(Immortals of Aveum)の2つで少ないものの、競合NVIDIAのDLSS 3(FG)から少し遅れてAMDも中間フレーム生成に対応した形です。
AMD FSR 3_1




さらにAMDからはFSR 3として実装されていないゲームでもドライバレベルで動作する中間フレーム生成機能 AMD Fluid Motion Frames(AFMF)が発表されています。
FSR 3の中間フレーム生成機能がGPUメーカー問わず、NVIDIAやIntelのGPUでも利用できるのと違い、AFMFはRadeon RX 7000/6000シリーズなど比較的新しいAMD製GPUに限定される機能です。(ドライバレベルの機能なので当然と言えば当然ですが)
AMD Fluid Motion Frames (1)
9月末にはプレビュードライバという形ではあるものの、任意のDirectX 11/12のゲームで利用できる機能としてAFMFはすでに提供されています。
AMD Fluid Motion Frames
AMD Fluid Motion Frames_about


プレビュードライバでAMD Fluid Motion Frames(AFMF)を試した結果についてはRX 7800 XTのレビュー記事内で紹介しているので、こちらを参照してください。




PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTの温度・消費電力・ファンノイズ

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」の負荷時のGPU温度やファンノイズや消費電力についてチェックしていきます。

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のGPU温度とファンノイズの検証負荷としては約20分間に渡たり連続してGPUに100%近い負荷をかける3DMark TimeSpy(Extreme) Stress Testを使用しています。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_Stress_ts

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のテスト終盤におけるGPU温度はOCモードとSilentモードともに60度前後と非常に低い値に収まっています。
ファン速度もOCモードでは一時的に1000RPM程度まで上がりますが、その後は800RPM前後で波打つように推移します。Silentモードは700RPM前後に下がり、波打つ変動幅が小さくなります。これくらいファン速度が低ければ細かくファン速度が変動しても乱高下的にファンノイズが気になることはありません。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_temp_1
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_temp_HP

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」はアイドル時にファンが停止するセミファンレス機能に対応しており、GPUホットスポット温度60度前後が始動閾値、GPUホットスポット温度45度前後が停止閾値でヒステリシスも採用されています。製品によっては回転数が上下してふらつくことの多い始動や停止の直前も、閾値を上下した瞬間にピタッと切り替わります。


GPUコアクロックについて、「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」の負荷テスト中の実動平均は2513MHzでした。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_clock
【補足】
コアクロック比較グラフはAIBモデル別の優劣を決めるための比較ではなく、特定のGPUがだいたいどの程度のコアクロックで動作するのか確認するために掲載しています。

AMD、NVIDIAともに最新GPUでは実動コアクロックはGPUコア個体毎に異なる内部設定のV-Fカーブが最も支配的なファクターです。加えて負荷中のGPU温度も5~10度刻みでブーストクロックの制御に影響します。
そのため、ファクトリーOCが施されたオリファンモデルの公式仕様値として公表されているブーストクロックは各メーカー内におけるOC耐性選別という意味で1つの指標にはなると思いますが、実動コアクロックの優劣にはあまり当てになりません。
今回検証している個体Aが他社AIBと比較して実動コアクロックが低くても、市場製品の個体Bは高い、個体Cは同程度…のように、本当に御神籤状態です。


また実用条件に近い冷却性能の検証として、実際にPCケースへ「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を組み込み、1時間に渡って負荷をかけた時にGPU温度やファン回転数がどうなるかを確認してみました。
検証するGPUランクによって負荷を変えており、通常はTime Spy(Extreme) グラフィックテスト1、一部のウルトラハイエンドGPUにはPort Royal 4Kをループ再生させ、各GPUがMaxTGPに張り付く状態を検証しています。
DSC00772_DxO
検証機材のPCケースには「Cooler Master MASTERCASE MAKER 5t」を使用しています。
CPUクーラーは120サイズ簡易水冷でラジエーターを天面前方に設置、またPCケースのフロントに吸気ファンとして3基とリアに排気ファンとして1基の140mm角ケースファンをそれぞれ設置し、ファン回転数は1000RPMに固定しています。
GPU-CaseIn-Test_2021
PCケースのエアフローファンには空冷ヒートシンク、水冷ラジエーター、PCケースエアフローの全ての用途で一般的な140mmサイズファンを上回る性能を発揮する「Thermaltake TOUGHFAN 14」を使用しています。140mmサイズファン選びに迷ったらこれを買っておけば問題ない、高性能かつ高静音性なファンです。
「Thermaltake TOUGHFAN 14」をレビュー。最強140mmファンの登場か!?
Thermaltake TOUGHFAN 14

PCケースに入れた状態で長時間負荷をかけると、「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」(OCモード)のGPU温度は60度前後、ホットスポット温度は80度前後とベンチ板上で測定した時と大差ありません。ファン回転数は700~1000RPM程度で微増となっています。
ベンチ板測定時に比べるとファン速度は上昇していますが、十分過ぎるほどに低速なのでPCケースに入れた状態でファンノイズが煩く感じることはない、というかファンが動作しているか確認するのも難しいレベルです。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_Stress_IC

「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のGPUクーラーは内排気ファンということもありPCケースの吸排気を最適化しないと冷却効率が下がるので、フロントx3/リアx1で140mmファンを設置して1000RPMで回しています。実際にPCケースへ組み込むユーザーはPCケースの吸排気にも注意してみてください。

加えて1時間のストレステスト終盤にサーモグラフィカメラ搭載スマートフォン「CAT S62 PRO」を使用してゲーム負荷時のグラフィックボード上の各所の温度をチェックしました。


「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」は、バックプレート表面や、背面や側面の隙間から確認できるPCB基板上のVRM電源回路やPCIE補助電源コネクタの付近の温度がホットスポットの最大値でも60度前後に収まっていました。
PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6_FLIR (1)
PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6_FLIR (2)
PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6_FLIR (3)
PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6_FLIR (4)


PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTを含めていくつかのグラフィックボードについてサウンドレベルメーターを利用してゲーム負荷時のノイズレベルを測定・比較しました。
検証機材はベンチ台の上に平置きにしているので、サウンドレベルメーターをスタンドで垂直上方向に50cm程度離して騒音値を測定しています。
GPU-Noise-Test
この測定方法において電源OFF時の騒音値は30dB未満です。目安として騒音値が35dBを超えたあたりからファンノイズがはっきりと聞こえるようになりますが、35~38dB以下であればPCケースに入れてしまえばファンノイズが気になることはそうそうないと思います。40dB前後になるとベンチ台上で煩く感じ始め、45dBを超えるとヘッドホンをしていてもはっきり聞き取れるくらいになります。
A特性で測定しているのである程度は騒音値にも反映されていますが、同じ騒音値でも周波数(ファン回転数)が高いほど体感としては大きな音に感じやすく、また不快に感じたり感じなかったりは音の性質(細かい乱高下の有無や軸ブレ)にもよるので注意してください。

ノイズレベルの測定結果は次のようになっています。
「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」は、ベンチ板上とPCケース組み込み時でファン速度が1000RPM未満と非常に低速なので、ノイズレベルも31dB台に収まりました。
PCケースに組み込んでしまえばファンが動作しているかどうか聞き分けるのも難しいレベルの非常に優れた静音性を発揮しています。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_noise


PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XTの消費電力と瞬間的な最大電源負荷を測定しました。
グラフィックボードの消費電力測定には、当サイトの検証に使用するためワンオフで特注した測定ツール「GPU Power Tester」を使用しています。GPU Power TesterはPCIEスロット経由とPCIE補助電源の消費電力を直接に測定しているので、シンプルにグラフィックボードそのものの消費電力をしることができます。
消費電力の測定にあたって検証するGPUランクによって負荷を変えており、通常はTime Spy(Extreme) グラフィックテスト1、一部のウルトラハイエンドGPUにはPort Royal 4K(GPU名に*マークを併記)をループ再生させ、各GPUがMaxTGPに張り付く状態を検証しています。
テスト全体から1ms間隔でモニタリングを行い、平均値を”消費電力”、最大値を”瞬間的な最大電源負荷”とします。



「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」の消費電力は246W、最大瞬間負荷は290Wでした。「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のTGPはファクトリーOCによって260~270W相当に設定されていますが、十分に大きい3Dグラフィックス負荷でも電力制限のソースとなるGPU Core Powerは上限の220Wに張り付くことはなく、定格の200Wに対して平均206W程度でした。
Silentモードでは電力制限値が210Wに下がりますが、GPU Core Powerの実動値がそれ以下なので、OCモードと消費電力はほぼ同じです。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_power

OCモードもSilentモードも電力制限値まで余裕があるので、さらに大きい消費電力が発生する可能性も否定できませんが、せいぜい+10~20Wの発熱なので「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のGPUクーラーなら静音性を維持しつつ余裕で冷やせます。



PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT レビューまとめ

最後に「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。

良いところ
  • WQHD/ハイフレームレートに最適、FSR 3で4Kにも対応可能なGPU
  • ドライバレベルの中間フレーム生成機能 AFMFに対応 (2023年11月現在はプレビュー版)
  • RTX 4060 Tiと比較して平均で15%程度は高速、好適タイトルなら25~30%程度も
  • RX 6700 XTと比較して平均で20%程度は高速、好適タイトルなら30%以上も
  • 高圧縮かつ高画質な次世代コーデックAV1のハードウェアエンコードに対応
  • TGP250W前後をノイズレベル31dB台で冷やせる非常に高静音なGPUクーラー
  • デュアルBIOS対応、スライドスイッチでOCモードとSilentモードを切り替え可能
  • GPUクーラーのLEDイルミネーションは物理スイッチでON・OFF切り替え可能
悪いところor注意点
  • 全長320mm、3スロット占有でアッパーミドルGPU搭載グラボとしてはかなり巨大
  • レイトレーシング性能は競合のGeForce RTX 40よりも低い
  • RX 7700 XT 一般に価格が税込み7万円からと高価 (2023年9月現在)

Radeon RX 7700 XTは、前世代アッパーミドルGPUのRadeon RX 6700 XTと比較して平均で20%程度、ベストケースでは30%以上も上回る性能を実現しています。
主にWQHD/ハイフレームレートなPCゲーミングをターゲットにしたGPUですが、超解像技術 AMD FidelityFX Super Resolutionやその中間フレーム生成対応の最新バージョン FSR3を併用することで、4K解像度やAMD製GPUが相対的に弱いとされるレイトレーシング表現にも対応可能です。
PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT_pefsum

Radeon RX 7700 XTは公式スライドではRTX 4060 Tiが比較対象に挙がっていますが、国内では税込み7~8万円で販売されており、ラスタライズ性能も含めて、ちょうどRTX 4060 TiとRTX 4070の間に綺麗に収まった感じの位置づけです。
RTX 3070 Tiの登場まで価格・性能でピッタリとマッチアップできる製品がなかったRX 6800無印を思い出します。

GeForce RTX 40シリーズはAI中間フレーム生成機能 DLSS 3を使用できますが、対応タイトルは一部の最新メジャータイトルに限定されています。AMDからもすでにFSR 3も発表されているので、ゲーム埋め込み型の中間フレーム生成機能について今後登場する新規タイトルでは特別差はないと思います。またAV1ハードウェアエンコード対応は両者共通です。

RTX 4060 Tiよりも確実に高性能ではあるものの、2023年11月現在、国内の実売価格を見るとRTX 4060 Tiは5.7万円から購入できるので、7万円台前半からのRX 7700 XTをコスパが良い、もしくは価格相応のどちらで捉えるかは人に依ると思います。
コスパが悪いというわけでは決してないのですが、個人的には価格相応というのが率直な感想です。RTX 4060 TiやRTX 4070のコスパをそれほど評価していない当サイトでRX 7700 XTのコスパを誉めるのは一貫性がないだろうと。

とはいえ、RTX 4060 TiとRTX 4070で迷っている人に、VRAM容量12GBでWQHDや4Kの高解像度ゲーミングに対応できる選択肢をRTX 4070よりも1万円以上も安い価格で提供しているので、それをRX 7700 XTの魅力と感じる人もいると思います。
Radeon RX 7700 XT_vs_RTX4060Ti_1440p

もう1つ、Radeon RX 7700 XTのポジティブポイントを1つ提示するとしたら任意のDirectX 11/12のゲームで利用できる中間フレーム生成機能 AMD Fluid Motion Frames(AFMF)です。
今のところはまだプレビュー版という形での提供であり、試してみた感想(7800XTのレビュー内)でお伝えした通り粗も目立つ機能ですが、正式版として完成度が上がればGPU性能のゲームチェンジャーとしても期待できると思っています。(そうなればNVIDIAも後追いするかもですが)
AMD Fluid Motion Frames (1)

逆にRadeon RX 7700 XTをGeForce RTX 4060 TiやGeForce RTX 4070と比較した時、明確なネガティブポイントが1つあるとしたら、やはりグラフィックボードのサイズ(場合によっては消費電力も)だと思います。
RX 7700 XTは最小サイズのASRock製オリファンモデルですら全長262mmで3スロット占有となっており、全長が200mm前半や2スロットに収まるオリファンモデルも展開されているRTX 4070や、Mini-ITXサイズさえあるRTX 4060 Tiと比較すると、やはり既存環境からのアップグレードにおいて一歩劣るという評価は否めません。そもそもグラボがPCケースに収まるのか?でひと悶着ある製品です。

NVIDIAはGeForce RTX 40のハイエンドモデルで省電力性能をアピールするのに小型モデルがない、という良く分からないマーケティングを展開していましたが(一部メディアも乗っかるのでなおさらよく分からないことに)、AMDもRadeon RX 7700 XTではRTX 2070やRX 5700 XTなどアッパーミドルGPUからのアップグレードをターゲットとしながら、当時ハイエンド級のTGPで全長300mm前後の大型モデルばかりという、やはりズレたマーケティングです。
RTX 4090やRTX 4080、遡ればRTX 3090/3080で高TGPに比例して巨大なNVIDIA製GPU搭載グラボのサイズをディスっていたのは一体何だったのかと。
Radeon RX 7700 XT_upgrade-target


「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」については当サイトの測定環境においてノイズレベル31dB台という抜群の冷却性能と静音性を発揮しました。PCケースに組み込んでしまえば、GPUクーラーのファンノイズを聞き分けるのも難しいレベルの静かさです。
ただファン制御チューニングで無理やり低速にしているのではなく、800~1000RPM以下という非常に低いファン速度でも、グラフィックボード全体の温度が十分に低いので安心して運用できます。
アッパーミドルGPUにはオーバーキル感すらある全長322mmかつ3スロット占有で巨大なグラフィックボードですがPCケースに収まるなら買って間違いのないRX 7700 XTオリファンモデルです。


以上、「PowerColor Hellhound Radeon RX 7700 XT」のレビューでした。
PowerColor Hellhound AMD Radeon RX 7700 XT 12GB GDDR6



記事が参考になったと思ったら、Xポストの共有(リポストやいいね)をお願いします。







 ・RX 7700 XT 販売ページ:   
 <Amazon><PCアーク><PC4U><パソコン工房
 
TSUKUMO><ソフマップ><ジョーシン><ドスパラ






関連記事

Radeon RX 7000シリーズのレビュー記事一覧へ
AMD Radeon RX 7000 Series

GeForce RTX 40シリーズのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 40シリーズのレビュー記事一覧へ

GeForce RTX 30シリーズのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 30

Radeon RX 6000シリーズのレビュー記事一覧へ
Radeon RX 6000 Series

Intel Arc A770/A750のレビュー記事一覧へ
Intel Arc A770/A750のレビュー記事一覧へ

おすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
グラフィックボードのレビュー記事一覧へ

おすすめグラボまとめ

予算と性能で選ぶオススメのゲーミングモニタを解説
PCモニタ・ディスプレイのレビュー記事一覧へ

Monitor_Review_2022

RTX 4060搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 4060 BTO

RTX 4060 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 4060 Ti BTO

RTX 4070搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 4070 BTO

RTX 4070 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 4070 BTO

RTX 4080搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 4080 BTO

RTX 4090搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 4090_BTO PC_kv

RX 7900 XTX搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RX 7900 XTX BTO

おすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南も
おすすめゲーミングPCまとめ




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク