Samsung Odyssey Ark (1)4K/165Hzの55インチVA液晶を採用、Mini LEDバックライトによって最大輝度2000nit、1056ゾーンのローカルディミングに対応する大型ゲーミングモニタ「Samsung Odyssey Ark」が登場



スポンサードリンク




Samsungから4K解像度かつ165Hzリフレッシュレートの55インチVA液晶を採用し、Mini LEDバックライトによって最大輝度2000nits、1056ゾーンのローカルディミングに対応した大型ゲーミングモニタ「Samsung Odyssey Ark(型番:S55BG97, G97NB)」が登場しました。


「Samsung Odyssey Ark」は解像度が3840×2160の4K解像度、モニタサイズが55インチ、曲率1000Rで非常に強く湾曲した液晶モニタです。液晶パネルタイプはノングレア(非光沢)で、コントラストと視野角に優れたVA液晶パネルが採用されています。ディスプレイパネルには低反射コーティングも施されています。
またSamsung QLED+ Technology、所謂、Quantum Dot Technologyが採用されており、95% DCI-P3の広色域を実現しています。コントラスト比は1,000,000:1(バックライト部分制御時)、応答速度は1ms(GTG)です。

「Samsung Odyssey Ark」の付属モニタスタンドは55インチの大画面モニタながらピボットに対応しており、湾曲画面に包まれるようなランドスケープモードと、縦長のコックピットモードを切り替えられるところが大きな特徴です。
Samsung Odyssey Ark_Landscape-and-Cockpit

「Samsung Odyssey Ark」はHDR表示にも対応しており標準輝度は600nits(cd/m^2)、最大輝度は2000nits(cd/m^2)です。
「Samsung Odyssey Ark」はVESA DisplayHDRの認証を取得しておらず、最大輝度2000nitsでHDR表示が可能な”Quantum HDR 2000”という独自名称でアピールしています。
「Samsung Odyssey Ark」は、従来比で半分となる200~300マイクロメートルサイズのMini-LEDを大量に敷き詰めた直下型LEDバックライトが採用され、1056分割のローカルディミングに対応します。
Samsung Odyssey Ark_HDR

「Samsung Odyssey Ark」のリフレッシュレートは165Hzです。
165Hzの高リフレッシュレートによって応答速度が高速になるのでブレや残像がなくなってクッキリとした滑らかな表示です。60FPSでは識別の難しいゲーム内遠方で動くエネミーやオブジェクトの発見などが容易になるので、オンライン対戦FPSゲームなど競技性の高いPCゲームにおいて対戦相手よりも優位に立つことができます。
Samsung Odyssey Ark_165Hz

「Samsung Odyssey Ark」はゲーミングPCやコンソールゲーム機のPlayStation 5やXbox Series X/Sを組み合わせることで利用可能な可変リフレッシュレート同期機能「AMD FreeSync (VESA Adaptive-Sync、HDMI Variable Refresh Rate)」にも対応しています。
VRR同期機能によりティアリングがなくスタッタリングを抑えた快適で鮮明なゲーミング環境を実現できます。NVIDIA製GPUとの互換性を証明するG-Sync Compatible認証も取得については未定です。
Samsung Odyssey Ark_VRR

「Samsung Odyssey Ark」のIOポートはOCBOX(One Connect Box)と呼ばれる外付けハブに集約されています。OCBOXにはACアダプタも内蔵されています。One Connectという独自コネクタによってモニタとハブを接続します。
「Samsung Odyssey Ark」のビデオ入力はHDMI2.1×4の4系統です。PlayStation 5やXbox Series X/Sを接続すると4K/120Hz表示に対応します。
またUSBハブとしてPCと接続するアップストリーム端子1つに加えて周辺機器を接続するためのダウンストリームUSB2.0端子が2基搭載されています。
Samsung Odyssey Ark_OCBOX

「Samsung Odyssey Ark」には2.2.2チャンネルの60Wスピーカー(うち2基はサブウーファー)が標準搭載されています。サラウンド機能Dolby Atmosに対応し、45Hzの低音出力も可能です。
Samsung Odyssey Ark_speaker

「Samsung Odyssey Ark」にはOSDメニューを操作するためのリモートコントローラーや、Arc Dialと呼ばれる専用インターフェースも付属します。
Samsung Odyssey Ark_control

「Samsung Odyssey Ark」の寸法はモニタスタンド込みで幅1175mm x 高さ1102~1372mm x 奥行311mm(モニタ本体の奥行は252mm)となっています。
付属モニタスタンドの機能は『上下チルト:上10度から下10度、左右首振りスイーベル:非対応、昇降高さ調整:270mm、90度回転ピボット:対応』となっています。
モニタスタンドを含めた本体重量は41.5kg、モニタ単体重量は21.1kg前後です。200mm x 200mmのVESAマウントにも対応しており重量的にもモニタアームが使用可能です。


プレスリリース:https://news.samsung.com/global/samsung-electronics-takes-gaming-experiences-to-the-next-level-with-global-launch-of-odyssey-ark
製品公式ページ:https://displaysolutions.samsung.com/monitor/detail/2048/S55BG97
Samsung Odyssey Ark_kv
Samsung Odyssey Ark (1)
Samsung Odyssey Ark (2)
Samsung Odyssey Ark (3)
Samsung Odyssey Ark (4)
Samsung Odyssey Ark (5)
Samsung Odyssey Ark (6)











関連記事

予算と性能で選ぶオススメのゲーミングモニタを解説
PCモニタ・ディスプレイのレビュー記事一覧へ

Monitor_Review_2022

PS5にオススメなゲーミングモニタを解説。HDMI2.1搭載や120FPS対応も!
PS5にオススメなゲーミングモニタを解説

「SONY INZONE M9」をレビュー。96分割FALDに15万円の価値はあるか
SONY INZONE M9

「Samsung S95B」をレビュー。量子ドット有機ELの画質を徹底検証
Samsung S95B

「ASUS TUF Gaming VG28UQL1A」をレビュー
ASUS TUF Gaming VG28UQL1A

「LG 27GP950-B」をレビュー。HDMI2.1対応アップグレードモデルを徹底検証
LG 27GP950-B

「ASUS ROG Swift PG32UQ」をレビュー。量子ドットでプロ級の発色!
ASUS ROG Swift PG32UQ

「MSI Optix MPG321UR-QD」をレビュー。量子ドットでプロ級の発色
MSI Optix MPG321UR-QD

「ASUS ROG Swift 360Hz PG259QN」をレビュー
ASUS ROG Swift 360Hz PG259QN

次世代ゲーミング環境のベストパートナー「LG OLED48CXPJA」をレビュー
LG OLED48CXPJA

「Dell G3223Q」をレビュー。4K/144Hz/HDMI2.1が6万円台!!

Dell G3223Q

360Hz対応フルスペック版が6.6万円!? 「Alienware AW2521H」をレビュー
Alienware 25 AW2521H

「MSI Optix MEG381CQR Plus」をレビュー。175Hz OCでフルRGBに対応
MSI Optix MEG381CQR Plus

「BenQ MOBIUZ EX3415R」をレビュー。リモコン操作対応ウルトラワイド
BenQ MOBIUZ EX3415R

「Alienware AW3821DW」をレビュー。G-Sync Ultimateで究極の没入感
Alienware AW3821DW

2000nitsの圧倒的な高輝度表現!「Samsung Odyssey Neo G9」をレビュー
Samsung Odyssey Neo G9

「ZOWIE XL2746K」をレビュー。プロと同じモニタ&設定で勝利を目指す!
ZOWIE XL2746K

「MOBIUZ EX2510S」をレビュー。3万円で買えるPS5用ゲーミングモニタ
BenQ MOBIUZ EX2510S




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク