Alienware AW3225QF


スポンサードリンク




DELLのハイエンドゲーミングブランド Alienwareから発売された、有機ELパネルに量子ドット技術を組み合わせたQD-OLEDパネルを採用する、4K解像度かつ240Hzリフレッシュレートの32インチ湾曲ゲーミングモニタ「Alienware AW3225QF」をレビューします。


製品公式ページ:https://www.dell.com/ja-jp/shop/accessories/apd/210-axtm







Alienware AW3225QF レビュー目次


1.Alienware AW3225QFの概要
2.Alienware AW3225QFの開封・付属品
3.Alienware AW3225QFのモニタ本体


4.Alienware AW3225QFのOSD操作・設定

    ・有機ELパネルの焼き付き防止機能について
    ・PIP/PBP機能について
    ・AlienVisionとAlienFXについて

5.Alienware AW3225QFの発色・輝度・視野角
6.Alienware AW3225QFのリフレッシュレートについて
7.Alienware AW3225QFの応答速度・表示遅延


8.Alienware AW3225QFの可変リフレッシュレート同期について

9.ALIENWARE AW3225QFのHDR表示やCSゲーム機対応について
10.ALIENWARE AW3225QFのHDR性能やローカルディミングについて

    ・Dolby Visionについて

11.Alienware AW3225QFのレビューまとめ





*ファームウェア M2B102で検証


Alienware AW3225QFの概要

「Alienware AW3225QF」は解像度が3840×2160の4K解像度、画面サイズが32インチ(正確には31.6インチ)のモニタです。ディスプレイパネルは曲率1700で湾曲しています。
ディスプレイパネルには自発光素子の有機ELに、発色を向上させる量子ドット技術(Quantum Dot Technology)を組み合わせたSamsung製QD-OLEDパネルが採用されています。
「Alienware AW3225QF」は99% DCI-P3という非常に広い色域をカバーし、コントラスト比は最大1,000,000:1、応答速度は0.03ms(GTG)です。
Alienware AW3225QF_curve

有機ELパネルの0.03ms(GTG)という超高速な応答速度によって、VESAが展開するモーション明瞭度の認証 CrearMRにおいて最上位クラスのCrearMR 13000を取得しています。

「Alienware AW3225QF」はHDR表示に対応し、自発光素子の有機ELパネルを採用しているので黒色は完全な黒、一方でHDR表示においてピーク値で1000cd/m^2(3% APL)の高輝度を発揮できます。VESAがPCモニター向けに展開している輝度認証のVESA DisplayHDR 400 True Blackを取得しています。

「Alienware AW3225QF」のリフレッシュレートはネイティブ240Hzです。
240Hzの高リフレッシュレートによって応答速度が高速になるのでブレや残像がなくなってクッキリとした滑らかな表示です。60FPSでは識別の難しいゲーム内遠方で動くエネミーやオブジェクトの発見などが容易になるので、オンライン対戦FPSゲームなど競技性の高いPCゲームにおいて対戦相手よりも優位に立つことができます。

「Alienware AW3225QF」はゲーミングPCやコンソールゲーム機のPlayStation 5やXbox Series X/Sを組み合わせることで利用可能な可変リフレッシュレート同期機能 AMD FreeSync (VESA Adaptive-Sync、HDMI Variable Refresh Rate)にも対応しています。
VRR同期機能によりティアリングがなくスタッタリングを抑えた快適で鮮明なゲーミング環境を実現できます。NVIDIA製GPUとの互換性を証明するG-Sync Compatible認証も取得予定です。

「Alienware AW3225QF」に搭載されたビデオ入力はDisplayPort1.4×1、HDMI2.1×2の3系統です。全てのビデオ入力が4K/240Hzに対応しています。
2基実装されているHDMI2.1の一方はeARCによる音声出力ポートとして使用できます。HDMI eARC音声入力のスピーカーやサウンドバーに接続でき、Dolby Atmosのサラウンドにも対応しています。
Alienware AW3225Q_eARC

USBハブとして周辺機器を接続するためのダウンストリームUSB3.0 Type-A端子が3基、ダウンストリームUSB3.0 Type-C端子(15W給電対応)が1基搭載されており、USB3.0 Type-Bアップストリームケーブルで接続している機器のUSBハブとして使用できます。

「Alienware AW3225QF」の寸法はモニタスタンド込みで幅716mm x 高さ473~583mm x 奥行305mm(モニタ本体の奥行は106mm)です。
付属モニタスタンドの機能は『上下チルト:上21度から下5度、左右首振りスイーベル:左右20度、昇降高さ調整:110mm、90度回転ピボット:非対応』となっています。
モニタスタンドを含めた本体重量は9.4kg、モニタ単体重量は6.0kg前後です。100mm x 100mmのVESAマウントにも対応しており重量的にもモニターアームが使用可能です。



Alienware AW3225QFの開封・付属品

まずは「Alienware AW3225QF」を開封していきます。
「Alienware AW3225QF」のパッケージサイズは幅85cm×厚さ28cm×高さ52cmとなっており、32インチモニタが入っている箱としては若干大きめで、重量は14kg程度です。天面には持ち手が付いているので成人男性なら持ち運べると思います。
DSC02935_DxO
DSC02936_DxO
「Alienware AW3225QF」はN式箱という構造になっておりスペーサーを外パッケージから引っ張り出す手間がないのが特徴的です。
パッケージを開くとモニタ本体や付属品が収められたパルプモールド製のスペーサーが現れます。スペーサーは2段になっており、上の段にはモニタスタンドやケーブルなどの付属品が、下の段にはモニタ本体が収められています。
DSC02937_DxO
DSC02938_DxO

「Alienware AW3225QF」は製品出荷前にsRGBとDCI-P3の色精度がΔE<2となるようにファクトリーキャリブレーションが行われており、カラーキャリブレーションレポートが同封されていました。
DSC02946_DxO

「Alienware AW3225QF」の付属品を簡単にチェックしておくと、DisplayPortケーブル、HDMIケーブル、USBアップストリームケーブル、ACケーブル、クリーニングクロス、マニュアル冊子類が付属します。加えて後ほど説明しますが、IOポートカバーも付属しています。
DSC02947_DxO
DSC02950_DxO
「Alienware AW3225QF」のHDMIビデオ入力は4K/240FPSの映像伝送が可能なHDMI2.1に対応しおり、付属HDMIケーブルはHDMI協会がHDMI2.1互換を証明するUltra High Speed HDMIケーブル認証を取得していました。
DSC02949_DxO-horz

各種ケーブルを個別に購入する場合のオススメ製品に付いても紹介しておきます。
視覚損失のない非可逆圧縮機能DSCによって4K/240Hz(DSC)/HDR 10bit RGBに対応するDisplayPort1.4ケーブルなら「サンワサプライ KC-DP14シリーズ」を推奨しています。
標準で付属するケーブルよりもケーブル径が細くて取り回しが良いので管理人も個人的に使用しており、おすすめのケーブルです。「Alienware AW3225QF」で正常動作も確認済みです。
おすすめDisplayPort1.4ケーブル


HDMI2.1ケーブルについては「エレコム ウルトラハイスピードHDMIケーブル スリム CAC-HD21ESシリーズ」がおすすめです。標準で付属するケーブルよりもケーブル径が細くて取り回しが良いので管理人も個人的に使用しており、おすすめのケーブルです。
同製品は4.5mm径のスリムケーブルながら、HDMI2.1の正常動作を証明するUltra High Speed HDMIケーブル認証を取得しており、安心して使用できます。
Elecom CAC-HD21ES20BK_top
当サイトでもGeForce RTX 40シリーズGPU搭載PC、PlayStation 5、Xbox Series X/Sで正常動作を確認しています。



その他にもケーブル径5.0mm以下でスリムな48Gbps対応HDMI2.1ケーブルについてまとめた記事も公開しているので、こちらも参考にしてみてください。


長さ5m以上でも安定した動作が期待できる光ファイバー式HDMI2.1ケーブルでイチオシは、「Cable Matters Active 8K HDMI Fiber Optic Cable」です。
「Cable Matters Active 8K HDMI Fiber Optic Cable」は、HDMI協会の公式認証であるUltra High Speed HDMI認証を取得、さらにXbox Series X/S互換製品認証も取得しており、ケーブル性能の保証としては隙の無いカンペキな製品です。
5mが7000円、10mが10000円で光ファイバー式HDMIケーブルとしては標準的なお値段で、 信頼性の高さも考慮したらかなりリーズナブルだと思います。
Titan Army P32A6V review_03044_DxO-horz
当サイトでもGeForce RTX 40シリーズGPU搭載PC、PlayStation 5、Xbox Series X/Sで正常動作を確認しています。




モニタスタンド装着に当たって、「Alienware AW3225QF」のモニタ本体はディスプレイパネルが湾曲しているので破損を防止するため、保護シートに記載されているように梱包スペーサーに置いたまま作業してください。
DSC02940_DxO
DSC02939_DxO

「Alienware AW3225QF」に付属するモニタスタンドはフレームとフットプレートの2つの部品で構成されています。
フットプレートをフレームに差し込んで底面のネジを締めるだけで簡単にモニタスタンドを組み立てられます。ネジにレバーが付いているのでドライバー不要で組み立てが可能です。
DSC02951_DxO
DSC02952_DxO-horz
モニタスタンドを組み立てたら、「Alienware AW3225QF」のモニタ本体背面の溝に斜め下の方向からモニタスタンドを差し込めば取り付け完了です。
DSC02941_DxO
DSC02943_DxO-horz
モニタスタンドの取り外しは、根本の下にあるスイッチでロックを外して、装着した時と逆に動かして引き出すだけです。
DSC02945_DxO



Alienware AW3225QFのモニタ本体

続いて「Alienware AW3225QF」のモニタ本体をチェックしていきます。
DSC02974_DxO

「Alienware AW3225QF」はフレームレス構造ですが、2mm程度の外枠を含めて、パネル上には上側に6mm程度、左右に10mm程度の非表示領域があります。下にはベゼルというか薄いフレームが貼り付けられており、非表示領域は18mm程度です。加えて表示領域にはピクセルシフトの余剰ピクセルもあります。
下フレームの中央には銀色文字でAlienwareテキストロゴが刻印されています。Alienwareのロゴはシンプルで主張は強くなくて良い感じです。
DSC03069_DxO
DSC03070_DxO-horz
「Alienware AW3225QF」の液晶パネルは32インチサイズですが、1700Rの曲率で強く湾曲しています。
DSC02982_DxO
Alienware AW3225QF_curve

「Alienware AW3225QF」の背面に注目するとモニタ本体およびモニタスタンドは、Alienware公式が”レジェンド”と呼ぶ流線形の造形、カーブ要素の強くなった2022~2023年の新デザインコンセプトです。
DSC02978_DxO
同時に発売されたAlienware AW2725DFはダークサイドオブザムーンと呼ばれる光沢のあるブラックカラーですが、「Alienware AW3225QF」はホワイト寄りのグレーを基調としたルナライトと呼ばれる、Alienwareブランドでは初期から採用されている馴染み深いカラーリングです。
DSC02979_DxO

「Alienware AW3225QF」ではモニタ背面のAlienwareロゴ、”32”インチサイズロゴ、電源ボタンの3カ所にAlienFXと呼ばれるRGB LEDイルミネーションが内蔵されています。
DSC02990
DSC02997-tile
3つLEDイルミネーションは個別に発光カラーを設定できます。LEDイルミネーションの発光パターンはOSDメニューから、特定の発光カラーに固定するモード(全20色)と、七色に変化しているスペクトラムモードの2種類から選択できます。
DSC03132_DxO
DSC03135_DxO
DSC03136_DxO

背面の白い外装カバーの周りには黒色プラスチックで4辺にエアスリットが設けられており、内蔵冷却ファンと合わせて有機ELディスプレイパネルの発熱を効率的に放熱する設計です。
DSC03010_DxO
DSC03009_DxO

モニタスタンドの支柱部分は従来よりカーブ感の強いデザインになっています。27インチサイズ以下では六角形でデスク上のキーボード等と干渉し難いコンパクトサイズのフットプレートに変わっていますが、「Alienware AW3225QF」は大型サイズなので安定性を重視してV字形状が引き続き採用されています。
DSC02983_DxO
DSC02984_DxO

「Alienware AW3225QF」のモニタスタンドにはケーブルホールがあるので、各種ケーブルをまとめることができます。
またI/Oポートは外装パネルを大きく切り開く形で配置されていますが、付属のI/Oポートカバーによって背面から見てもスタイリッシュに仕上がります。I/Oポートカバーはプラスチックのツメでツールレスに簡単に着脱できます。
DSC02987_DxO
DSC02985_DxO

「Alienware AW3225QF」のモニタ本体の厚さは中央の最厚部で70mmほどと最近のモニタとしては厚みが大きいですが、両端の最薄部は10mm弱なので体感としては薄めに感じます。
モニタ本体重量は6.0kg程度なのでモニターアームを組み合わせる時は耐荷重に注意が必要ですが、32インチサイズとしては軽量な部類です。
DSC02968_DxO-vert-horz

モニタ本体背面には3カ所に分かれて全て下向きに各種I/OやAC端子が配置されています。
DSC02956_DxO
「Alienware AW3225QF」のビデオ入力は背面右側にあります。左から順に、2基のHDMI2.1ビデオ入力、1基のDisplayPort1.4ビデオ入力が設置されています。
DSC02962_DxO
DSC03137_DxO
DSC03138_DxO
下向きのIOポートは背面カバーから埋まった場所にあり、端子から向かい側までのクリアランスが80~90mm程度しかありません。コネクタが大きく、ケーブルが太くて曲げ難いビデオケーブルだとスペースに収まらない可能性があります。
特に光ファイバー式ケーブルはコネクタが大きく、ケーブルの曲げ径に制限があるので注意が必要です。上で紹介したCable Matters製の光ファイバー式HDMI2.1ケーブルはスペースに収まり、4K/240Hzで正常に動作を確認しています。
DSC02960_DxO
DSC04185_DxO

「Alienware AW3225QF」は3.5mmステレオやビルトインスピーカー等の音声出力を搭載していませんが、代わりにPC向けモニタとしては非常に珍しく、HDMI eARC音声出力に対応しています。
2基実装されているHDMI2.1の一方はeARCによる音声出力ポートとして使用できます。HDMI eARC音声入力のスピーカーやサウンドバーに接続でき、Dolby Atmosのサラウンドにも対応しています。
DSC02965_DxO
Alienware AW3225Q_eARC
HDMI eARC音声出力を使用するにはOSD設定メニューでHDMI CECを有効にする必要があります。
Alienware AW3225QF_HDM_CEC

背面の右側にはUSB3.0アップストリーム端子と2基のUSB3.0ダウンストリーム端子、さらにモニタ底面に2基のUSB3.0ダウンストリーム端子が設置されており、PCとアップストリーム端子を接続することによって、4基のUSBハブ端子として使用できます。
モニタ底面のUSBポートの片方はUSB Type-Cになっており、BC1.2規格で15Wの給電に対応します。
DSC02963_DxO
DSC03124_DxO

「Alienware AW3225QF」はACアダプタをモニタ本体に内蔵しており、C13コネクタ(自作PC電源ユニットと同じ)のACケーブルを使用します。付属品があるので各自で用意する必要はありませんが、市販ケーブルも使用できます。
DSC02957_DxO

「Alienware AW3225QF」の付属モニタスタンドは左右スイーベルに対応し、可動域は左右20度(40度)です。
DSC03001_DxO-horz
「Alienware AW3225QF」の付属モニタスタンドは上下チルトに対応し、可動域は仕様通り下に5度、上に21度です。
DSC03003_DxO-horz
モニターの高さはモニター本体とスタンドの付け根部分が上下に動く構造になっており、モニタパネルの頂点で390mm~500mm、110mmの範囲内で調整できます。モニタスタンドの付け根部分には高さ調整に便利な目盛りがあります。
DSC03006_DxO-horz

「Alienware AW3225QF」はVESA100x100規格のVESAマウントに対応しておりサードパーティ製のモニターアームを使用できます。モニタ単体の重量も6.0kgほどなのでモニターアームを問題なく利用可能です。
DSC02954_DxO
「Alienware AW3225QF」のVESAネジ穴は背面外装から、15mm弱ほど窪んだ場所にあります、クイックリリースでスライドさせるタイプのモニターアームを使用する場合は、M4ネジのスタンドオフを各自で用意してください。
DSC02955_DxO

オススメのモニターアームや調整機能が豊富なVESA汎用モニタースタンド、VESAマウントの干渉を避ける方法についてはこちらの記事で詳細に解説しているので、導入を検討している人は参考にしてください。




Alienware AW3225QFのOSD操作・設定

「Alienware AW3225QF」のOSD操作は底面中央に設置されている操作スティックを使用します。
DSC03078_DxO
操作スティックは上下左右と押下の5つの操作が可能で、操作ボタン各種の応答も良好でした。また電源ボタンがOSD操作用ボタンと離れた場所に設置されていて誤押下の心配がないところも小さな評価ポイントです。
DSC03077_DxO
電源ボタンには電源ON時にLEDが内蔵されていますが、背面LEDイルミネーションと同様にOSD設定メニューのAlienFXから発光カラーの変更や消灯が可能です。
DSC03134_DxO

「Alienware AW3225QF」は操作スティックを押下(もしくは上下左右のうちAlienVisionの切り替え機能を割り当てていない操作)するとランチャーと呼ばれるショートカットメニューが画面中央下端に表示されます。
ランチャーやOSDメニュー表示中は画面上に現在のOSD設定の一部が確認できるOSDステータスバーも表示されます。
DSC03072_DxO
ランチャーの中央には5つのショートカット設定アイコンが表示され、スティックを左右に操作することでアイコンを切り替え、押下するとそのショートカット設定が表示されます。
DSC03083_DxO-horz
DSC03092
DSC03088-horz
ランチャーに表示される5つのショートカット設定アイコンに割り当てる機能はOSD詳細設定メニューの「カスタマイズ」から任意に変更することができ、各自で変更頻度の高いものに切り替えておくと便利です。
DSC03110_DxO
DSC03111_DxO
DSC03112_DxO

ランチャーを表示した状態で操作スティックを上に操作する(ディスプレイの奥方向へ倒す)とOSD詳細設定メニューが表示されます。
「Alienware AW3225QF」のOSD表示領域は32インチ画面の12分の1ほどなので、UIスケールは大きくはありませんが(若干文字は小さい気も)、操作スティックに手が届く範囲なら問題なく読めると思います。
DSC03074_DxO
「Alienware AW3225QF」は購入直後の初回起動時に言語選択メニューが表示されます。
DSC03031_DxO
誤って日本語以外を選択してしまった場合は下記の手順で日本語に変更が可能です。
DSC03127_DxO

「Alienware AW3225QF」のOSDメニューには大きく分けて、「ゲーム」「輝度/コントラスト」「入力信号」「AlienFX照明」「ディスプレイ」「PIP/PBP」「メニュー」「カスタマイズ」「その他」の9種の項目が用意されています。
DSC03093_DxO
DSC03094_DxO
DSC03095_DxO
DSC03096_DxO
DSC03097_DxO
DSC03098_DxO
DSC03099_DxO
DSC03100_DxO
DSC03101_DxO

「Alienware AW3225QF」の画質モードはゲームの項目にあるプリセットモードから選択できます。標準設定の「標準」に加えて、「FPS」「MOBA/RTS」「RPG」「SPORTS」などゲームジャンルやコンテンツ別プリセットに加えて、ゲーム別に各自で設定可能な「ゲーム 1~3」、色温度別で「暖色」「寒色」、sRGBもしくはDCI-P3の色空間に制限する「クリエイター(作成者)」、任意に色温度(RGB強度)を調整できる「ユーザーカラー」など多くの画質モードが用意されています。
DSC03139_DxO
DSC03140_DxO
HDMIビデオ入力時に限定されますがコンソールモードという画質モードもあります。
DSC03174_DxO

ゲーム関連の表示設定はトップメニューで一番上の「ゲーム」に配置されています。
黒の強弱を調節して暗がりの視認性を高める機能「暗さスタビライザー」も用意されており、補正強度はレベル0~3の4段階で設定が可能です。標準設定ではレベル0(機能OFFの状態)が設定されており、レベルを上げるほど明るく(白く)なります。
Alienware AW3225QF_OSD_dark-stabilizer  (1)



有機ELパネルの焼き付き防止機能について

「Alienware AW3225QF」には有機ELテレビと同様に、有機ELパネルの焼き付き防止機能がいくつか用意されています。

”スクリーンセーバー(静止画輝度制限)”は画面表示の内容に変化がない(変化が小さい)場合に、ディスプレイ輝度を自動的に下げる機能です。PlayStation 5で操作がないと画面が暗くなるのと同じような動作を、有機ELパネルの焼き付き防止のためにモニタが行います。
”スクリーンセーバー”はAverage Picture Levelによって動作するので、画面が暗くなるとマウスカーソルのような小さな変化では輝度制限が解除されません。

”ロゴ輝度制限”は体力ケージやミニマップのようにゲーム画面で常に表示され、大きな変化がない部分の輝度を下げる機能です。

スクリーンセーバーやロゴ輝度制限は有機EL保護としては一般的な機能なので、「Alienware AW3225QF」も対応していると思いますが、OSD設定メニューからオン/オフを切り替える等の設定はできません。


「Alienware AW3225QF」は、LG製有機ELテレビならスクリーンシフト(Samsung製有機ELテレビならピクセルシフト)と呼ばれる有機ELパネルの焼き付き防止機能に対応しています。
「Alienware AW3225QF」においてスクリーンシフトは既定動作となっており、OSD設定メニューからオン/オフを切り替える等の設定はできません。
DSC03062_DxO
従来のスクリーンシフトは表示内容を数ピクセルだけ上下左右に動かすので端の数ピクセルが見切れていたのですが、「Alienware AW3225QF」では4K解像度(3840x2160)に加えて外周部に縦横20ピクセル程度の余剰画素があり、余剰画素も使用して画面が上下左右にシフトするので端が見切れることはありません。
DSC03061_DxO-tile


ピクセルリフレッシュやパネルリフレッシュと呼ばれる軽度の焼き付きを復元する機能として、「Alienware AW3225QF」には”ピクセルを最新の状態に更新(Pixel Refresh)”と”パネルを最新の状態に更新(Panel Refresh)”の2種類が用意されています。どちらも時間経過で自動実行されるので、ユーザーは気にする必要はありません。

”ピクセルを最新の状態に更新”(数分で完了する)は数時間ディスプレイを使用したら実行することが推奨されており、前回の実行から累積使用時間が4時間を超えると、スタンバイモードに入った時、もしくは電源ボタンを切った時に自動的に実行されます。
DSC03106_DxO
DSC03788_DxO

一方で”ピクセルを最新の状態に更新”(約1時間かかる)は使用を始めてから7000時間を超えた時に自動的に実行されます。
DSC03107_DxO
DSC03789_DxO

ピクセルリフレッシュやパネルリフレッシュを行う必要があるかどうかは、OSDランチャーメニューを開いた時に画面上部に表示されるパネルケアのインジケーターで分かります。緑色は正常で、黄色や赤色になると実行する時期です。
DSC03079_DxO

その他に、「Alienware AW3225QF」では”マルチ ロゴ”と呼ばれると呼ばれる有機ELパネルの焼き付きを防止する保護機能が、ほぼ全てのプリセットモードにおいて既定で有効になっています。
詳細は画質に関する章で説明していますが、実際のSDR表示において白色輝度が少々奇妙な挙動を示します。(FW ver:M3B102で検証、クリエイターモードのみ既定で無効)
Alienware AW3225QF_brightness_sdr-apl_1


PIP/PBP機能について

「Alienware AW3225QF」は2つのビデオ入力を画面上に同時に表示する「PIP/PBP」にも対応しています。
「Alienware AW3225QF」はPIP/PBPにおいて4K/120Hzに対応しています。(VRRは排他利用)
ネイティブ解像度の4K/240Hzには対応していないものの、映像ソースとして4K/60Hzに制限される製品も少なくないので、4K/120Hzに対応するだけでも大きな魅力です。
またHDR表示もPIP/PBPと併用可能です。HDR表示については主画面と副画面で個別にHDRの有効・無効を設定でき、SDRとHDRの混在だけでなく、HDR10とDolby Visionの混在もできます。
DSC03245_DxO

通常のビデオ入力選択を主画面として、副画面はPIP設定内の項目から選びます。副画面は残り2つのビデオ入力から自由に選択できます。ビデオ入れ替えを選択すると主副が入れ替わります。
DSC03218_DxO
PIPでは副画面の表示位置を右上/右下/左上/左下の4ヶ所から選択できます。副画面のサイズには小/大の2つの選択肢があり、32インチモニタ上でそれぞれ1/9、1/4程度の小窓として表示されます。
DSC03219_DxO
DSC03220_DxO
「Alienware AW3225QF」のPIPモードは主画面と副画面共に4K/120Hz/HDRに対応しています。(副画面は当然、表示サイズにスケーリングされますが)
DSC03221_DxO
DSC03229_DxO
DSC03230_DxO


PBPには、4K画面が1920×2160で左右に2等分される”50% - 50%”、1440×2160と2400×2160で不均等に分割される”33% - 67%”と”67% - 33%”、960×2160と2880×2160で不均等に分割される”25% - 75%”と”75% - 25%”の5種類の表示モードが用意されています。
通常のビデオ入力選択を主画面として、副画面はPIP設定内の項目から選びます。副画面は残り2つのビデオ入力から自由に選択できます。ビデオ入れ替えを選択すると主副が入れ替わります。
DSC03210_DxO
DSC03211_DxO

PBPモードにおいてPCのビデオ出力は1920×2160、1440×2160、960×2160等の特殊解像度もネイティブ解像度として認識され、ストレッチされることなくドットバイドットで表示できました。HDR表示にも対応しています。
DSC03246_DxO
なお非16:9アスペクト比のネイティブ解像度をドットバイドットで表示できるリフレッシュレートは60Hzに制限されます。NVIDIA環境の場合、120Hzも表示されますが、16:9アスペクト比に収まるようにネイティブ解像度がスケーリングされてしまいます。
DSC03223_DxO
DSC03225_DxO
DSC03222_DxO
一方で、PlayStation 5やXbox Series X|S等のゲーム機については、縦長にストレッチされることなく、アスペクト比16:9を維持して縮小表示されました。
DSC03226_DxO
DSC03227_DxO
DSC03228_DxO


AlienVisionとAlienFXについて

「Alienware AW3225QF」ではFPSゲーム等に便利な視覚補助機能 AlienVisionがOSD機能として搭載されています。
AlienVisionには、暗所の視認性を改善する「ナイト」、低解像やボヤけた表示にシャープネスをかける「クリア」、画面中央の拡大小窓を表示する「ビノ」、ヒートマップフィルタをかける「クロマ」、照準点をオーバーレイ表示する「十字線」の5つの機能があります。
DSC03172_DxO

ナイト、クリア、クロマの3つは画面中央にフィルターをかける範囲の小窓が表示されます。ビノも同様に小窓が表示されますが、中央を拡大する小窓が右上に表示されます。十字線はシンプルに中央に照準がオーバーレイされます。
DSC01966_DxO
DSC01967_DxO

ナイトやクロマは黒潰れして対象を視認し難いような暗いシーンに便利な機能です。
DSC01968
DSC01969
DSC01971
クリアはシャープネス処理がかかるので、小さい対象やボヤけた視界に効きます。
DSC01977
DSC01975
ビノも中央の小さい対象を視認するのに便利な機能、という位置づけですが、拡大率が1.1倍くらいしかありません。後述のAlienFXで小窓サイズを調整できますが、拡大倍率はそのままで表示範囲が広くなるだけでした。1.2~1.5倍くらいに調整できればよかったのですが。
DSC01976
DSC01976 - コピー-horz

AlienVisionにはトグル機能があり、OSD詳細設定メニューやランチャーが表示されていない状態で、操作スティックを上下左右に操作することで、特定フィルターのON/OFFや順次切り替え(プリセットを切り替える)を設定できます。トグル機能を割り当てなかった(”ー”を設定した)キーを操作した場合はランチャーが表示されます。
DSC03120_DxO
DSC03123_DxO
順次切り替えについてはトグルリストから切り替えるフィルタを選択できます。
DSC03120_DxO
DSC03122_DxO

あとAlienVisionではありませんが、ゲーム向上モードという設定項目からは、リアルタイムの画面リフレッシュレートを表示する「フレームレート」(可変リフレッシュレートが有効な場合、OSD表示がリアルタイムで変化する)、カウントダウンを表示する「タイマー」があります。
DSC03167_DxO


AlienVisionはOSD機能だけだと5つの視覚補助機能を切り替えるだけですが、PCとモニタをUSB接続した時に使用できるAlienware Command Centerアプリケーションに含まれるAlienFXディスプレイからさらに詳細設定が可能です。残念ながらDDC/CIによるDisplayPort経由ではAlienFXを利用できません。
Alienware Command Centerアプリケーションは公式サポートページからインストーラーをダウンロードし、ポチポチとクリックするだけで簡単にインストールできます。
AlienFX_install (1)

アプリをインストールしたらAlienware Command Centerアプリケーションを起動し、左上タブメニューのFXを選択します。
AlienFXではテーマと呼ばれる設定プロファイルを作成でき、Alienware Command Centerアプリケーションに登録したゲーム(ライブラリ)と関連付けすることでゲーム起動時にテーマを自動で切り替える、という使い方が可能です。
AlienFX_1
テーマの編集アイコン(鉛筆マーク)やアクティブなデフォルトテーマの編集アイコンを選択すると、「Alienware AW3225QF」を含めたAlienwareエコシステムの対応機器に関する各種設定が表示されます。
「Alienware AW3225QF」の場合はディスプレイ輝度、プリセットモード、暗さスタビライザーなどOSD設定の一部も表示され、Windows上で調整できます。
AlienFX_2 (1)
AlienFX_2 (2)

OSD機能だけだとAlienVisionは5つの視覚補助機能を切り替えるだけでしたが、AlienFXではフィルタ小窓のサイズ、シャープネス補正強度の調整、視覚効果とOSDクロスヘアの併用など任意に様々な設定ができます。
DSC02001_DxO
AlienFX内で行ったナイト、クリア、ビノ、クロマ、十字線の設定はモニタ側に記録されるので、USB接続を外しても最後に適用したカスタム設定がそのまま残ります。
AlienFX_3 (1)
AlienFX_3 (2)
AlienFX_3 (3)
AlienFX_3 (4)
AlienFX_3 (5)



Alienware AW3225QFの発色・輝度・視野角

「Alienware AW3225QF」の発色・輝度・視野角など画質についてチェックしていきます。
「Alienware AW3225QF」の製品スペックでは『モニター画面コーティング:反射防止』との記載がありますが、PC向け液晶モニタで一般的なアンチグレア処理ではなく、どちらかというとグレア寄りの表面処理になっています。
DSC03048_DxO
DSC03011_DxO



上の写真もグレアであることを示すために対象をかなり近づけているので写り込みがありますが、反射(写り込み)防止処理がかなり優秀なので、照明など自発光するものや照明の光を強く反射する鏡面状のものがディスプレイパネルと繋いだ視線上にあるような極端なワーストケースでなければ、写り込みは気になりません。
DSC03014_DxO
下の写真では同じ構図でかなり露出を上げて写り込んだ像を捉えようとしていますが、少し距離を離すだけでこんな感じにぼやけてしまいます。
DSC03015
付け加えると、写り込みを示す写真は写り込む物体がカメラを遮らないよう、モニタに対して斜めから角度を付けて撮影されることが多いですが、実のところ「Alienware AW3225QF」など2024年登場のSamsung製QD-OLEDパネルでは、ディスプレイパネルに対して角度が垂直に近づくほど反射防止処理は効果を発揮し、映り込みは軽減されます。
要するに真正面からモニタを見る時、自分の顔を含め、視線上にある物体は写り込みの影響が最も軽減される状態です。
正面にいる自分の顔も中央の大部分は黒落ちして輪郭が分かる程度になるので、やはり写り込みは気にならないと思います。
DSC04521_DxO-horz


反射防止処理が良く、対面にあるものの映り込みは軽微ですが、Samsung製QD-OLEDパネル一般に室内照明が明るい場合、黒色がピンク色がかって、ブラックレベルが悪くなる傾向があります。
室内照明を暗くしていくと、「Alienware AW3225QF」はピンク色がかることがなくなり、単純に写り込みの少ない非常に良質な黒色を発揮します。真っ暗にする必要はありませんが、薄暗いくらいの室内照明でベストな性能を発揮できます。
あと視線とディスプレイパネルを結んだ先にある壁等の物体が白色(明るい色)なのか、黒色(暗い色)なのかに依ってもパネルタイプ毎のブラックレベルは変わります。
DSC03021
DSC03022




「Alienware AW3225QF」は室内照明を薄暗くすれば良好なブラックレベル発揮でき、正面にいる自分自身の映り込みはアンチグレア仕様の液晶モニタ含め、一般的なモニタよりも軽微です。
ブラックレベル(ピンクティント)についてはこの記事の素材も含めてですが、写真撮影やYouTube撮影でかなり明るい照明を付けている状態で見るのと、自宅の室内照明を調整して見るのとではかなり差が出ます。

Samsung製 量子ドット有機ELパネルはPC向けゲーミングモニタだけでなく、同社製テレビ S95B/S95Cにも採用されています。
国内ではSamsung製テレビは販売されていませんが、SONY A95K(第1.5世代のパネル)やSHARP QD-OLED FS1(第2世代のパネル)に採用されています。
反射防止処理(層)の影響なのか、筆者が私室のゲーミングモニタ代わりに使用しているSamsung S95Bと比較して「Alienware AW3225QF」はピンクティントが強く、ブラックレベルが高めでした。
テレビ向けのSamsung製 量子ドット有機ELパネルを基準にピンクティントやブラックレベルの傾向を考えると、「Alienware AW3225QF」などPC向けパネルでは印象が大分違うので注意してください。
DSC03321_DxO
DSC03322_DxO

あとRtingsのレビューとかRedditポストでいくつか報告がある通り、Alienware AW3225QFのコーティングに傷というか、細かい気泡のような跡が筆者の個体にも画面右上にありました。
ただ、跡はあるにはあるものの(写真は照明の当て具合とかかなり調整して見やすくしています)、画面を正面から見た時にはほとんど視認できず、跡のある部分に強く照明を当てて気付く感じなので、筆者の個体については今のところ交換が必要とまでは思わないレベルです。
DSC03456_DxO
薄いフレームのある下側には見受けられず、筆者の個体も含めて上端に報告が多いので、梱包の影響で輸送時に擦れて付いているのではないかと。
DSC03460_DxO
「Alienware AW3225QF」の梱包自体は一般的な包装シートに加えて、パネル表面にエアパッキンのクッションシートも貼った状態なので決して不十分というわけではありません。
ディスプレイ本体を固定するスポンジスペーサーが外周だけで保持する構造なので上端に跡が付きやすいのだと思うのですが、かといって中央にも支えになるスペーサーを配置すればいいかというと、中央に跡が付く可能性もあり、難しいところ。
DSC03574_DxO
DSC03573_DxO

なお2024年3月以降の発送については画面保護フィルムが追加される形で梱包は改良されているようです。





「Alienware AW3225QF」はディスプレイパネルに有機ELパネルを採用していますが、PCモニタで一般的な液晶パネルには大きく分けてIPS液晶パネルとVA液晶パネルとTN液晶パネルの3種類があります。各社個別の製品によって個体差はあるものの、これらのパネルの特性を簡単にまとめると次のテーブルのようになります。
「Alienware AW3225QF」に採用されている有機ELパネルは、色再現性、コントラスト、応答速度など一般に画質に影響するほぼ全ての要素で液晶パネルを上回ります。特にコントラストや応答速度については”桁違い”な性能です。
反面、液晶パネルの中でも高価とされるIPS液晶パネルよりも輪をかけてさらに高価であり、また同じ表示が続いた時に、パネルがその残像を永続的に残してしまう”焼き付き”と呼ばれる症状があったりと独自のデメリットもあります。
ディスプレイパネルの簡易比較表

有機EL IPS液晶 VA液晶 TN液晶
色再現性
コントラスト
(黒レベルの低さ)
視野角
応答速度
コンマms級

大型テレビ 40~80インチ超まで幅広く採用
近年は採用なし
最大輝度

バックライト次第で1000nits超も
-
ハロー現象 発生しない
部分駆動では
発生する可能性あり
-
価格 (高RR)
××
△ (×)

液晶パネルの種類による性能の違いについてはこちらの記事も参照してみてください。
IPS/VA/TN液晶パネルを比較解説 - ゲーミングモニタの選び方[4]
IPS/VA/TN液晶パネルを比較解説


サブピクセル構造についてチェックしていきます。
まず予備知識として、一般的な液晶パネルは下の写真のように1:2程度で縦長なRGBサブピクセルが1ピクセルを構成しています。WindowsのClearTypeはこのサブピクセル構造に最適化して、フォントが綺麗に見えるようになっています。
Acer Predator X27_SubPixel

有機ELパネルというとLG製パネルが有名、というか2021年以前はLG製パネルしかなかったのですが、「Alienware AW3225QF」にはSamsung製の有機ELパネルが採用されています。
サブピクセル構造は液晶パネルでよく見る横並びのRGB配列ではなく、緑ドットを頂点に左下に赤ドット、右下に青ドットで三角形を描く少々特殊な配列ではあるものの、RGBWでもペンタイルでもなく1:1対応のフルRGBなサブピクセルです。
Alienware AW3225QF_SubPixel (1)
Alienware AW3225QF_SubPixel (2)

「Alienware AW3225QF」のサブピクセル構造は特殊なので一定条件で色滲みが生じます。映画視聴やゲーミングであれば問題ないのですが、PCのデスクトップ作業では文字や境界線で色滲みが気になるかもしれません。
滲みの程度は軽微なので、PCデスクトップ作業でも特別に支障があるわけではありませんが、一般的なRGB横並びの配列とは傾向が異なるので一応注意してください。
DSC03045_DxO
サブピクセルの三角配列による色滲みはサブピクセルを拡大すると分かりやすいですが、
  1. 上が白色寄りで下が黒色寄りの境界線が赤色(赤強めのマゼンタ色)に滲む
  2. 上が黒色寄りで下が白色寄りの境界線が緑色に滲む
  3. 右が白色寄りで左が黒色寄りの境界線が黄色に滲む
  4. 右が黒色寄りで左が白色寄りの境界線が青色に滲む
の4パターンです。
Alienware AW3225QF_SubPixel (3a)


「Alienware AW3225QF」は色再現性とコントラストに優れた有機ELディスプレイパネルなので、上下左右どこから見ても色の破綻はなく視野角も良好です。
DSC03046_DxO
DSC03057_DxO-horz

Samsung製 量子ドット有機ELパネルは初期から一貫した特長ですが、白色単色のような悪条件で見ても視野角による色遷移がほとんどないところも魅力です。
80度とかほぼ真横くらいの確度から見て、やっと黄色~黄緑色かかるかな?という感じです。写真だと分かり易く写るのですが、肉眼では暗くなったと思っても色変化に気付くのは難しいレベルです
DSC03054-vert



ちなみにLG製有機ELパネルについては最新技術であるMLA(マイクロレンズアレイ)が採用されているものは視野角による色遷移がほぼありません。




「Alienware AW3225QF」の発色について、標準の画質モードである”標準”は6500Kくらいの色温度に調整されており、白色が極端に黄色や青色がかって見えることはないものの、少し黄色寄りな色味です。
DSC03139_DxO
色温度を指定する画質モードは”暖色”と”寒色”の2種類がありますが、これらを切り替えても発色に違和感がある場合は、ユーザーカラーなどマニュアル設定でRGBのバランスを好みに合わせて整えてください。
DSC03160_DxO
画質モードのユーザーカラーを選択すると利得(Gain)、オフセット、6軸色相、6軸彩度の4つの発色設定を調整できます。
白色色温度を調整したい場合は利得を調整すればOKです。黄色がかった暖色を中間色にしたい場合は赤と緑の強度を数%下げる調整をしてみてください。
DSC03162_DxO
DSC03163_DxO
DSC03153_DxO
DSC03155_DxO
DSC03157_DxO

ちなみにゲーム1~3のユーザープロファイルでもユーザーカラー同様に4種類の発色設定を調整できます。
加えて暗さスタビライザーの設定はゲーム設定の項目で変更すると各画質モードで共有されますが、ゲーム1~3のユーザープロファイルでは個別に切り替わるように設定できます。
DSC03149_DxO
DSC03150_DxO
「FPS」「MOBA/RTS」「RPG」「SPORTS」などゲームジャンル別モードについては色相と彩度を0~100%の簡易的なスライダーで調整できます。
DSC03238_DxO
DSC03237_DxO
DSC03236_DxO


「クリエイター(作成者)」モードではsRGBもしくはDCI-P3の色空間に制限でき、製品に添付されているキャリブレーションレポートの通り、ファクトリーキャリブレーションによって色精度がΔE<2に保証されています。
sRGBもしくはDCI-P3の規格通りに動作するモードなので、RGBゲイン、彩度、色相といった発色調整はできませんが、ガンマカーブの変更には対応しています。
DSC03141_DxO
DSC03142_DxO
DSC03143_DxO
DSC03145_DxO

HDMIビデオ入力で接続時に限定されますが、「Alienware AW3225QF」にはコンソールモードという画質モードもあります。
コンソールモードではRGB強度を調整する”色(上記でいう利得)”に加えてガンマの設定も可能です。標準の2.2に加えて、1.8/2.0/2.4/2.6の5段階で調整できます。
DSC03175_DxO
DSC03177_DxO
DSC03178_DxO


ここからはカラーキャリブレータを使用して、色域・色再現性・輝度・コントラスト・均一性など画質に直結するモニタの性能について詳細な検証結果を見ていきます。なおこれらのモニタ性能(特に輝度の均一性)については同じ製品であっても個体差が大きいのでご注意ください。
検証にはカラーフィルター式(色差式)のCalibrite Display Plus HLとDatacolor Spyder X2 Ultra、そして分光式(スペクトロメーター)のX-Rite i1 Basic Pro 3を使用しています。
Color Calibrator_2023


「Alienware AW3225QF」のディスプレイ輝度について白色点の輝度をOSD設定別で測定しました。OSD上の輝度設定10%刻みで0%~100%の輝度変化は次のようになっています。
「Alienware AW3225QF」において、一般に見やすい明るさと言われる120cd/m^2は輝度45%前後、室内照明に依りますが個人的に見やすいと感じる明るさの180~200cd/m^2は輝度80%前後です。
全白で250cd/m^2程度となっており、液晶モニタと比べると暗めという評価になりますが、有機ELパネルを採用するPCモニタとしてなら「Alienware AW3225QF」はトップクラスの明るさです。
Alienware AW3225QF_brightness

有機ELパネルを採用するモニタ/テレビは一般に、SDR表示であっても映像ソースの平均的な明るさに応じて画面の輝度レベルが制御(APL:Average Picture level)されます。
また、APLによる輝度制御を無効化する機能に対応する製品もあり、ASUS製の有機ELモニタの場合、”均一輝度(Uniform Brightness)”としてアピールされています。
ASUS ROG Swift OLED PG42UQ_Uniform brightness

「Alienware AW3225QF」についてはAPLによる輝度制御は無効化されていますが、実際にはSDR表示の白色輝度は後述の通り、少々奇妙な挙動を示します。(FW ver:M2B103で検証)
DELL公式サポートに確認したところ、”マルチ ロゴ”と呼ばれる有機ELパネルの焼き付きを防止する保護機能が、ほぼ全てのプリセットモードにおいて既定で有効になっているためです。(クリエイターモードのみ無効)
任意に無効化できるファームウェアアップデートの配布予定があるかについても問い合わせましたが、現時点で回答は難しい、とのことでした。

RGB:255の白色ウィンドウは背景のグレーレベルがRGB:15以下もしくはRGB:240以上であれば、輝度設定100%に対してAverage Picture levelに依らず安定して250cd/m^2以上の輝度を発揮できます。
しかしながら、背景のグレーレベルがRGB:16からRGB:239の範囲内かつ、Average Picture levelが5%以上だと200cd/m^2以下に輝度が制限されました。
クリエイターモード以外の画質モードではこのような輝度制限が機能してしまうため、カラーメーターを使用した測色結果は、テストパターンの表示がフルスクリーンオーバーレイの場合とそうでない場合とで”想定外の”齟齬が生じる可能性があります。
後述の検証結果、特に色精度関連に影響している可能性もあるので注意して下さい。
Alienware AW3225QF_brightness_sdr-apl_1
データ数が多いとグラフが見難いので下グラフでは背景グレーが0、239、240の3種類を抜粋しています。
背景グレーが完全な黒色(一般的な測定方法)の場合に比べて、背景グレーがRGB:240のケースは、多少輝度は下がる傾向はあるものの、APLによる輝度制御無効の動作といっても差し支えないレベルです。
一方で、背景グレーがRGB:239に1つ下げただけで、APL 5%~APL 75%の範囲内では輝度制限が機能し、測定対象の白色ウィンドウの輝度が220cd/m^2以下に下がります。
Alienware AW3225QF_brightness_sdr-apl_1b
同じような挙動は背景グレーが黒色寄りのRGB:15とRGB:16の間でも確認できます。
またRGB:16など一部の背景グレーレベルとAPL:35%~APL:75%の組み合わせでは、時間経過で190cd/m^2まで徐々に輝度が下がる挙動も見られました。
この輝度低下についてはAL:100%の状態で10数秒放置してからAPL:75%に切り替えても発生せず、APL:2%から5%、10%と順番に上げていくと発生し、数秒の間だけAL:100%にしてからAPL:75%に戻すとやはり発生したりと、トリガーがやや複雑です。
Alienware AW3225QF_brightness_sdr-apl_1a
Alienware AW3225QF_brightness_sdr-apl_time_s

上記の検証結果は画質モードのうち、標準モードで検証したものですが、ユーザーカラーモードや各種ゲーム用プリセットを含め、クリエイター(作成者)モード以外はほぼ同じ挙動でした。
一方で、クリエイター(作成者)モードで同様に検証を行うと、一部の背景グレーレベルとAPLの組み合わせで若干の輝度低下は見られたものの、APLによる輝度制御が無効な動作といってよい挙動でした。(sRGBモードで白色輝度が250cd/m^2を少し下回りまるのはホワイトバランス調整の影響なので正常)
Alienware AW3225QF_brightness_sdr-apl_2


「Alienware AW3225QF」のディスプレイ輝度の均一性(Uniformity)を検証しました。画面中央の輝度が約120cd/m^2になるOSD設定において、画面を横7×縦5の35分割として各位置の白色点の輝度を測定し、中央輝度を基準にしたパーセンテージで等高線マップにしています。
「Alienware AW3225QF」は35カ所の測定点のうち、差分5%を超えるポイントがないという非常に優秀な均一性を発揮しました。
Alienware AW3225QF_uniformity_1
液晶モニタにおいて輝度の低下が特に大きい四隅&四辺は、上のような領域分割測定では見落とされてしまうので、同様に中央120cd/m^2を基準にして個別に測定したところ次のようになりました。
バックライト式の液晶ディスプレイはどうしても四辺&四隅の輝度低下は大きくなりがちですが、有機ELディスプレイは「Alienware AW3225QF」はそこも5%以内の差分に収まっています。
Alienware AW3225QF_uniformity_2_Corner
参考までに輝度と色温度による色差の分布です。左上だけ中央と比べて若干暖色に寄っていますが、「Alienware AW3225QF」は輝度だけでなく、色温度も含めた色差で評価しても白色の均一性は非常に優秀です。
Alienware AW3225QF_uniformity_3_temp


「Alienware AW3225QF」の有機ELパネルはピクセルレベルで輝度を調整できるので、グローバルディミングはもちろん、比較対象がフルアレイ型ローカルディミングでも100分割程度であれば、圧倒的に優れた黒色表現、明暗の分離が可能です。
下の写真では有機ELパネルの「Alienware AW3225QF」と、96分割フルアレイ型ローカルディミングに対応した液晶パネルのSONY INZONE M9を比較しています。
DSC04029_LRC
DSC04033_LRC
DSC04034_LRC
DSC04038_LRC
DSC04105_LRC
DSC04102_LRC
DSC04118




続いて「Alienware AW3225QF」の色域と色の正確性を検証してみました。
まずはモニタのOSD設定を標準設定にして(ディスプレイ輝度のみ120cd/m^2になるように調整)、任意のカラープロファイルを適用しない場合、次のようになりました。
「Alienware AW3225QF」は100% sRGBに加えて、99% DCI-P3、94% Adobe RGBという広い色域をカバーしています。HDR表示の色域のスタンダードであるRec2020もカバー率が80%です。
色域の広さはPC向けモニタとしてトップクラスではあるものの、Samsung S95Bなどテレビ向けの量子ドット有機ELパネルや、量子ドットIPS液晶を採用する液晶ディスプレイの中にはDCI-P3やAdobe RGBをフルカバーし、Rec2020も85%~90%弱までカバーできる製品もあるのでそれに比べると色域はやや狭めです。
Alienware AW3225QF_spx_def (1)
Alienware AW3225QF_spx_def (2)
一方で色の正確性も平均ΔEが0.71となっており、標準設定のままでも非常に優秀です。X-Riteによると『ΔE=1程度で2つの色を横にくっつけて見比べた時に違いが判別できるレベル』とのこと。
Color-Accuracy_delta-E

「Alienware AW3225QF」は標準モードだとディスプレイパネルの性能を最大限に発揮し、上のような非常に広い色域で動作しますが、クリエイター(作成者)モードのsRGBもしくはDCI-P3を選択することで、色域(ホワイトバランスなど色規格も含め)に一致するエミュレート動作も可能です。
DSC03143_DxO
Alienware AW3225QF_color_perf_sRGB
Alienware AW3225QF_color_perf_DCIP3


次にX-Rite i1 Basic Pro 3を使用してカラーキャリブレーションを行いました。キャリブレーション設定は下のスクリーンショットの通りですが、i1 Profilerの標準設定をそのまま採用しています。
i1 Pro2_Calibration_Setting (1)
i1 Pro2_Calibration_Setting (2)i1 Pro2_Calibration_Setting (3)
「Alienware AW3225QF」では標準モードにするとRGBの強さに差が大きいとアラートが出たので、手動で調整できるユーザーカラーモードでRゲイン(赤)=96, Gゲイン(緑)=98, Bゲイン(青)=100としてキャリブレーションを行いました。
DSC03455_DxO-horz

X-Rite i1 Basic Pro 3によってカラーキャリブレーションで作成したICCファイルを適用し、同じくX-Rite i1 Basic Pro 3で行った品質検証(色の正確性の検証)の結果は次のようになっています。X-Rite i1 Basic Pro 3は分光式(スペクトロメーター)のカラーキャリブレータなので、測定精度はこちらの方が高いはずです。
上の測定結果ではカラーキャリブレーション前の色の正確性はΔE 0.71でしたが、カラーキャリブレーション後にX-Rite i1 Basic Pro 3で測定した色の正確性はΔE 0.6とさらに優秀な数値です。
なお、上で説明した変な輝度制御の影響でX-Rite i1 Basic Pro 3とi1profilerによるキャリブレーションと色精度測定が上手く動作していないかもしれません。
Alienware AW3225QF_color-accuracy_i1pro3


また分光型測色計(スペクトロメーター)で測定した輝度120cd/m^2における白色点のカラースペクトラムが次のようになっています。
カラースペクトラムから発色の良いモニタを見分けるざっくりとしたポイントは『RGB各色のピークが鋭く立ち上がり、かつ高さが同程度であること』です。一般的な液晶モニタは白色LEDバックライト(青色LEDを光源として赤緑(≒黄)蛍光体を組み合わせて白色を生成する)を採用しているので青色のピークが高くかつ鋭くなります。白色を基準として測定した場合、緑と赤のピークの高さは色温度のOSD設定で若干上下します。以上から簡単化すると『緑と赤のピークが鋭くなっているかどうか』をチェックすればカラースペクトラムの良し悪しがざっくりと判定できます。
一般的な液晶パネル(IPS/VA/TNに依らず)であれば下画像の左側のように青のピークだけが強く、残りの分離が弱い波形になりますが、LG製Nano-IPSで有名なKSF蛍光体や、Quantum Dot(量子ドット)といった最新技術が採用された液晶パネルは各色の分離が良く、ピークも急峻になります。
Color Spectrum

「Alienware AW3225QF」はRGB 1:1対応のサブピクセルな有機ELパネルに、量子ドット技術(Quantum Dot Technology)が採用されており、赤緑青の分離は良好かつ、それぞれのピークも鋭く尖っています。
Alienware AW3225QF_spectrum

ただし、2022年モデルですがSamsung S95Bに採用されているテレビ向けのSamsung製 量子ドット有機ELパネルと比較すると、ピークの急峻さは同程度である一方、中間の分離は「Alienware AW3225QF」の方が弱めです。
Samsung S95B_spectrum

参考までに、「ASUS ROG Swift OLED PG27AQDM」など、LG製有機ELパネルを採用する製品は、青色ピークは急峻ですが、新型のWBEと旧型のWBCパネルで程度の差こそあれ、赤色と緑色のピークの立ち上がりは弱く、ピークの分離も弱いので、鮮やかな赤色や緑色の表現は弱点です。
ASUS ROG Swift OLED PG27AQDM_spectrum



Alienware AW3225QFのリフレッシュレートについて

「Alienware AW3225QF」の最大の特徴の1つである240Hzリフレッシュレートについてチェックしていきます。

まずは「Alienware AW3225QF」の特徴の1つである”240Hzリフレッシュレート”について、その意味自体は特に説明せずとも読者はご存知だと思いますが、一般的な60Hzリフレッシュレートのモニタが1秒間に60回の画面更新を行うのに対して、144Hzリフレッシュレートであれば標準的な60Hzの2.4倍となる1秒間に144回の画面更新を行います。
最近では競技ゲーマー向け製品で240Hzの超高速リフレッシュレートなゲーミングモニタも普及しつつあり、さらには、それを1.5倍に上回る360Hzの超々高速なリフレッシュレート対応製品も各社から販売されています。
60Hz-144Hz-240Hz RefreshRate
1秒間に240回の画面更新を行う240Hzリフレッシュレートの物理的なメリットとしては、単純に秒間コマ数が増えるので映像がより滑らかになります。
上の章で詳しく検証したようにリフレッシュレートが上がると応答速度も上がって細部がクッキリとしたシャープな映像に見えやすくなり、加えて画面更新間隔が短くなるので表示遅延が小さくなり、一般的な60Hz環境よりもスピーディーなプレイで他者を圧倒しやすくなります。






「Alienware AW3225QF」ではNVIDIA GeForce RTX 40/30シリーズやAMD Radeon RX 7000/6000シリーズなど最新グラフィックボードのDisplayPort1.4のビデオ出力に接続することによって、モニタリフレッシュレートを240Hzなどに自由に設定できます。
Alienware AW3225QF_DisplayPort_240Hz_NVIDIA

ゲーミングPCとゲーミングモニタの接続にはDisplayPortを使用するのが現在の主流ですが、「Alienware AW3225QF」にはサブ入力としてHDMIも搭載されています。
NVIDIA GeForce RTX 40/30シリーズやAMD Radeon RX 7000/6000シリーズなど最新グラフィックボードのHDMI2.1ビデオ出力と接続した場合、「Alienware AW3225QF」は4K/240Hzの表示に対応します。
Alienware AW3225QF_HDMI_240Hz_NVIDIA
HDMI接続の場合、コンソールモードでレガシーデバイスを選択すると、4K/240Hzの解像度・リフレッシュレートが無効化され、古いビデオ出力機器との互換性が上がります。標準モードやコンソールモードで接続して上手く動作しない場合はレガシーデバイスモードを試してみてください。
Alienware AW3225QF_Console-Mode_Legacy


モニタリフレッシュレートの設定は、NVIDIA製GPUの場合は上のスクリーンショットのようにNVIDIAコントロールパネルから、AMD製GPUの場合はWindowsのディスプレイ設定から行います。
AMD GPU_RefreshRate_Setting


オンライン対戦FPSなど競技性の高いゲームにおいて144Hzや240Hzなど高リフレッシュレートのモニタを使用した時の実用的なアドバンテージとして、ゲーム内視線を左右に振った時の視認性が上がるという例は直感的にもわかりやすいメリットですが、その他にもゲーム内遠方に存在して動いているエネミーやオブジェクトの視認性が上がるというメリットも存在します。
下の比較動画では4分割して映像を並べていますが、右下以外の3つは右下画面の緑枠部分を拡大するよう接写して、「SONY DSC-RX100M5」の16倍速(960FPS)スーパースローモーションムービーで撮影したものになっています。リフレッシュレート別で左上は60Hz、右上は120Hz、左下は240Hzとなっていますが、赤枠で囲った建物の出入り口付近で左方向に移動する敵の動きはリフレッシュレートが上がるほど視認しやすくなるのがわかると思います。


またハイリフレッシュレートなゲーミングモニタでは表示遅延も小さくなります。
表示遅延が小さいメリットとしては、視認と操作の繰り返し応答が良くなることに加えて、例えば下の動画のように壁に隠れたターゲットが壁から出てきた時、画面に表示されるのが実際に速くなります。

240~360Hz・FPSでシステム遅延が小さい環境の攻撃側に敵(守備側)が見えているのに対して、一般的な60Hz・FPSでシステム遅延が大きい環境の守備側は敵(攻撃側)が見えていない様子がハッキリと映っています。


主観の画面表示を基準にしてみると、クロスヘア中央にターゲットをエイムしてから撃ち始めた場合、240Hzのほうが60Hzより先に着弾します。ターゲットが逃げる場合は50ms程度の差で撃ち漏らす場合もあります。
技術云々ではなく、単純に、クロスヘア中央にエイムするという同じタイミングで撃ちあっていたら、リフレッシュレートが高いモニタを使っている方が勝ちます。加えて操作と画面表示の繰り返し応答も早いので、当然、リフレッシュレートが高い方がエイムもスムーズになります。



高性能なゲーミングモニタには高性能なGPUが必要

なお、ゲーミングモニタのリフレッシュレート(と解像度/フレームレート)と対になって重要なのが、PCのグラフィック性能を左右するGPU、グラフィックボードです。
ハイフレームレートはヌルヌル、サクサクと表現できるような快適なゲーミングを実現するだけでなく、上で説明したように競技系ゲームを有利に運ぶ意味でも重要ですが、ゲーミングモニタがハイリフレッシュレートに対応していても、PCのグラフィック性能が不足していて大元の映像データが60FPS前後しか出ていなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

当サイトでは240Hz+の競技ゲーマー向けモニタや4K/120Hz+のラグジュアリーな画質重視モニタを検証するにあたりモニタ性能を最大限に発揮できるよう、2023年最新にして最速のウルトラハイエンドGPUを搭載したグラフィックボード「PNY GeForce RTX 4090 24GB XLR8 Gaming VERTO EPIC-X RGB OC 3FAN」を使用しています。
GPU for CPU Test
PNY GeForce RTX 4090 24GB XLR8は、ベイパーチャンバー構造のベースコアや、厚みのあるファンブレードをバリヤーリングで結合した重厚な冷却ファンを採用する4スロット占有大型GPUクーラーにより、各社AIBモデルの中でもトップクラスの静音性を実現しています。
メーカーのPNYは2022年に株式会社アスクが販売代理店契約を結んだばかりの新参なので国内での知名度は高くありませんが、北米など海外市場では30年以上に渡りコンシューマーならびにビジネス向けで電子機器の製造・販売を行う大手メーカーです。
国内正規品なら代理店を介してPNY公式のグローバル保証と同じ3年間の長期保証が受けられるところも魅力です。
「PNY GeForce RTX 4090 24GB XLR8」をレビュー
PNY GeForce RTX 4090 24GB XLR8 Gaming VERTO EPIC-X RGB OC 3FAN

「Alienware AW3225QF」のポテンシャルを最大限に引き出すには、元から軽めのPCゲームや画質設定を下げた最新PCゲームであってもグラフィックボードのGPU性能はかなり高い水準で要求されます。
ゲーミングモニタとして「Alienware AW3225QF」を使用するのであれば2023年最新GPUであるNVIDIA GeForce RTX 4080/4090やAMD Radeon RX 7900 XT/XTXがおすすめです。
GeForce RTX 40シリーズのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 40シリーズのレビュー記事一覧へ

GeForce RTX 30シリーズのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 30

Radeon RX 7000シリーズのレビュー記事一覧へ
AMD Radeon RX 7000 Series


非可逆圧縮伝送機能「Display stream compression (DSC)」について

視覚損失のない非可逆圧縮伝送機能「Display stream compression (DSC)」について説明しておきます。





Alienware AW3225QFの応答速度・表示遅延

次にゲーミングモニタのハードウェア性能として特に重要な、「Alienware AW3225QF」の応答速度や表示遅延についてチェックしていきます。

まずは「Alienware AW3225QF」の応答速度について検証していきます。
「Alienware AW3225QF」では関係しませんが、液晶パネルのゲーミングモニタを選ぶ、もしくはモニタの応答速度や残像を評価する上で重要な予備知識である『液晶モニタの応答速度とオーバードライブ機能』についてはこちらの記事で簡単に紹介しているので、よくわからないという人は先に確認してみてください。





応答速度の確認には「UFO Test: Ghosting」を使用します。同テストではUFOが移動する背景カラーを選択できますが、今回の検証ではブラック/グレー/ホワイトの3色を選択しています。
背景カラーがブラックの場合は各液晶パネルにおいて応答速度は高速な数値を示すので、概ね理想的な応答を確認することになります。背景カラーがホワイトの場合の応答速度は、ドキュメントやウェブページでテキストをスクロールした時の文字の滲み度合いの参考になります。背景カラーがグレーの場合、中間色に移るまでの応答速度を比較することになるので、一般的なゲームプレイにおける物理的な残像の少なさの指標として参考になります。
UFO Test_Ghosting

まずは簡単にシャッタースピードを十分に速くして「UFO Test: Ghosting」の様子を写真撮影してみました。
有機ELパネルが採用されている「Alienware AW3225QF」を最大リフレッシュレートの240Hzで動作させ、十分に早いシャッタースピードで撮影しましたが、応答速度の遅さによって複数のフレームが写し込むことはほぼありませんでした。
静止状態の写真と比較しても見た目に差はありません。
DSC04749
DSC04746
液晶パネルなら適当に手動で連写していれば1ms GTGを謳う製品でも2フレームが映った遷移途中を撮影できますが、「Alienware AW3225QF」の有機ELパネルは応答速度が非常に速いので、ランダムな連写では遷移の瞬間をとらえるのが難しいレベルです。
DSC04772

さらに「Alienware AW3225QF」のリフレッシュレートを変えてみたり、他の液晶モニタを比較対象にしたりしながら、「UFO Test: Ghosting」の様子を「SONY DSC-RX100M5」の16倍速(960FPS)スーパースローモーションムービーで撮影し、比較してみます。
Response-and-Latency Test

まずは「Alienware AW3225QF」のリフレッシュレートを60Hzと120Hzと240Hzに変えてUFO Test: Ghostingの様子を比較してみました。見ての通りリフレッシュレートによらず残像感は全く感じません。



ここからはSONY DSC-RX100M5の960FPS(16倍速)よりもさらに高速な5760FPS(96倍速)のスーパースローモーションカメラを使用して「Alienware AW3225QF」の応答速度を比較検証していきます。
まずは先ほどのおさらいになりますが、5760FPSのスーパースローで確認してみても、「Alienware AW3225QF」は一瞬で画面更新が完了しています。
2022年モデルですが、Samsung製 量子ドット有機ELパネルを採用するテレビ Samsung S95Bでは白色背景など一部条件で有機EL保護機能の影響なのか、前フレームの残像が残ることがありましたが、「Alienware AW3225QF」にはそういった挙動もありません。


下は「Alienware AW3225QF」の240Hzについて、グレー背景における画面更新のフレームを切り出して並べたものですが、5760FPSで撮影した時、各ピクセルは1フレーム以内に画面更新が完了しています。応答速度はコンマms単位で、有機ELモニタの公称応答速度としてよく挙げられる0.5ms~1msは余裕でクリアしています。
240Hz_00000-tile

ちなみに、旧世代の有機ELパネルを採用するASUS ROG Swift OLED PG42UQやLG OLED CX 48インチも応答速度はほぼ同じで、一瞬で表示が切り替わります。
ここ数年の有機ELパネルは120Hz前後において理想的なスイッチ特性なので差はありませんでしたが、新たに登場した240Hz~360Hzでも理想的なスイッチ特性です。



有機ELパネルに限定すると対応リフレッシュレートに差があれど、応答速度自体はどれもほぼ理想的なスイッチ特性で大差ありませんが、比較対象が液晶パネルなら応答速度には大きな差があります。

有機ELパネルの「Alienware AW3225QF」に、液晶モニタの「ASUS ROG Swift 360Hz PG27AQN」と「ZOWIE XL2566K」を加えて応答速度を比較してみました。
ASUS ROG Swift 360Hz PG27AQNとZOWIE XL2566Kは最大360Hzリフレッシュレートに対応しており、現在販売されている液晶モニタでは最速クラスの応答速度ですが、それでも有機ELの「Alienware AW3225QF」と比較すると残像があるのがハッキリわかります。




高精度な機械式スライダーを使用した撮影で、「Alienware AW3225QF」の240Hzについて実際に体感する明瞭さを再現してみました。


「Alienware AW3225QF」の応答速度はほぼ理想的なスイッチ特性なので、過渡応答やオーバーシュートが生じる液晶と比較すると1.5倍以上の明瞭さを発揮します。
同じリフレッシュレートなら有機ELのほうが明瞭なのはもちろん、液晶の360Hzに対して有機ELの240Hzは同等以上の明瞭さです。(モニタ左端から右端まで1.5秒のスライド速度)
s1_OLED-240Hz
s1_LCD-240Hz
s1_LCD-360Hz

s2_OLED-240Hz
s2_LCD-240Hz
s2_LCD-360Hz

s3_OLED-240Hz
s3_LCD-240Hz
s3_LCD-360Hz



続いてスーパースローモーション動画ではなく、オシロスコープ&光プローブのような光センサーを利用した定量的な測定で応答速度についてチェックしていきます。
ここで確認するのは製品スペックに置いて『〇〇s (GTG)』などと表記される性能そのものです。統計的な扱いや解析には差があるかもしれませんが。

「Alienware AW3225QF」の最大リフレッシュレートで最適OD設定を適用した時の応答速度とオーバーシュートエラーのヒートマップは次のようになっています。
Alienware AW3225QF_response_heatmap_240Hz
Alienware AW3225QF_response_vs_Best

ゲーム機や動画視聴において一般的な60Hzリフレッシュレートにおいて、「Alienware AW3225QF」に最適OD設定を適用した時の応答速度とオーバーシュートエラーのヒートマップは次のようになっています。
Alienware AW3225QF_response_heatmap_60Hz
Alienware AW3225QF_response_vs_60Hz

ゲーミングPCだけでなくPlayStation 5やXbox Series X/Sといった最新ゲーム機も対応する120Hzの高速リフレッシュレートにおいて、「Alienware AW3225QF」に最適OD設定を適用した時の応答速度とオーバーシュートエラーのヒートマップは次のようになっています。
Alienware AW3225QF_response_heatmap_120Hz
Alienware AW3225QF_response_vs_120Hz


最後に「Alienware AW3225QF」の表示遅延(内部遅延)について測定を行いました。
モニタにはGPUのビデオ出力が送られてきてから実際にモニタに表示されるまで遅延が存在し、この遅延が大きいと例えば、FPSゲームでゲームパッドのトリガーやマウスのクリックによる操作からワンテンポ遅れて、マズルフラッシュが表示される、といった現象が発生します。人間は当然目で見てから操作するので、格闘ゲームやFPSゲームなど1,2フレームを争うような競技性の高いゲームにおいてはモニタの表示遅延が可能な限り小さいことが望まれます。
nvidia-reflex-end-to-end-system-latency-terminology

システム表示遅延やディスプレイ表示遅延の測定には、フォトセンサーを使用した特殊な測定機器「PC Gaming Latency Tester」を使用しています。当サイトのレビュー用に特注した機器なので、詳細についてはこちらの記事を参照してください。


「Alienware AW3225QF」やその他の比較モニタのディスプレイ表示遅延の測定結果は次のようになりました。測定方法的に遅延が2ms以下であればディスプレイ内部の表示遅延は誤差の範囲内で十分に小さいと考えてOKです。
「Alienware AW3225QF」は240Hzでは理想的なディスプレイ表示遅延を示すのですが、60Hzではちょうど7ms程度、120Hzでも僅かながら2.0~2.5ms程度の余分な遅延が生じています。操作にラグを感じるほどではありませんが。
Alienware AW3225QF_latency_1_display

「Alienware AW3225QF」やその他の比較モニタのシステム表示遅延の測定結果は次のようになりました。この測定値は一般的なPCゲームにおける操作から画面表示の変化までの遅延に一致します。
グラフの通りリフレッシュレートを上げると応答速度だけでなく表示遅延も改善するのでゲーマーにとってハイリフレッシュレートなゲーミングモニタを選択するメリットは大きいということが分かると思います。
Alienware AW3225QF_latency_2_system



Alienware AW3225QFの可変リフレッシュレート同期について

続いて「Alienware AW3225QF」が対応する可変リフレッシュレート同期機能「AMD FreeSync / NVIDIA G-Sync Compatible(VESA Adaptive-Sync、HDMI Variable Refresh Rate)」についてチェックしていきます。

モニタの画面更新(リフレッシュ)に関する基本的な予備知識や、「AMD FreeSync (VESA Adaptive-Sync、HDMI Variable Refresh Rate)」と「NVIDIA G-Sync Compatible」の関係についてはこちらの記事を参考にしてください。
ゲーミングモニタの選び方[3] FreeSyncとG-Sync Compatibleについて
AMD FreeSync_NVIDIAG-Sync Compatible
なお当サイトのレビューではNVIDIA環境について、G-Syncモジュールが搭載されたモニタにおける可変リフレッシュレート同期機能を単純にG-Syncと呼び、AMD FreeSync(VESA Adaptive-Sync)に対応したモニタにおける可変リフレッシュレート同期機能はG-Sync CompatibleもしくはAdaptive-Syncと呼びます。またドライバでそのモニタが正式にサポートされている場合はG-Sync Compatible認証取得済みと補足します。


「Alienware AW3225QF」は48Hz~240Hzの範囲内で「AMD FreeSync / NVIDIA G-Sync Compatible (VESA Adaptive-Sync、HDMI Variable Refresh Rate)」など可変リフレッシュレート同期に対応しています。
2024年2月現在、GeForce Driver 551.23でG-Sync Compatible認証も取得済みでした。
従来のNVIDIA製GPUではHDMI経由でG-Sync Compatibleは利用できないケースが多かったのですが、「Alienware AW3225QF」ではHDMI経由でもG-Sync Compatibleを利用できます。ただしGeForce Driver 551.23ではHDMI接続の場合、G-Sync Compatible認証は未取得と表示されます。
Alienware AW3225QF_G-Sync Compatible

当然、AMD製GPU環境でもAMD FreeSyncを有効化できます。可変リフレッシュレート同期機能の対応フレームレートは48Hz~240Hzの範囲内です。
Alienware AW3225QF_VRR-Range

可変リフレッシュレート同期機能が正常に動作してリフレッシュレートが可変になると、「Alienware AW3225QF」のOSDメニューから確認できるリフレッシュレートがフレームレートに合わせて変動するようになるので、機能が正しく動作しているかどうかはここを見て確認してください。
DSC03487_DxO

なお、「Alienware AW3225QF」は標準でVRRが有効になっていて、OSD設定上にもVRRを有効/無効を切り替える項目はありません。モニタ側の設定は必要なく、ビデオ出力機器側でVRRを有効にすれば機能します。





Alienware AW3225QFのHDR表示やCSゲーム機対応について

「Alienware AW3225QF」のHDR表示やCSゲーム機の対応(4Kエミュレートなど)についてチェックしていきます。
HDR表示やCSゲーム機対応について
HDMI ver, ポート数
HDMI2.1×2
HDR表示 対応
VRR同期 対応
カラーフォーマット
DP1.4
4K/240Hz/10bit RGB
カラーフォーマット
HDMI2.1
4K/240Hz/10bit RGB
ピーク輝度(実測) HDR Peak 1000 : 1002 cd/m^2 (3% APL)
その他 : ~450 cd/m^2 (10% APL)
輝度認証 VESA DisplayHDR 400 True Black
ローカルディミング 対応、ピクセルレベル
4Kエミュレート 4Kネイティブ
PlayStation 5 4K/120FPS対応(HDR:YUV422)
Xbox Series X/S 4K/120FPS対応

VESAがMicrosoft Store上で無料アプリとして公開しているVESA DisplayHDR Compliance Testsから、「Alienware AW3225QF」のディスプレイ輝度の扱いが確認できました。(データの読み方については管理人も怪しいので参考までに)
Alienware AW3225QF_VESA DisplayHDR (1)
Alienware AW3225QF_VESA DisplayHDR (2)
なお「Alienware AW3225QF」にはいくつかHDRモードがありますが、HDR Peak 1000に切り替えると、VESA DisplayHDR Compliance Testsで表示されるHDR輝度情報が変わりました。
Alienware AW3225QF_VESA DisplayHDR_Peak1000 (1)
Alienware AW3225QF_VESA DisplayHDR_Peak1000 (2)







HDR表示モードやOSD設定について

「Alienware AW3225QF」でHDR映像ソースを正常に表示するには、ディスプレイ設定の小項目として配置されている”Smart HDR”をオフ以外に切り替える必要があります。
初期設定でデスクトップが選択されているので特に操作しなくてもPCやゲーム機からHDR映像に対応したディスプレイとして認識されますが、認識されない場合はオフになっていないか確認してください。
DSC03130_DxO


HDR設定を有効にした状態でHDR映像ソースが認識されると、自動的にHDR表示モードに切り替わり、OSD詳細設定メニューの右上にHDRアイコンが表示されます。
「Alienware AW3225QF」はHDR表示をコンテンツに最適化するSmart HDRという機能を搭載しており、デスクトップ、ムービーHDR、ゲームHDR、カスタムカラーHDR、DisplayHDR True Black、HDR Peak 1000の6種類のプリセットから選択できます。
DSC03187_DxO
一般的なHDR10規格のHDR出力機器に接続した場合、上で紹介したようにOSDメニュー右上に”HDR+”と表示され、Smart HDRから画質モードを選択しますが、Windows PCやXbox Series X|SなどDolby Visionに対応したHDR出力機器でHDR表示を行うと、「Alienware AW3225QF」のHDR表示はDolby Visionに切り替わります。
Dolby Visionが有効になると、Smart HDRの項目はグレーアウトし、ドルビービジョンから、ブライト、ダーク、ゲームの3種類のプリセットを選択する形になります。
DSC03183_DxO

2月28日にリリースされた新ファームウェア M2B103でDolby Visionの無効化設定が追加されました。
SDR表示中にもDolby Visionの設定項目を変更できるようになり、オフにしておけばWindows PC環境でもHDR有効時に自動的にモニタがDolby Visionモードにならず、Smart HDRモードで動作します。
DSC04404_DxO
DSC04405_DxO


以下、「Alienware AW3225QF」のレビュー記事内では、SDR/HDR表示の区別として『HDRモード』、一般的なHDR10で画面右上にHDR+アイコンが表示されている状態を『Smart HDRモード』、画面右上にDolby Visionアイコンが表示されている状態を『Dolby Visionモード』と区別することにします。

HDRモードではディスプレイ輝度など一部のOSD設定がグレーアウトして調整できなくなります。画質モード(プリセットモード)は切り替えできますが、HDRモード中の表示には影響しません。
DSC03186_DxO
DSC03185_DxO

PC向けゲーミングモニタのHDR表示は発色・輝度などが完全に自動制御になるか、数種類のプリセットを切り替える程度しか設定がないことが多いのですが、「Alienware AW3225QF」はSmart HDRの中に”カスタムカラーHDR”という設定が用意されており、コントラスト、色相、彩度を任意に調整できます。
有色なら色相で寒色(青色)寄りにシフトさせたり、彩度でSDR表示同様に過飽和気味に高彩度な表示にチューニングすることも可能です。ただしホワイトポイント(色温度)はHDR標準のD65から変更できません。
DSC03189_DxO
DSC03190_DxO
DSC03191_DxO
DSC03193_DxO
DSC03195_DxO

あとHDMIビデオ入力で接続時に限定されますが、プリセットモードと違ってコンソールモードはHDR表示中にもオン/オフの切り替えが可能であり、HDRモード中にはソーストーンマップという項目が現れます。
これはVRRやALLMのようにHDMI2.1規格で追加された新機能 HDMI Source-Based Tone Mapping (SBTM)を有効にする設定のようです。
SBTMではHDRトーンマップを自分で行うソース機器に対して色域や輝度といったディスプレイ性能を伝えることで、ディスプレイ性能に合わせたトーンマップを実現できます。
DSC03239_DxO



PC接続時の解像度やカラーフォーマットについて

「Alienware AW3225QF」はDisplayPort1.4ビデオ入力でPCと接続した場合、4K/240HzのHDR表示において、RGB 10bitのカラーフォーマットに対応します。
Alienware AW3225QF_HDR_DP_4K-240Hz-10bit RGB

また「Alienware AW3225QF」のHDMI2.1ビデオ入力は最大48Gbpsのデータレートで映像データの伝送が可能であり、視覚損失のない非可逆圧縮機能 Display Stream Compression (DSC) 1.2aにも対応しています。
Alienware AW3225QF_HDMI2.1_spec (1)
最新グラフィックボードと接続した場合、4K/240HzのHDR表示においてRGB 10bitのカラーフォーマットに対応します。G-Sync Compatibleなど可変リフレッシュレート同期機能も併用が可能です。
Alienware AW3225QF_HDR_HDMI_4K-240Hz-10bit RGB
Alienware AW3225QF_HDR_HDMI_4K-240Hz-12bit RGB


CSゲーム機接続時の4KエミュレートやHDCP対応について

「Alienware AW3225QF」に搭載された2基のHDMIビデオ入力はHDMI2.1に対応しているので、PlayStation 5やXbox Series X/Sを組み合わせた場合、4K/120Hzの表示が可能です。
DSC03517_DxO
DSC03522_DxO
DSC03523_DxO

PlayStation 5やXbox Series X/Sのようにゲーム機が対応していればVRR同期機能を利用できます。
DSC03515_DxO
DSC03512_DxO
DSC03524_DxO

Xbox Series X/SはWindows PC同様にDolby Visionをサポートしているので、ビデオモードの詳細設定で機能を有効にするとHDR対応ゲームにおいてDolby Visionも利用できました。
DSC03527_DxO
DSC03528_DxO
DSC03524_DxO


「Alienware AW3225QF」はPS5など一部機器からHDR出力を行う場合に、コンソールモードを有効にしないと、輝度の低下(トーンマップ異常)や彩度のウォッシュアウトといった表示バグが発生しました。
「Alienware AW3225QF」のファームウェア M2B102においてPS5を接続する場合はコンソールモードを有効にしてください。
DSC04084
DSC04085
DSC04087
DSC04088
DSC04100
DSC04101


もう1点、4Kネイティブなので大した問題ではないと思いますが、「Alienware AW3225QF」はPS5やXbox Series X/Sと組み合わせた時にWQHD解像度に非対応でした。コンソールモードやレガシーデバイスを使用しても非対応と表示されます。
現在のファームウェア M2B102ではWQHDサポートに若干の問題があるので一応注意してください。
DSC03518_DxO
DSC03520_DxO
ちなみにHDMIスプリッターを使用してWQHD対応モニタのEDIDでPS5にWQHD解像度を出力させると「Alienware AW3225QF」はハイフレームレート、VRR、HDRを含め、WQHD解像度で問題なく表示できました。EDID周りに何かしらの不備があるようです。
DSC04083_DxO



Alienware AW3225QFのHDR性能やローカルディミングについて

最後に「Alienware AW3225QF」のHDR表示における輝度性能、ローカルディミング対応、色性能をチェックしていきます。

HDR表示における輝度性能について

HDR対応モニタ/テレビのHDRモードにおけるディスプレイ輝度は、高輝度領域の広さ(APL:Average Picture Level)や高輝度表示の継続時間に依存するので、Calibrite Display Plus HLを使用してHDR時の最大輝度を条件別で測定してみました。
VESA DisplayHDR Compliance Tests以外の測定はHCFRを使用しています。HCFRの測定ではパネルタイプに応じて理想的な性能を確認できるように背景カラーを、液晶パネルの場合は20%グレー、有機ELパネルの場合は0%ブラックとしています。

「Alienware AW3225QF」はVESA DisplayHDR Compliance Testsで確認すると、Smart HDRモード(非Dolby Vision)において、10%部分に450cd/m^2を発揮するのに対し、画面全体の白色表示になると輝度は250cd/m^2程度に下がります。同製品が取得するVESA DisplayHDR 400 True Blackの認定基準はクリアしています。
いずれも数秒しかキープできない短時間のピーク輝度ではなく、少なくとも十数秒では輝度が落ちずにこの高輝度を維持していました。
今回はSmart HDRモードのうちHDR Peak 1000モードの検証結果を挙げていますが、APL 10%やAPL 100%の最大輝度は他のモードでもほぼ同じです。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_1_VESA

PC向けモニタのHDR輝度評価(輝度認証)として一般的なVESA DisplayHDRはAPL 10%とAPL 100%を測定するのに対し、「Alienware AW3225QF」でマーケティングスペックとしてアピールされる最大1000cd/m^2の高輝度はAPL 3%以下において発揮できる数値となります。

高輝度領域に対するHDR輝度(APL:Average Picture Level)を確認すると、確かにHDR Peak 1000モードではAPL 3%以下において1000cd/m^2程度の高輝度を発揮できました。APL 5%は760cd/m^2程度です。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_2_APL_3
Game HDRやHDR True BlackなどHDR Peak 1000モード以外ではAPL 10%未満でも最大輝度はAPL 10%と同じ450cd/m^2程度で頭打ちになります。
一方、HDR Peak 1000モードを含めSmart HDRモードの各種プリセットでは、各種高輝度領域が広くなると、20%部分で400cd/m^2程度、50%部分で300cd/m^2程度まで輝度が下がります。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_2_APL_1
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_2_APL_2

2023年モデルですがMLA技術も使用されているLG製有機ELパネルを採用するASUS ROG Swift OLED PG27AQDMとAPLに対するHDR最大輝度を比較すると次のようになります。
APL 50%以上では250~350cd/m2を発揮できる「Alienware AW3225QF」の方が高輝度ですが、筆者の経験上、一般的なゲームシーンでの画面の明るさに影響が大きいと思われるAPL 10~30%はLG製有機ELパネルが上回っています。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_3_APL_vs-mode_s

実は、この輝度分布は同社AW3423DWなどSamsungが第1世代とよぶ量子ドット有機ELパネル採用製品とほぼ同じです。詳しいレビューをググれば似たようなグラフが見つかります。
HDR的な高輝度を体験する上ではせめてAPL 10~20%で600cd/m^2以上の高輝度は欲しいので(APL 3%以下の高輝度よりも)、第3世代を謳う最新パネルで輝度性能の向上がなかったのは正直に言うと残念でした。

「Alienware AW3225QF」のAPLに対するHDR最大輝度を、その他の有機ELモニタやFALDに対応する液晶モニタと比較すると下のようになります。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_4_APL_vs-type

有機ELパネルはピクセルレベルで輝度を調整できるので、後述のローカルディミングのように完全な黒や明暗の分離(ハローやチラつきがない)といった表現は得意としますが、上の比較グラフの通り、APL 50~100%、画面全体が白色/高輝度になるような映像では輝度が大きく下がるという弱点があります。
画面全体が点灯する爆炎のような表示では250cd/m^2以下のディスプレイ輝度しか発揮できず、また画面全体に白色が分布すると、輝度が下がり本来、白色で表示すべき部分がグレーっぽくなってしまいます。
DSC04120

「Alienware AW3225QF」は最新のQD-OLEDパネルによって輝度性能がかなり改善しているとはいえ、画面全体が高輝度で発光する爆炎のような表示にはやはり弱いのですが、下のように比較的広く標準的な白色が分布する映像に対しては高輝度な液晶モニタと遜色ない表示が可能でした。
DSC04115
「Alienware AW3225QF」はHDR True Blackプリセットを使用すれば比較的に明るいシーンでもFALD対応液晶ディスプレイ同様に映像ソースが指定するベース輝度を再現できるのですが、最大輝度は450cd/m^2程度でトーンマップもそこでクリップされるため、高輝度部分の階調表現は微妙です。
VESA DisplayHDR 600のSONY INZONE M9と比較するとベース輝度は同等で暗さを感じませんが、ピーク輝度となる太陽の部分は階調表現が狭く(カメラ露出ではなくHDRトーンマップの白飛びで太陽の半径が大きい)、ピーク輝度自体も低いのが分かります。
DSC04124
DSC04126
全体的に暗くて有機ELには有利な条件でも似たようなピーク輝度やハイライトの階調表現です。
DSC04127
DSC04128


通常は上くらいの検証で大雑把な輝度性能は把握できるのですが、「Alienware AW3225QF」は少々奇妙な挙動だったので少し掘り下げて解説していきます。

HDR Peak 1000モードについては最大1000cd/m^2を発揮でき、450cd/m^2を超える高輝度(映像データが)部分でも白飛びせず輝度階調が表現されますが、画面全体の輝度はHDR True Blackモードなど他のHDRモードと比べてかなり下がります。
簡単な例としてAPL 10%の高輝度ウィンドウに対して、背景を黒色(0%ホワイト)ではなくリファレンスで100cd/m^2前後の輝度である50%ホワイトに固定し、高輝度ウィンドウと背景の輝度をそれぞれ測定したのが次のグラフです。
HDR Peak 1000モードは高輝度ウィンドウの輝度がHDR True Blackモードより低い上に、ベース輝度になる背景もリファレンスの半分以下しか輝度が出ません。輝度性能の弱い有機ELとはいえ、この動作は実用するには致命的だと思います。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_4_APL10_BG-50

背景を50%ホワイトにした時のAPLに対する最大輝度と背景輝度の関係を個別製品でまとめたのが次のグラフです。
筆者はAPL 100%で1000cd/m^2以上を発揮できるFALD液晶モニタも検証したことがあり、経験的に輝度性能が高いほどリアルさの再現性や迫力は増すことは間違いありません。
同時にHDRの魅力の1つである高輝度表現(ダイナミックレンジの広さ)を正しく体験する水準について言うなら、Samsung S95BやSONY INZONE M9程度の輝度性能が必要というのが率直な意見です。
最大輝度で600cd/m^2以上、ベース輝度で70~80cd/m^2以上をキープできるくらいの輝度性能がないと、高輝度やダイナミックレンジという意味でのHDR体験には不十分だと思います。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_5
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_6a
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_6b

以上を踏まえて、最大1000cd/m^2のピーク輝度に対応するHDR Peak 1000プリセットについてですが、上記測定結果の通り、ベース輝度が大幅に下がるので、白色が広く分布するようなシーンで画面が暗くなります。
DSC04132
また最大輝度についてもAPLやベース輝度に対する制限が強いので、下写真のような条件だとハイライトの階調は表現されますが、ピーク輝度はSONY INZONE M9が600cd/m^2程度出るのに対して300cd/m^2程度です。
DSC04137
DSC04139
全体的に暗い有利な条件でも、ハイライトの階調は表現できているものの、火花の中央は400cd/m^2も発揮できていません。
DSC04140
DSC04141

HDR対応モニタの評価用にPS5でサンプルスクショをいくつか用意しているのですが、「Alienware AW3225QF」で最大輝度を確認できたのは下写真の爆炎部分でした。これくらい理想的な状態でもピーク輝度は700cd/m^2程度です。
「Alienware AW3225QF」において”最大輝度 1000cd/m^2”という数字にマーケティングスペックやキャッチコピー以上の意味があるかというと微妙です。
DSC04135


ローカルディミング対応について

「Alienware AW3225QF」は有機ELディスプレイなのでピクセルレベルでローカルディミングに対応しています。

現在10万円程度で販売されている4K/144Hz対応ゲーミングモニタの多くは、ローカルディミングに対応していても短冊状の1D型かつ分割数が10~20程度なので、輝点に対してかなりの広範囲でバックライトが点灯してしまいます。
同社の4K/144Hz対応ゲーミングモニタ ASUS TUF Gaming VG28UQL1Aと比較していますが、「Alienware AW3225QF」はピクセルレベルで輝度を調整でき、”ハローがない”という意味では理想的な構造なのでその差は一目瞭然です。


続いて比較するSONY INZONE M9は、直下型バックライトかつフルアレイ型ローカルディミングの4K/144Hz対応ゲーミングモニタとしては比較的に安価な製品です。(とはいえ13~15万円と高価ですが)
1D型との比較では完全に上位互換な表現力を発揮していた96分割FALDと比較してみても、やはりピクセルレベルで制御する有機ELの方が圧倒的にコントラストに優れます。



そもそも輝点を見た時に周辺がモヤッとするのは人の目の構造的な現象でもあるので、数十万円もする高級品になりますが、Mini LEDバックライトで500以上の分割数にもなると、輝点に対する周辺へのバックライト漏れは体感的に有機ELと大差なくなります。
ただし、高速に動く輝点に対してバックライトが上手く追従できるか、またバックライトの追従によるチラつき(バックライトの明滅)といった現象もあります。そういった問題を無視できるところも有機ELの魅力です。



HDR表示における輝度性能(EOTF)や色性能について

この章の最後に、「Alienware AW3225QF」のHDR表示における輝度性能(EOTF)や色性能についてもう少しだけ深堀りしていきます。
性能の検証にはカラーキャリブレータとしてX-Rite i1Basic Pro 3やCalibrite Display Plus HLを、ソフトウェアはHCFR Colormeterを使用しています。
HCFRの測定ではパネルタイプに応じて理想的な性能を確認できるよう、特に補足がなければ、液晶パネルの場合は50%部分/背景カラー20%グレー、有機ELパネルの場合は10%部分/背景カラー0%ブラックとしています。


まずは輝度性能について、標準白100nits/最大白10000nitsのガンマ曲線(SMPTE 2084)に対して、実際のディスプレイ輝度(EOTF)は次のようになりました。
「Alienware AW3225QF」をHDR True Blackで使用した場合、最大で450cd/m^2程度の輝度を発揮します。
リファレンスに対しては450cd/m^2に達する65%ホワイトまで綺麗に追従します。リファレンスに追従したまま最大輝度になってそれ以降はクリップされるというシンプルな挙動です。
15%以下のブラックについても、視認性を重視して持ち上がるようなこともなく、リファレンスに綺麗に追従しています。
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_abs_4_True-Black
下のグラフでは10%以下は綺麗にリファレンスカーブに追従していますが(2%以下では完全に消灯)、実際に使用していると、使用時間の経過に応じて10%以下は僅かに持ち上がり、4時間経過でスタンバイモード中に自動実行される有機EL保護機能のピクセルリフレッシュを行うと綺麗に追従する状態に戻るような挙動でした。(長時間使用でのパネル温度の影響かも)
ともあれ、10%以下は基本的に綺麗に追従するものとし、後述の別モードにおける測定結果で多少浮いていても測定誤差や上記の影響として無視してください。
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_log_4_True-Black
ガンマカーブの形状自体はリファレンスに沿っていますが、各ポイントの輝度に注目すると10%ホワイト以上、特に20%~40%のホワイトはやや低くなっています。
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_nb_4_True-Black

APL 10%(背景 0%ホワイト)で測定した場合、Game HDRなどのHDR Peak 1000モード以外のEOTFはほぼ同じでした。
注意点として、上記のようなEOTFによる輝度評価は一般的なものですが、背景輝度を50%ホワイトにするなど簡単な操作でも実際の表示輝度(測定結果)は変わります。

筆者の実体験からリアルなゲームシーンにおける輝度性能にマッチする測定結果として下のようなグラフを作成しました。
後述の通り、色調・彩度・ホワイトバランス等の挙動も異なることがありますが、輝度性能で言うならHDR True Blackモードがベストだと思います。ベース輝度が大きく下がるHDR Peak 1000はもとより、Game HDR等の他モードも輝度性能は若干低下します。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_7

HDR映像ソースに対してフィルムメーカーモード的に比較的忠実に再現するSONY INZONE M9と横並びで比較してみました。
写真映りだと「Alienware AW3225QF」が少し暗い印象ですが、実際の体感では、彩度の強さこそ感じても、画面表示の暗さは感じません。(厳密に輝度を測定すると少し低いですが体感としてはほぼ気にならないか、気付くのが難しいレベル)
DSC04113
DSC04114
DSC04117


一方で、Smart HDRをHDR Peak 1000モードに切り替えると、APL 10%ではHDR True Blackモードなど他のHDRモードと最大輝度は450cd^m2でほぼ同じですが、リファレンスが300cd^m2に達する60%ホワイト付近でリファレンスカーブから外れて、リファレンスが1000cd/m^2の75%ホワイトまで比例直線で輝度が上昇していき、その後クリップされます。
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_abs_5_Peak-1000_apl-10
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_log_5_Peak-1000_apl-10
10%以下のAPLにおいてはAPLに応じて最大輝度が最大で1000cd/m^2程度まで上昇します。APL 10%同様に最大輝度より150cd/m^2低いリファレンスポイントでリファレンスカーブから外れて比例直線で輝度が上昇し、その後クリップという動作です。
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_abs_5_Peak-1000_apl-5
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_abs_5_Peak-1000_apl-3
20%~40%のホワイトでリファレンスよりも輝度が低い傾向は同じですが、450cd/m^2を大きく上回る高輝度を発揮するためのチューニングなのか、他のHDRモードよりも輝度低下は相対的に大きめです。APL 2%~5%でも共通です。
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_nb_5_Peak-1000

EOTFだけ見るとHDR Peak 1000モードは良さげに思えますが、標準的な明るさのシーンでもベース輝度がかなり下がるので、実用性は微妙です。
DSC04130
DSC04131
DSC04134


続いてHDR表示における色性能(色域、色精度)をチェックするためCIE Diagramを作成しました。
「Alienware AW3225QF」はHDR True Blackにおいて同製品ディスプレイパネルが発揮できる色域性能の範囲内でRec2020のリファレンスに綺麗に追従しています。追従できる部分はもちろん、その外側についても均等に彩度は推移しており、色の精度は非常に優秀と評価できる仕上がりだと思います。
Alienware AW3225QF_CIE-Diagram_SH-4_True-Black
Rec2020/P3でも彩度マップの分布/推移は非常に綺麗です。
Alienware AW3225QF_CIE-Diagram_SH-True-Black_P3

その他にDesktop、Game HDR、HDR Peak 1000の3種類のHDRモードでもHDR True Blackと同じ彩度マップでした。
WQHD/360HzのAlienware AW2725DFではDesktopとGame HDRは用途に合わせて彩度の調整やシャープネス補正が行われていたので、「Alienware AW3225QF」の場合、検証に使用したファームウェアバージョン M2B102では適切なチューニングが時間の都合で用意できず、同じものをコピペしただけの状態のように思います。

なおMovie HDRモードだけは赤色の彩度が弱くなるチューニングでした。
ホワイトポイントこそHDR標準のD65ですが、少し緑色がかったDCI-P3(デジタルシネマ)を意識したチューニングのように思います。ただ上述の通り、WQHD/360HzのAlienware AW2725DFのMovie HDRモードに比べると中途半端なチューニングです。
Alienware AW3225QF_CIE-Diagram_SH-2_movie
Alienware AW3225QF_CIE-Diagram_SH-movie_P3


広色域モニタの場合、カラーキャリブレーターの測定値から算出した色温度が実際に視覚で体感するものに一致しないことがあるので、正確に測色できる低色域モニタを6500K(D65)にキャリブレーションし、それを基準に目視で色温度を確認、必要に応じて調整するという手法で色温度を評価しています。測色はX-Rite i1 Basic Pro 3を使用しています。

基準モニタ(CCT:6470, x:0.3129, y:0.3319, Y:121.57)と目視で比較したところ、「Alienware AW3225QF」は各種HDRモードで6500Kとして違和感のない色味でした。参考までにHDR Ture Blackモードでホワイトポイントの測定値は『CCT:6372, x:0.3152, y:0.3283, Y:122.88』でした。
写真だと色差が強調されたり、正確ではないこともありますが、下写真の通り、「Alienware AW3225QF」は6500Kよりも少しピンクがかった感じでした。とはいえ非常に微妙な違いなので横並びで見比べなければD65として違和感はないと思います。
DSC03953_DxO

もう1点補足として、各HDRモードのホワイトポイントはほぼ同じですが、HDR有効の状態でSmart HDRを他のモードからGame HDRに切り替えた場合だけ、なぜか色温度が暖色寄りにシフトしました。
Game HDRでもHDRのオン/オフを切り替えて再びHDRオンにするとD65相当の色温度になったのでファームウェアバグのように思います。
DSC03570-horz



Dolby Visionについて

Windows PCやXbox Series X|Sは対応しているものの、PlayStation 5のように非対応の機器も多いのでDolby Visionについては別枠で解説していきます。
「Alienware AW3225QF」のDolby Visionモードについてはブライト、ダーク、ゲームの3種類のプリセットがあります。
DSC03183_DxO

まずAPLに対する最大輝度についてDolby Visionのブライト/ゲームはHDR Peak 1000、ダークはHDR True Blackと同じような値になります。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_3_APL_vs-mode_dv

筆者の実体験から選定した、リアルなゲームシーンにおける輝度性能評価についてもDolby Visionのブライト/ゲームはHDR True Blackと同等のベース輝度を発揮しつつ、HDR Peak 1000のように小さいAPLなら最大1000cd/m^2の高輝度を発揮できています。
APLの制限が厳しいので600~1000cd/m^2の高輝度を十分に体験できるかというと、やはり微妙ではあるものの、HDR Peak 1000のようにベース輝度が低すぎて実用に足りない状態ではありません。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_5
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_6a
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_6b

ただし背景を0%ホワイトにしてAPL別でEOTFを確認してみると、Dolby Visionのブライトとゲームはリファレンスカーブと交わるポイント以下において輝度の対数値が0.5ずつ均等に持ち上がるような挙動でした。Dolby Visionの特性なのか、ファームウェア(M2B102)のバグなのかよくわかりません。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_7a_DV-Bright
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_7b_DV-Game
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_log_5_DV-Bright_apl-10
Alienware AW3225QF_HDR_EOTF_log_5_DV-Bright_apl-3

一方でDolby VisionのダークについてはHDR True Blackを少し暗くしただけ、というような素直な挙動です。
Alienware AW3225QF_HDR_brightness_7c_DV-Dark


続いてCIE Diagramについて、代表してブライトの彩度マップを載せていますが、Dolby Visionモードのブライト/ゲーム/ダークの3種類はSmart HDRモードのHDR True Blackとほぼ同じで、ディスプレイパネルが発揮できる色域性能の範囲内でRec2020のリファレンスに綺麗に追従しています。追従できる部分はもちろん、その外側についても均等に彩度は推移しています。
ただ、HCFR(madVR TPG)の任意カラーチェッカーで彩度最大の赤/緑/青/シアン/マゼンタ/イエローを表示するとDolby Visionモードでは青がシアンに、赤がイエローに若干寄りました。dogegenというHDRテストパターンジェネレータを使用しても同じ結果でした。実際の表示に悪影響があるのか未確認ですが、何かしらバグはあるように思います。
Alienware AW3225QF_CIE-Diagram_DV-Bright
Dolby VisionモードはRec2020/P3でも彩度マップの分布/推移は非常に綺麗です。ただしSmart HDRモードのRec2020/P3に比べると少し色域(最大彩度)が狭くなりました。
Alienware AW3225QF_CIE-Diagram_DV-Bright_P3



Alienware AW3225QFのレビューまとめ

最後に「Alienware AW3225QF」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。

良いところ
  • 画面サイズ32インチで机に置く4Kゲーミングモニタとしてはちょうどいいサイズ
  • 発色、視野角、コントラスト、応答速度などオールラウンドで画質に優れた有機ELパネル
  • 独自の反射防止コーティング(ディスプレイ表面はアンチグレアではなくグレア寄り)
  • 99% DCI-P3、94% Adobe RGB、さらにRec2020もカバー率が80%
  • APL無効化で240~260cd/m^2を安定して発揮できる均一輝度モード (*1)
  • コンマms級の圧倒的な応答速度
  • ビデオ入力はDisplayPort1.4とHDMI2.1×2の計3系統
  • DP1.4とHDMI2.1は4K/240Hz VRR/HDR 10bit RGBに完全対応
  • 可変リフレッシュレート同期機能に対応(48FPS~240FPS)
  • PS5やXbox Series X/Sの接続時は4K/120FPSの入力、HDCP2.3に対応
  • HDR規格のDolby Visionに対応
  • HDMI eARCによる音声出力に対応
  • PIP/PBPで4K/120HzやHDRを併用可能
  • モニタ本体重量6.2kgかつVESAマウント対応でモニターアームを使用可能
悪いところor注意点
  • 黒色表示におけるピンクティントが気になるかも(部屋の明るさにも依る)
  • 三角配列サブピクセルは色滲みが生じる、Windowsデスクトップ利用には不向きかも
  • 一般的なAPL制御と別に有機EL保護機能でSDR表示の白色輝度は変動 (← *1)
  • HDR表示においてAPLによる輝度制限が強い(有機EL一般の特性)
  • PS5接続時はコンソールモードを有効にしないとHDR表示に不具合 【FW:M2B102】
  • 税込み16万円ほどと非常に高価(2024年2月現在)

「Alienware AW3225QF」は、最新のSamsung製 量子ドット有機ELパネルが採用されており、4Kの高解像度に加えて、コンマmsの応答速度によって高リフレッシュレートなゲーミングモニタとして定番になりつつあるIPS液晶パネル搭載製品を軽々と上回る明瞭さを実現しています。
有機ELパネルというとこれまでは60~120Hzの製品しかなく(しかも主に大画面テレビ向け)、どちらかというと高画質系ゲームをメインにするゲーマー向けの製品でしたが、「Alienware AW3225QF」はネイティブ240Hzリフレッシュレートに対応するのでE-Sports系タイトルをメインにプレイするゲーマーにもマッチします。

PlayStation 5も対応して認知度が高まっていますが、「Alienware AW3225QF」は可変リフレッシュレート同期機能にも対応しています。
VRR同期対応フレームレートとして48FPS~120FPS/360FPSの幅広いフレームレートをカバーしており、60FPS前後しか維持できない最新の高画質な重いゲームから、100FPS以上を維持できる競技性の高い軽めなゲームまで、テアリングやスタッターのないクリアで滑らかな表示を実現します。


「Alienware AW3225QF」のHDR性能について一言でまとめるなら、”綺麗だけどHDRならではの迫力については物足りない”になると思います。
単に”HDR”とひとくくりでまとめられることが多いですが、HDRには大きく分けて3つ、『高輝度(と黒表現)』、『広色域(Rec2020)』、『滑らかな階調表現(10bit/12bit)』という特長があります。

「Alienware AW3225QF」は量子ドット技術も採用する有機ELパネルによって、色域の広さと階調表現の滑らかさの2つについてはHDR対応ディスプレイの中でもトップクラスであることは間違いありません。
一方で『高輝度(と黒表現)』はHDR体験として十分な性能かというと、高輝度性能が足りないというのが率直な感想です。ピクセルレベルで輝度を調整でき、完全な黒色を表現できる有機ELパネルなので相対的なコントラスト表現は綺麗ですが、やはり絶対値としての高輝度が足りないのでHDRならではの迫力ある映像は体験できないと思います。
同じくSamsung製 量子ドット有機ELパネル採用するSONY A95KやSHARP QD-OLED FS1などテレビ製品と比較してもPC向けパネルの輝度性能は劣るようなのでこの点は注意が必要です。

HDR対応モニタ目線で検証すると高輝度性能は切り離せないので少々辛口な評価になりましたが、普通の液晶モニタから「Alienware AW3225QF」に買い替えた場合、ゲーム映像が劇的に綺麗になるというのも事実です。それについてはこちらの記事で紹介しているので、参照してみてください。



あと記事中でも説明しましたが、ファームウェア M2B102において、PlayStation 5を接続する場合はHDR表示中にトーンマップ異常やウォッシュアウトといった不具合が発生するので、コンソールモードを有効にしてください。


以上、「Alienware AW3225QF」のレビューでした。
Alienware AW3225QF



記事が参考になったと思ったら、Xポストの共有(リポストやいいね)をお願いします。











関連記事

予算と性能で選ぶオススメのゲーミングモニタを解説
PCモニタ・ディスプレイのレビュー記事一覧へ

Monitor_Review_2022

PS5にオススメなゲーミングモニタを解説。HDMI2.1搭載や120FPS対応も!
PS5にオススメなゲーミングモニタを解説

「SONY INZONE M9」をレビュー。96分割FALDに15万円の価値はあるか
SONY INZONE M9

「ASUS ROG Swift OLED PG27AQDM」をレビュー
ASUS ROG Swift OLED PG27AQDM

「ASUS ROG Swift OLED PG42UQ」をレビュー
ASUS ROG Swift OLED PG42UQ

「Samsung S95B」をレビュー。量子ドット有機ELの画質を徹底検証
Samsung S95B

「ASUS TUF Gaming VG28UQL1A」をレビュー
ASUS TUF Gaming VG28UQL1A

「LG 27GP950-B」をレビュー。HDMI2.1対応アップグレードモデルを徹底検証
LG 27GP950-B

「ASUS ROG Swift PG32UQ」をレビュー。量子ドットでプロ級の発色!
ASUS ROG Swift PG32UQ

「MSI Optix MPG321UR-QD」をレビュー。量子ドットでプロ級の発色
MSI Optix MPG321UR-QD

「ASUS ROG Swift 360Hz PG259QN」をレビュー
ASUS ROG Swift 360Hz PG259QN

次世代ゲーミング環境のベストパートナー「LG OLED48CXPJA」をレビュー
LG OLED48CXPJA

「Dell G3223Q」をレビュー。4K/144Hz/HDMI2.1が6万円台!!

Dell G3223Q

360Hz対応フルスペック版が6.6万円!? 「Alienware AW2521H」をレビュー
Alienware 25 AW2521H

「MSI Optix MEG381CQR Plus」をレビュー。175Hz OCでフルRGBに対応
MSI Optix MEG381CQR Plus

「BenQ MOBIUZ EX3415R」をレビュー。リモコン操作対応ウルトラワイド
BenQ MOBIUZ EX3415R

「Alienware AW3821DW」をレビュー。G-Sync Ultimateで究極の没入感
Alienware AW3821DW




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク