MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC LHR


スポンサードリンク




GeForce RTX 3060グラフィックボードとしてMSIからリリースされた、全長172mmのMini-ITX対応ショート基板モデル「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」をレビューしていきます。
NVIDIA Ampere世代のミドルクラスGeForce RTX 3060が、前世代同クラスのRTX 2060や1ランク上のRTX 2070や同等性能マイナーアップデートモデルRTX 2060 SUPERをどの程度上回るのか、実ゲームベンチマークでグラフィック性能を徹底比較します。

MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02351_DxO


製品公式ページ:https://jp.msi.com/Graphics-Card/GeForce-RTX-3060-AERO-ITX-12G-OC




MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC レビュー目次


1.MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの外観
2.MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの分解


3.MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの検証機材・GPU概要

4.MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCのゲーム性能

5.MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの温度・消費電力・ファンノイズ

6.MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCのレビューまとめ



MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの外観

早速、MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCを開封していきます。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02352_DxO
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02353_DxO
キャラメルボックス型の外スリーブから取り出した黒色段ボールの内パッケージを開くと、スポンジスペーサー&静電防止ビニール袋という一般的な梱包でグラフィックボード本体が鎮座していました。付属品はクイックマニュアルです。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_07440_DxO

「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」のグラフィックボード本体を見ていきます。

MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02357_DxO
「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」のGPUクーラー外装は黒色プラスチック製、AEROシリーズを象徴する白色ラインやカーボンパターンはあるもののシンプルなデザインです。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02359_DxO
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02360_DxO
「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」は全長172mm、現在発売中のRTX 3060グラフィックボードの中で最小サイズです。
「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」はMini-ITXサイズのマザーボードに装着しても右端がマザーボードの外に出ることがなく、文句なしにMini-ITX完全対応です。キューブ型PCケースなどグラフィックボード設置スペースの奥行が短いコンパクトPCケースにも楽々設置できます。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02361_DxO
「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」はショート基板かつPCIEブラケットと同じ高さなので補助電源含めてPCケースとの干渉の心配はありません。GPUクーラー外装は20mmほどPCIEブラケットからはみ出る背の高いデザインではあるものの、PCIE補助電源のクリアランスで十分にカバーできる程度です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02363_DxO

「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」のGPUクーラーには100mm径の冷却ファンが1基だけ搭載されています。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02365_DxO
「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」は、3スロット占有の製品も多い中、RTX 3060搭載グラフィックボードとしては希少な2スロット占有モデルです。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02369_DxO
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02370_DxO
「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」は、VRAMチップとVRM電源回路をGPUコアと同様にGPUクーラーヒートシンク本体で冷やすという、理想的な構造が採用されています。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02367_DxO

「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」の補助電源数はRTX 3060としては一般的なPCIE 8PIN×1となっています。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02364_DxO

「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」の各種ビデオ出力とPCIE端子には黒色の保護カバーが装着されています。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02355_DxO
「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」のビデオ出力はHDMI2.1×1、DisplayPort1.4×3の4基が実装されています。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02356_DxO

「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」にはGeForce RTXロゴが描かれただけ、プラスチック製バックプレートが装着されています。基板の反りや破損を防止する保護プレートとしての役割を果たしています。なお素材もプラスチックですし、基板との間にサーマルパッドが貼られていないので冷却補助の役割はありません。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02358_DxO

なおグラフィックボードの重量はMSI GeForce RTX 3060 Ti AERO ITX OC LHRが561g、MSI GeForce RTX 3060 Ti TWIN FAN OCが584gに対して、「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」は493gでした。コンパクトサイズだけあってRTX 3060ながら軽量です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC review_02366_DxO-horz



MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの分解

「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を分解してGPUクーラーやグラフィックボード基板についてチェックしていきます。

なお今回は自己責任で(もしくはレビュー用サンプル貸出先の協力のもと特別に許可を頂いて)分解を行っています。GPUクーラーの取り外し(分解行為)は、一部を除いて多くのメーカーではグラフィックボードの正規保証の対象外になる行為です。今回はレビューのために分解していますが、繰り返しますが保証対象外になるので基本的には非推奨の行為なのでご注意下さい。


【暇があれば更新予定】




MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの検証機材・GPU概要

外観やハードのチェックはこのあたりにして早速、「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を検証用の機材に組み込みました。テストベンチ機の構成は次のようになっています。
テストベンチ機の構成

ベンチ機1(温度・消費電力)
ベンチ機2(ゲーム性能)
OS Windows10 Home 64bit (1909)

CPU

Intel Core i9 9900K
レビュー
Core/Cache:5.1/4.7GHz
Intel Core i9 10900K
レビュー
Core/Cache:5.2/4.7GHz
M/B ASUS WS Z390 PRO
レビュー
ASUS ROG MAXIMUS XII EXTREME
 (レビュー
メインメモリ G.Skill Trident Z Black
F4-4400C19D-16GTZKK
DDR4 8GB*2=16GB (レビュー
4000MHz, 17-17-17-37-CR2
G.Skill Ripjaws V F4-4000C15Q-32GVK
DDR4 8GB*4=32GB (レビュー
4000MHz, 15-16-16-36-CR2
システム
ストレージ
Samsung 860 EVO M.2 1TB
レビュー
Samsung 860 PRO 256GB
レビュー
データ
ストレージ
Samsung 860 QVO 4TB (レビュー

CPUクーラー

Fractal Design Celsius S36(レビュー
Noctua NF-A12x25 PWM (レビュー
電源
ユニット
Corsair HX1200i (レビュー
PCケース/
ベンチ板
STREACOM BC1 (レビュー



MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCのGPU概要

MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCに搭載されているGPU「GeForce RTX 3060」のスペックについて簡単に確認しておきます。
「GeForce RTX 3060」はGA106-300コアが使用されておりCUDAコア数は3584、GPUコアクロックはベース1320MHz、ブースト1777MHzです。VRAMには15.0GbpsのGDDR6メモリを12GB容量搭載しています。典型的なグラフィックボード消費電力を示すTGPは170Wに設定されており、PCIE補助電源として8PIN×1以上を要求します。
GeForce RTX 3060_spec

「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」については、リファレンス仕様のブーストクロック1777MHzに対して、ブーストクロック1792MHzにファクトリーOCが施されています。パワーリミット(TGP)はリファレンス仕様と同じく170Wです。電力制限は170Wが上限でこれ以上に引き上げることはできません。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_GPU-Z


NVIDIA GeForce RTX 3060 詳細スペック比較
GPU名 RTX 3060
RTX 3060 Ti RTX 2060
SUPER
RTX 2070
SUPER
GPUダイ GA106-300 GA104-200 TU106-400 TU106-410
製造プロセス Samsung 8nm
Samsung 8nm 12nm FinFET 12nm FinFET
CUDAコア数 3584
4864 2176 2560
TMU/ROP 112/48 152/80 136/48 184/64
ベースクロック 1320MHz 1410MHz 1470MHz 1605MHz
ブーストクロック
1777MHz 1665MHz 1650MHz 1770MHz
メモリ 12GB GDDR6
8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6
バス幅 192-bit 256-bit 256-bit 256-bit
メモリクロック 3750 MHz 3500 MHz 3500 MHz 3500 MHz
有効メモリクロック 15000 MHz 14000 MHz 14000 MHz 14000 MHz
メモリ帯域 360 GB/s 448 GB/s 448 GB/s 448 GB/s
PCIEレーン PCIE4.0x16 PCIE4.0x16 PCIE3.0x16 PCIE3.0x16
TGP(TDP) 170W
200W 175W 215W
補助電源
8PIN×1~ 8PIN×1~ 8PIN 8PIN+6PIN~
対応ビデオ出力
DP1.4
HDMI2.1
DP1.4
HDMI2.1
DP1.4
HDMI2.0
USB Type-C
DP1.4
HDMI2.0
USB Type-C
登場時期
21年2月下旬
20年12月2日 19年7月 18年7月
価格 329ドル~ 399ドル~ 399ドル~ 499ドル~


今回レビューするGeForce RTX 3060をはじめとして、GeForce RTX 30シリーズに採用されるAmpereアーキテクチャにおいて、前世代Turingと比較してスペック上のCUDAコア数が2倍に激増していることについて簡単に説明しておきます。
まず純粋に事実として、複数のCUDAコアからなるCUDAコア群のストリーミングマルチプロセッサ(Streaming Multiprocessors:SMs)の『FP32スループットがTuring世代と比較してAmpereでは2倍に向上』しています。これは間違いありません。
NVIDIA-GeForce-RTX-30-Series-SM
一度、前世代Turingを振り返ると、TuringアーキテクチャではFP32とINT32を同時に実行できる(データパスが独立に用意されている)ことがアーキテクチャとしての新しい特徴でした。Turingでは1基のSMにFP32とINTが1:1割合で実装されていました。
NVIDIA-GeForce-RTX-20-Series-SM
Turingがこのようなアーキテクチャを採用したのは、PCゲームではFP32だけでなくINT32も実行されるから、というのが理由でしたが、同時に公表されていた統計を思い出すと、ゲームによって多少変動はあるもののFP32に対してINT32はせいぜい2:1の割合でした。
NVIDIA-GeForce-RTX-20-Series-SM_FP-32-vs-INT32
であればAmpereでは2つのデータパスのうち、INT32用のデータパス上にINT32の実行ユニットだけでなくFP32の実行ユニットも乗せれば、FP32とINT32の割合が現実に即した理想的な比率になり、省スペースに実装もできるというのは理にかなった話だと思いました。(下はSMの1/4を抜粋)
NVIDIA GeForce RTX 30_Ampere-SM-vs-Turing-SM
従来では『CUDAコア数 = FP32実行ユニットの数』とカウントしていたので、同じく単純にFP32実行ユニットの数をカウントするとAmpereアーキテクチャのGeForce RTX 30シリーズでは、CUDAコア数が2倍に爆増します。確かに1クロックで同時に実行できるFP32の最大数は2倍になったのですが、即ちCUDAコア数が2倍になったとカウントするのかというとやや疑問も残ります。
GTX700からRTX2000まで4世代ほどは、『CUDAコア数の増加による比例』×『コアクロックの上昇やアーキテクチャ改良による性能向上』が次世代GPUの性能指標だったので、GTX10からRTX20でCUDAコア数が2倍であれば実際の性能は2倍以上ですが、RTX20からRTX30ではCUDAコア数が2倍になっても実際の性能は2倍以下なのでどうしても違和感が残ります。

ともあれPCゲームを含め実際のアプリケーションではINT32も使用されるので、実性能を見るとGeForce RTX 30シリーズはCUDAコア数に比例して単純に2倍の性能にはならず、INT32/FP32混合データパスの使用状態に応じて、性能の伸び幅(Performance gains)が変動します。
ただFP32など一般的なシェーダーだけでなく、レイトレーシング用コアやテンサーコアも新世代へアップグレードされているので、レイトレーシング表現やDLSSに対応したPCゲームであればRTX20に対して2倍に迫る性能も発揮できるようです。
Ampere_Raytracing-Performance-vs-turing

またGeForce RTX 30シリーズの諸機能について、前世代RTX 20シリーズとの大きな違いとして、8K/60FPS映像を取り扱えるHDMI2.1に対応し、それに伴ってハードウェアデコーダのNVDecが第5世代にアップデートしています。第5世代NVDecでは、8Kなど超高解像度映像に使用されるAV1コーデックのデコードに対応しています。
ゲーム実況などリアルタイム配信・録画において好評を博したNVEncについてはRTX 20シリーズと同じく第7世代が採用されています。
NVIDIA GeForce RTX 30_Functions



MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCのゲーム性能

「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」の性能を測るべく各種ベンチマークを実行しました。性能比較には「GeForce RTX 2070 SUPER Founders Edition」、「Radeon RX 5700 XT」、「GeForce RTX 2060 SUPER Founders Edition」、「GeForce RTX 2060 Founders Edition」を使用しています。


「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードについて、3DMarkで現在主流なDirectX11のベンチマーク「FireStrike」による比較になります。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_bench_fs

FireStrike Extreme Ultra
RTX 3060
MSI ITX OC
22034 10261 4963
RTX 2070 SUPER FE
26161 12475 6097
RX 5700 XT 27300 12947 6553
RTX 2060 SUPER FE 23027 10889 5357
RTX 2060 FE 19909 9244 4377


「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードについて、3DMarkのDirectX12ベンチマーク「TimeSpy」、およびレイトレーシング対応ベンチマーク「Port Royal」による性能比較となります。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_bench_ts-pr

TimeSpy Extreme Port Royal
RTX 3060
MSI ITX OC
8549 4031 5077
RTX 2070 SUPER FE 10232 4788 6095
RX 5700 XT 9362 4189 -
RTX 2060 SUPER FE 8895 4198 5133
RTX 2060 FE 7617 3544 4308


「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードについて、近年普及しつつあるHTC VIVE Cosmos、Oculus Quest 2/Rift S、Valve IndexなどVR HMDを使用したVRゲームに関する性能を測定する最新ベンチマーク「VRMark」による性能比較となります。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_bench_vr

Orange Room
Cyan Room
Blue Room
RTX 3060
MSI ITX OC
11733 8926 2586
RTX 2070 SUPER FE 15010 9861 3316
RX 5700 XT
13796 9289 2546
RTX 2060 SUPER FE 12978 8377 2749
RTX 2060 FE
11814 7883 2448


続いて近年の最新PCゲームを実際に用いたベンチマークになります。同一のグラフィック設定で同一のシーンについてフルHD(1920×1080)とWQHD(2560×1440)の2種類の解像度で平均FPSを比較しました。

ベンチマーク測定を行ったゲームタイトルは、Anthem(ウルトラ設定プリセット)、Assassin's Creed Odyssey(最高設定プリセット)、Battlefield V(最高設定プリセット, DirectX12)、CONTROL(高設定プリセット, DirectX12, AMD製GPUはDirectX11)、DEATH STRANDING(最高設定プリセット, TAA)、The Division 2(ウルトラ設定プリセット, DirectX11)、Final Fantasy XV(最高設定プリセット, NVIDIA GameWorksはVXAOを除き有効)、Gears 5(最高設定プリセット)、Ghost Recon Breakpoint(ウルトラ設定プリセット)、Horizon Zero Dawn(最高画質設定プリセット)、Marvel's Avengers(最高設定プリセット, TAA)、Metro Exodus(エクストリーム設定プリセット, DirectX12)、MONSTER HUNTER: WORLD(最高設定プリセット, DirectX12)、Shadow of the Tomb Raider(最高設定プリセット, TAA, DirectX12)、Middle-Earth: Shadow of War(ウルトラ設定プリセット)以上の15タイトルです。
game_benchmark_202009


Anthem(ウルトラ設定プリセット)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_ant

Assassin's Creed Odyssey(最高設定プリセット)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_aod

Battlefield V(最高設定プリセット, DirectX12)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_bfv

CONTROL(高設定プリセット, DirectX12, AMD製GPUはDirectX11)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_cont

DEATH STRANDING(最高設定プリセット, TAA)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_deathST

The Division 2(ウルトラ設定プリセット, DirectX11)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_div2

Final Fantasy XV(最高設定プリセット、NVIDIA GameWorksはVXAOを除き有効)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_ff15

Gears 5(最高設定プリセット)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_gears5

Ghost Recon Breakpoint(ウルトラ設定プリセット)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_ghostBP

Horizon Zero Dawn(最高設定プリセット)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_horizon

Marvel's Avengers(最高画質設定プリセット, TAA)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_marvel

Metro Exodus(エクストリーム設定プリセット, DirectX12)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_metro

MONSTER HUNTER: WORLD(最高設定プリセット, DirectX12)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_mhw

Shadow of the Tomb Raider(最高設定プリセット, TAA, DirectX12)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_sottr

Middle-Earth: Shadow of War(ウルトラ設定プリセット)に関する「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を含めた各グラフィックボードのベンチマーク結果です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_game_sow


MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCなど5種類のGPUについて実ゲーム性能の比率の平均を出してみたところ、MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCは、前世代同クラスのGeForce RTX 2060と比較して平均で20%程度、マイナーアップデートのRTX 2060 SUPERや上位ナンバリングの初期モデルRTX 2070と比較しても上回るという性能向上を果たしています。
またVRAM容量が2倍の12GBへ増量されているので、GPU性能的には十分でもVRAMが不足するようなベストケースでは(今回のベンチマークではMiddle-Earth: Shadow of War)、GeForce RTX 2060を30%も上回る性能を発揮します。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_pefsum
GeForce RTX 3060については、良く言えば堅実に性能は向上しているものの、上位モデルのRTX 3060 TiやRTX 3070と比べると前世代比でのインパクトは薄く、やはりモバイル向けGeForce RX 3060のついでという感じです。
また2020年末に発売された新型コンソールゲーム機PlayStation 5のGPU性能がシェーダー数等のスペック概算でちょうどRTX 3060くらいなので、PCゲーミング用にデスクトップPCを構築するのであれば、RTX 3060 Ti以上のGPUを選択したい、というのが正直なところです。



MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの温度・消費電力・ファンノイズ

MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの負荷時のGPU温度やファンノイズや消費電力についてチェックしていきます。

「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」のGPU温度とファンノイズの検証負荷としては約20分間に渡たり連続してGPUに100%近い負荷をかける3DMark TimeSpy Stress Testを使用しています。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_TimeSpy Stress Test

MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCのテスト終盤におけるGPU温度は最大76度、ファン回転数は2300RPM程度に達しました。
GPU温度的にもファン速度を下げる余地はあまりなく、TGP170W程度のGPUを搭載したグラフィックボードとしては、Mini-ITX対応サイズとはいえ微妙な性能です。
同じMini-ITX対応でもPalit StormXだとGPU温度とファン速度の両方が大幅に低くなるので、ヒートパイプの本数などGPUクーラーの設計で大きく差が出た形です。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_temp

GPUコアクロックについては「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」の仕様値ではブーストクロック1792MHzとなっていましたが、負荷テスト中の実動平均は1852MHzでした。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_clock
実はAMD、NVIDIAともに最新GPUでは実動コアクロックはGPUコア個体毎に異なる内部設定のV-Fカーブが支配的になっており、加えて負荷中のGPU温度も大きく影響します。ファクトリーOCが施されたオリファンモデルの公式仕様値として公表されているブーストクロックはOC耐性選別の1つの指標にはなると思いますが、実動コアクロックの優劣においてあまりあてになりません。


GeForce RTX 3060のようにTGPが200Wを大きく下回ると、下記のような参考環境のミドルタワーPCではベンチ板測定とあまり差が出ないので、PCケース組み込み時の検証については割愛しています。
TGPが200Wを超える上位GPUでは、実用条件に近い冷却性能の検証として、実際にPCケースへグラフィックボードを組み込み、Time Spy Extreme グラフィックテスト1を1時間に渡ってループさせてGPU温度やファン回転数がどうなるかを確認します。
検証機材のPCケースには「Cooler Master MASTERCASE MAKER 5t」を使用しています。CPUクーラーは120サイズ簡易水冷でラジエーターを天面前方に設置、またPCケースのフロントに吸気ファンとして3基とリアに排気ファンとして1基の140mm角ケースファンをそれぞれ設置し、ファン回転数は1000RPMに固定しています。
GPU-CaseIn-Test_2021
PCケースのエアフローファンには空冷ヒートシンク、水冷ラジエーター、PCケースエアフローの全ての用途で一般的な140mmサイズファンを上回る性能を発揮する「Thermaltake TOUGHFAN 14」を使用しています。140mmサイズファン選びに迷ったらこれを買っておけば問題ない、高性能かつ高静音性なファンです。
「Thermaltake TOUGHFAN 14」をレビュー。最強140mmファンの登場か!?
Thermaltake TOUGHFAN 14


MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCを含めていくつかのグラフィックボードについてサウンドレベルメーターを利用してゲーム負荷時のノイズレベルを測定・比較しました。
検証機材はベンチ台の上に平置きにしているので、サウンドレベルメーターをスタンドで垂直上方向に50cm程度離して騒音値を測定しています。
GPU-Noise-Test
この測定方法において電源OFF時の騒音値は30dB未満です。目安として騒音値が35dBを超えたあたりからファンノイズがはっきりと聞こえるようになりますが、35~38dB以下であればPCケースに入れてしまえばファンノイズが気になることはそうそうないと思います。40dB前後になるとベンチ台上で煩く感じ始め、45dBを超えるとヘッドホンをしていてもはっきり聞き取れるくらいになります。
A特性で測定しているのである程度は騒音値にも反映されていますが、同じ騒音値でも周波数(ファン回転数)が高いほど体感としては大きな音に感じやすく、また不快に感じたり感じなかったりは音の性質(細かい乱高下の有無や軸ブレ)にもよるので注意してください。

ノイズレベルの測定結果は次のようになっています。
「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」のファンノイズは、2300RPMという高いファン回転数からも想像がつくように、ノイズレベルも約43dBと高めです。ベンチ板上の測定で40dBを大きく上回るようだと、PCケースに入れてもファンノイズはハッキリと聞こえると思います。

MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_noise


MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの消費電力と瞬間的な最大電源負荷を測定しました。
グラフィックボードの消費電力測定には、当サイトの検証に使用するためワンオフで特注した測定ツール「GPU Power Tester」を使用しています。GPU Power TesterはPCIEスロット経由とPCIE補助電源の消費電力を直接に測定しているので、シンプルにグラフィックボードそのものの消費電力をしることができます。
消費電力の測定にあたってグラフィック負荷には上で行った温度検証と同様に3DMark TimeSpy ストレステストを使用しています。テスト全体から1ms間隔でモニタリングを行い、平均値を”消費電力”、最大値を”瞬間的な最大電源負荷”とします。


MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCの消費電力は175W、最大瞬間負荷は204Wでした。MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OCのTDP(パワーターゲット)は170Wに設定されており、概ね仕様値通りの消費電力になっていると思います。
「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」がグラフィック性能で20%近く上回る前世代同ナンバリングのRTX 2060よりも僅かに消費電力は増加しているものの、RTX 2060 SUPERやRTX 2070よりは低消費電力となっています。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_power
”ちゃんと静かに冷やせるなら性能重視で消費電力は大きくても許容する”というRTX30シリーズ仕様決定の思想と、Ampereアーキテクチャの省電力性能の高さの両方を感じさせる結果です。
TGPが300Wを超過するRTX 3080など上位モデルと違ってTGP170Wというのは従来のアッパーミドル相当な数値であり、RTX 2060比で消費電力は増えているものの補助電源数は同じくPCIE 8PIN×1からで共通しているので、既存環境において電源や冷却を気にせずにアップグレードできるところもRTX 3060の魅力だと思います。



MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC レビューまとめ

最後に「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。

良いところ
  • 最新高画質ゲームのフルHD/最高画質や、e-Sports系ゲームのフルHD/144Hz+に最適
  • 前世代同クラスRTX 2060を実ゲームで20%程度上回るグラフィック性能
  • RTX 2060 SUPERやRTX 2070と実ゲームで同等以上のグラフィック性能
  • 329ドルからとRTX 30シリーズの中では手を伸ばしやすい価格
  • RTX 3060オリファンモデルの中でも最安値クラスの安価な製品
  • RTX30シリーズでは数少ない全長172mm、Mini-ITX完全互換なコンパクトサイズ
悪いところor注意点
  • GPUクーラーの冷却性能・静音性が低い

GeForce RTX 3060は、前世代同クラスのGeForce RTX 2060と比較して平均で20%程度、マイナーアップデートのRTX 2060 SUPERや上位ナンバリングの初期モデルRTX 2070と比較しても上回るという性能向上を果たしています。
またVRAM容量が2倍の12GBへ増量されているので、GPU性能的には十分でもVRAMが不足するようなベストケースでは(今回のベンチマークではMiddle-Earth: Shadow of War)、GeForce RTX 2060を30%も上回る性能を発揮します。
具体的な性能としては、2020年以降の最新高画質PCゲームを最高画質でフルHD/60FPSで安定してプレイでき、レイトレーシング表現についてもNVIDIA独自の超解像技術DLSSを併用することでフルHD/60FPSをキープできます。近年流行りのバトルロイヤルやe-Sports系で比較的軽量なPCゲームであればフルHD/144Hz+でプレイすることもでき、フルHD解像度のPCゲーミングに最適かつ高コストパフォーマンスなモデルです。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC_pefsum
GeForce RTX 3060については、良く言えば堅実に性能は向上しているものの、上位モデルのRTX 3060 TiやRTX 3070と比べると前世代比でのインパクトは薄く、やはり『モバイル向けGeForce RX 3060のついで』もしくは『GPUの超品薄状況下における間に合わせ(それでもRTX 3060 Ti比で割高感はありますが)』という印象の強い製品です。
2020年末に発売された新型コンソールゲーム機PlayStation 5のGPU性能がシェーダー数等のスペック概算でちょうどRTX 3060くらいなので、PCゲーミング用にデスクトップPCを構築するのであれば(キーボード&マウス対応等PCゲーミングならではの魅力は他にありますが)、RTX 3060 Ti以上のGPUを選択したい、というのが正直なところです。

買えるならRTX 3060 Tiのほうがオススメというのが本音ですが、GeForce RTX 3060搭載BTO PCは上述の通り、2年前に発売された前世代同クラスのRTX 2060よりも20%以上高速であり、当時のRTX 2060搭載BTO PC(2019年2月時点)と当サイト推奨構成で比較して、2万円程度も安価に購入でき、2021年初頭のGPU品薄状況下において入手性が高いので、将来的なGPUアップグレードを想定した上で間に合わせ的に購入するゲーミングBTO PCとしては、検討する価値もあるのかなと思います。
GeForce RTX 3060 BTO_price


「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」については、従来のアッパーミドル相当TGP170Wな高性能ミドルクラスGPUであるRTX 3060を搭載しながら、全長172mmでMini-ITXに完全対応となるショート基板モデルであるところが最大の魅力です。
価格面でも6万円台前半で購入できてGeForce RTX 3060として最安値クラス、なおかつ入手性が高いところも魅力です。

一方、「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」に搭載されたGPUクーラーはMini-ITX対応であることを勘案しても、冷却性能と静音性は微妙です。ヒートパイプが2本だけでダイレクトタッチ構造というGPUクーラーの設計が完全に足を引っ張っていると思います。
RTX 3060のITX対応モデルについては、ヒートパイプ3本でアルミニウムベース採用の「Palit GeForce RTX 3060 StormX OC 12GB」が冷却性能・静音性で上位互換な性能を発揮します。
またMSIからは上位GPUのRTX 3060 Tiを搭載した「MSI GeForce RTX 3060 Ti AERO ITX OC LHR」が発売されていて、こちらはダイレクトタッチ構造ではあるものの、ヒートパイプを4本搭載しており、GPU消費電力が大きいのに、「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」よりも静音動作という逆転現象が起きています。

サイズが小さく、バックプレート搭載なのでRTX 3060の検証機材として購入しましたが、Mini-ITX対応RTX 3060ならPalit StormXがオススメですし、MSI AERO ITXならRTX 3060 Tiの上位モデルを選ぶ方がグラフィック性能でも冷却・静音性能でも上位互換なのでオススメです。

以上、「MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC」のレビューでした。
MSI GeForce RTX 3060 AERO ITX 12G OC LHR



記事が参考になったと思ったら、ツイートの共有(リツイートやいいね)をお願いします。




 ・RTX 3060 販売ページ:   
 <Amazon><PCアーク><パソコン工房><PC4U
 <TSUKUMO><ソフマップ><ビックカメラ><ドスパラ

RTX 3060搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3060 BTO_top






関連記事

GeForce RTX 30シリーズのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 30

Radeon RX 6000シリーズのレビュー記事一覧へ
Radeon RX 6000 Series

おすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
グラフィックボードのレビュー記事一覧へ

おすすめグラボまとめ

予算と性能で選ぶオススメのゲーミングモニタを解説
PCモニタ・ディスプレイのレビュー記事一覧へ

予算と性能で選ぶオススメのゲーミングモニタを徹底解説

RTX 3060搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3060 BTO_top

RTX 3060 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3060 Ti BTO

RTX 3070搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 3070 BTO

RTX 3070 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3070 Ti BTO

RX 6700 XT搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
Radeon RX 6700 XT BTO

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GeForce RTX 3080_BTO PC

RTX 3080 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 3080 Ti BTO

RX 6800 XT/RX 6900 XT搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RX 6800 XT BTO

RTX 3090搭載のおすすめBTO PCを徹底比較! 【TITAN RTX更新に最適】
GeForce RTX 3090_BTO PC

おすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南も
おすすめゲーミングPCまとめ

【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボのまとめ
【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボのまとめ




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク