SCUF Reflex Pro


スポンサードリンク




ボタンアサイン可能な4つの追加パドルを搭載し、3種類のプロファイルの切り替えに対応するPlayStation 5に完全互換なカスタムコントローラー「SCUF Reflex Pro」をレビューします。
ちなみに2月18日から発売予定のPS5独占タイトルHorizon Forbidden Westを快適にプレイするために購入しました。発売前に入手できて一安心。
DSC03560_DxO


製品公式ページ:https://scufgaming.com/int/playstation5-scuf-reflex






SCUF Reflex Pro レビュー目次


1.SCUF Reflex Proの開封・付属品
2.SCUF Reflex Proのコントローラー本体



SCUF Reflex Proの開封・付属品

まずは「SCUF Reflex Pro」を開封していきます。
DSC03561_DxO
製品イメージがカラープリントされたスリーブを外すと、中央にSCUFロゴが描かれた紙製パッケージが現れます。
DSC03562_DxO
DSC03563_DxO
パッケージを開くと、スポンジ製スペーサーでスティックが保護された「SCUF Reflex Pro」の本体が現れました。コントローラーが収められたプラスチック製スペーサーの下には各種付属品があります。
DSC03564_DxO-horz
「SCUF Reflex Pro」はコントローラー本体以外に、USBケーブル、交換用サムスティック、マニュアル冊子が付属します。
DSC03566_DxO


SCUF Reflex Proのコントローラー本体

続いて「SCUF Reflex Pro」のコントローラー本体についてチェックしていきます。
今回、管理人は「SCUF Reflex Pro」のブラックカラーを購入しました。外装、内側フレーム、サムスティックリングなど全て黒色で統一されています。
DSC03578_DxO
「SCUF Reflex Pro」には今回レビューするブラック以外に、PlayStation 5付属コントローラーのようなホワイト、SCUFブランドカラーのスチールグレー(Steel Gray)、さらにブルー、レッド、オレンジなどのカラーバリエーションが展開されています。なお背面カラーは今のところブラックで統一されています。
SCUF Reflex Pro_color

「SCUF Reflex Pro」を上から見ると、ボタンレイアウトや基本的な形状は、PlayStation 5の純正コントローラーとほぼ共通です。中央のトラックパッドもありますし、トリガーはPS5コン最大の特長であるハプティック機能にも対応しています。
「SCUF Reflex Pro」はスティックを倒す時の抵抗が若干弱いかな、と感じましたが、基本的な操作感は純正コントローラーと大差ありません。
DSC03567_DxO
ホームボタンがPSロゴではない、右側ボタンに○×等のイラストがない、といった違いはありますが、サイズ感も含めて「SCUF Reflex Pro」はPlayStation 5純正コントローラーとほぼ同じです。
DSC03569_DxO

裏面には「SCUF Reflex Pro」の最大の特長である追加パドルがあり、純正コントローラーとはかなり差異があります。パドルに関して詳しくは次の章で。
DSC03570_DxO
重量はPlayStation 5純正コントローラーが282gに対して、「SCUF Reflex Pro」は306gです。20g増程度なので重くなったという感じはあまりありません。
DSC03572_DxO-horz

「SCUF Reflex Pro」の手前には接点式の充電端子や、ヘッドホン・マイクを接続するための4極3.5mmジャックがあります。このあたりもPlayStation 5純正コントローラーと共通です。
DSC03576_DxO
RLボタンやトリガー側を見ると、PlayStation 5純正コントローラー同様に充電や有線接続用のUSB Type-Cポートがあります。RLボタンやトリガーの形状も純正コントローラーと同じで、ハプティック機能にも対応しています。
DSC03571_DxO
ちなみにSCUF Reflexシリーズには今回レビューする「SCUF Reflex Pro」以外に、無印版とFPS版の2種類があります。
無印版はグリップがPlayStation 5純正コントローラーのようなプラスチック製の簡単なものに置き換わる以外は「SCUF Reflex Pro」と同じです。
FPS版は少々特殊でハプティック機能が無く、トリガー入力がストロークなしのクリック操作になる「Instant Triggers & bumpers」という独自機能に対応します。
SCUF Reflex Pro_spec

「SCUF Reflex Pro」にはHigh-Performance Gripと呼ばれる独自にグリップが採用されています。握り部分の材質がラバーになっており、表面にヘックス型の凹凸があるので滑りにくく、手のひらにピタッと張り付きます。
DSC03574_DxO


SCUF Reflex Proの追加パドルとボタン設定

続いて「SCUF Reflex Pro」の最大の特長である背面に実装された4基の追加パドルと、ボタンアサイン設定、プロファイル切り替えについて紹介します。
DSC03568_DxO

「SCUF Reflex Pro」の背面、グリップの根本辺りには左右で2基ずつ計4基のパドルがあります。
DSC03587_DxO
「SCUF Reflex Pro」のパドルは中指で操作します。
外側のパドルは人差し指でトリガーを引くようにして操作しますが、内側のパドルは中指の側面でコントローラーの底を押し上げるような感じで操作します。
DSC03585_DxO

4本のパドルはコントローラーから取り外しが可能で、使用したいパドルだけを任意に選んで装着できます。
DSC03593_DxO
なお「SCUF Reflex Pro」のパドルはXbox Eliteコンのようにマグネットで固定されているわけではありません。
プラスチック製のスティックが、トリガーを押し込む方向軸でコントローラーに挿入されているので、パドルの押下方向と逆向きに開こうとすると破損します。
「SCUF Reflex Pro」のパドルは下写真のようにプラスチック製のスティックを挿入する形で固定されているので、パドルを外す時は内側から順に抜き出してください。
DSC03592_DxO

パドルのボタンアサインやプロファイル切り替えは、背面中央に実装されたプロファイルボタンを使用します。プロファイルボタンを押下すると発光カラーが切り替わり、その色が現在のプロファイルを示します。
DSC03588_DxO-horz
SCUF Reflex Pro_Paddles
パドルのボタンアサインの切り替え方法ですが、プロファイルボタンを長押しするとプロファイルボタンのLEDが点滅します。この状態で”設定を変更したいパドルを押下しながら、パドルに割り当てたいボタンを押下する”と押下しているパドルの設定が切り替わります。
パドルにアサインされるボタンが変更されると点滅しているプロファイルボタンのLEDが一度だけ白色に点灯するので、それが設定切り替えが正常に行われたサインになります。
SCUF Reflex Pro_settings-min





SCUF Reflex Proのレビューまとめ

最後に「SCUF Reflex Pro」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。


良いところ
  • 基本機能や造形はPlayStation 5純正コントローラーと同等
  • ラバー素材やラバー塗装でグリップ力が向上
  • 基本ボタンの機能をアサイン可能な4つの追加パドルを搭載
  • プロファイル(パドルに割り当てるボタンの組み合わせ)は3つ保存できる
悪いところor注意点
  • SCUF公式通販で229ドル(+国際送料)と純正コンより3倍も高価
  • 2022年2月現在、品薄で入手が難しい


「SCUF Reflex Pro」はコントローラーの形状、バイブレーションやトラックパッドやハプティックといった基本的な機能は純正のPlayStation 5コントローラーと共通のまま、便利なカスタム対応背面パドルを4基搭載しているところが最大の魅力です。
純正コントローラーでは同時操作が難しい複数ボタンの入力でも、一部をパドルに割り当てることで簡単に操作できるようになります。
またパドルに割り当てるボタンの組み合わせも、コントローラーに3つのプロファイルとして保存できるので、現在主にプレイしているゲーム3種類に最適な設定を素早く切り替えられるところも便利です。

単純にネガティブなポイントとしては純正のPlayStation 5コントローラーが6000~7000円程度で購入できるのに対して、「SCUF Reflex Pro」は3~4倍の製品希望小売価格と非常に高価です。
また昨年の発売以来、公式通販では完売状態が続き、在庫が補充されてもすぐに売り切れてしまうので、入手性にかなりの難があります。国内には正規販売店もないので、入手に英語が必須です。
公式通販はPaypalによる支払いに対応、日本国内への発送が可能なので、在庫潤沢な状態で時間さえあれば個人輸入は難しくないと思いますが。

以上、「SCUF Reflex Pro」のレビューでした。
SCUF Reflex Pro

記事が参考になったと思ったら、ツイートの共有(リツイートやいいね)をお願いします。










関連記事

PS5増設にオススメなM.2 SSDを解説。ロード時間比較も!
PS5増設にオススメなM.2 SSDを解説

PS5にオススメなゲーミングモニタを解説。HDMI2.1搭載や120FPS対応も!
PS5にオススメなゲーミングモニタを解説

「SONY INZONE M9」をレビュー。96分割FALDに15万円の価値はあるか
SONY INZONE M9

「Samsung S95B」をレビュー。量子ドット有機ELの画質を徹底検証
Samsung S95B

PS5 2台でPSNアカウントを共有した時にできることと制限
PlayStation 5_psn-account

PS5用防塵カバーガラス「PS5よかカバー」をレビュー
PS5よかカバー

次世代ゲーミング環境のベストパートナー「LG OLED48CXPJA」をレビュー
LG OLED48CXPJA

「ASUS TUF Gaming VG28UQL1A」をレビュー
ASUS TUF Gaming VG28UQL1A

「LG 27GP950-B」をレビュー。HDMI2.1対応アップグレードモデルを徹底検証
LG 27GP950-B

「MSI Optix MPG321UR-QD」をレビュー。量子ドットでプロ級の発色
MSI Optix MPG321UR-QD

「Elgato Game Capture 4K60 S+」をレビュー
Elgato Game Capture 4K60 S+




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク